まさにダイエット&パワーアップ!メルセデスSクラスにディーゼルハイブリッド「S300h」追加

  1. よもやま話
  2. 53 view

先週メルセデスベンツに、待望のディーゼルハイブリッドモデルがSクラスに追加されました。六本木でプレス向けの発表会が開かれ、私もお邪魔してきました。

IMG_7234

日本初のクリーンディーゼル・ハイブリッドモデル、2200ccの直列4気筒ディーゼルエンジンと高効率モーターの組み合わせでクラストップのカタログ燃費「20.7km/l」を記録。個人的には日本初のディーゼルハイブリッドモデルであるという「エポックメイキング」な存在である以上に、おそらく乗用車で屈指と言ってよい秀逸なボディを4気筒で動かす。そのことから得られるであろう軽やかさや、どこかこざっぱりしたところ、そして、日本のメルセデスファンも憧れていたであろうが、しかしなかなか日本では触れることができなかった、「最高のドンガラグルマ」ヨーロッパの長距離を物ともせず走るメルセデスのタクシーのような、上等な機械としてのメルセデス。きらびやかとは異なる高級さを載せたメルセデス。そんなキャラクターがこのクルマにはあるのではないでしょうか。

IMG_7242

しかも、ハイブリッドモデルであることはリアのバッジのちいさな「h」マークくらい。決して特別なモデルではなく、シリーズ唯一の1000万円に収まるグレードとして「エントリーSクラス」の役目も果たす他、このエントリーのシリーズながら、今までにはなかったロングボディなど、充実の選択肢が選べることも、多くのユーザーへの訴求力を秘めた1台だと言えるでしょう。

IMG_7245

IMG_7247

アドブルー(尿素水溶液)の注ぎ口も給油口の横に。トランクの容量もスポイルされていませんね。

このデビューにあわせて「ディーゼルハイブリッド 1,540kmチャレンジ」http://www.diesel-hybrid-challenge.jp/と銘打って鹿児島から無給油でメルセデスベンツ・コネクションまでの1,540キロを走りきるチャレンジを企画して実施したそうです。カタログ燃費20.7(km/l)×タンク容量70(l)=1,449kmですから理論上のカタログ上での航続距離を超えるもの。結果はさくっと、大隅半島の先端「佐多岬」から東京六本木のメルセデス・ベンツ・コネクションまで、正確には1,541kmを無給油で走りきったのでした。冷房も使って、健康にも配慮して休憩してドライバーも交代。平均燃費25.6(km/l)。ギリギリだったのでしょうと思ったら、15%ほどまだ燃料を残してのいるのでまだ270kmほど走れることになります。このクラスでこれだけ走るのは、このクラスではかなり「選ぶ理由」にもなるのではないでしょうか。

IMG_7243

背伸びして買っても「Sクラスなら質的に元が取れる」とよく言われましたが、燃費というエコラン性能でもしっかり元が取れるSクラスになったと言ってもよいかもしれません。こういうクルマでのんびり日本を旅するというのは、しばしば申し上げていますが、私がやってみたいカーライフであります。

IMG_7267

S300hのあとはS300g

IMG_7275

S300hの発表会のあとはS300g(ステーキ300グラム)です。お昼ご飯には「いきなりステーキ」http://ikinaristeak.com/home/に初めて行くことに。前から話題にはなっており、行ってみたかったのですが機会がなく、せっかくならばこういうときにはコンテンツ的にも理由がありいい機会だと思ったのです。いきなりステーキ、椅子を設けないことで回転率も上げられ、少ないスペースで美味しいステーキが食べられる。確かに焼きたて、かなり赤いお肉を頂けるのは嬉しいですね。基本300g以上で、というのはおいしいお肉はそのくらい厚みがあると旨味を閉じ込められるのだそうです。なかなかの見識であります。(あいかわらず美味しければ何でもいい小生でもありますが)

IMG_7282

厨房の上には「重量級=ダイエット&パワーアップ」その文言を見て、まさに大きくともしっかりダイエットに成功している新しいメルセデスのS300hとぴったり同じではないですか!そう思わずに入られませんでした。いきなりステーキのS300gはおいしいお肉でしたし、そしてS300hにもいちど乗せていただきたい1台でした。

IMG_7278

もちろんS300hでS300gが理想的ですがww

IMG_7286

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事