NAVICARSエンスー新聞よろしくね!

  1. よもやま話
  2. 93 view

輸入車の面白さ、エンスーグルマのなんたるか、とはいえ国産車も侮るなかれ。時計やライフスタイルの教科書でもあった「NAVI」へのトリビュートも超えられている点は個人的に、NAVICARSの好きなところです。そしてそんな雑誌のお手伝いをさせていただけるのは悦びでもあるのです。少し遅くなりましたが1月26日最新号発売になっておりますのでぜひチェックをお願いいたします。

IMG_1418

でもエンスー新聞以外もなかなか見逃せませんよ。今回は4輪駆動にフォーカスされていますね。私が所有した4輪駆動というとメルセデスベンツ300E4MATICくらいなもの。当時は相模原に住んでいて仕事が終わってからチェーンでパワーアップ(!)して、今で言う緑区エリア(城山から相模湖方面)に夜な夜な雪深い道をすすみ走り回ったりしたことを思い出します。今年も首都圏エリアで昨日あたりはかなり降りましたね。そういうときにはなかなかクルマ、不安なものですよね。しかしそんなときに、スタッドレスタイヤなんかもちゃんとはいて、颯爽と進む4WD、ついつい憧れてしまうものですよね。知識系のことから、ライフスタイル、そして、おお、懐かしい。昔作った「あの四駆」のネタまで。こういうのは「〜でなくてもいい」とかそういう問題ではないのです。また乗りたくなりますね。

IMG_1419

でも、おお、お美しくなられて・・・吉田由美さんとアッキーナの対談。クルマはリンカーンMKX!これも好きなクルマなんだよなあ。ハリアーとかあふれる中、昔に比べればずっと「軽微」なアメリカンプレスティッジ。ストレスの多そうなところがなく、おおらかで、どこか華やか。やはりアメ車ならでは。リンカーンであるが故のなせるたたずまいではないでしょうか。

IMG_1420

 

でも、走る場所を選ばないオフロードの特集にあって「夢と現実のはざま・・・」というテキストで取り上げられているアストンマーティン・ラピードS。これこそ「究極のオフロードではないか!」ぺらぺらと読んでいてそう思ったものです。現実の中で悪路でも、オンロードでも、、、という次元を凌駕している。一世紀を超えたメーカーのクルマというのは、何とも言えない独特の風格、余裕がありますね。なにしろ、1961年から製造していたラゴンダ・ラパイドが名前の由来何だということを聞いたりすると、ついついテンションもあがりますよね。(ラゴンダ・ラパイド。実車を見てみたいですね。)

あと、最後のベントレーフライングスパー×橋本マナミさんのグラビア。ヤバいですね。

よろしくお願いいたします。

 

 

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事