幌には嫉妬しました・・・新型マツダロードスターの試乗会にお邪魔しました③

  1. よもやま話
  2. 845 view

新型マツダロードスターの試乗会についての、第1弾の記事第2弾の記事はこちら。

この幌には嫉妬する。


IMG_5617

一方で、個人的に、マニュアルトランスミッションの方は、かなり「ゆったり走りたくなる」クルマでした。変速し、森の中を抜けていくと、ロードスターが奏でるエグゾーストノートと、風の音、鳥のさえずり・・・ちょっとしたセッションをしているような気持ちになります。なかなか楽器は演奏できませんよね。音楽は難しいですよね。でもロードスターをマニュアルで運転するのは、確かに最大限にパワーを使い切って、高速で振り回すのも楽しいかもしれません。しかし、このクルマの限界の高さを思うと、使い切ることだけに執着すると、なんだか高度な話になり、欲張りすぎると、ついつい限度を忘れるというのが物事の常です。それにひきかえ、小さなエンジンを使い切って走る楽しさ。往年の英国のスポーツカーに乗っているようでもあり、アルファロメオのツインカムだって、こういう感じなんではないか?とにかく、クルマ好きが普段のアシにしたら楽しいこと間違いないだろうと思わせる雰囲気はとても強いクルマだと言えるでしょう。

しかし、普段のアシにしたくなるのは、このクルマの強固なボディ、こだわりのエンジンではなく、この幌であります!軽量の手動の幌。ワンタッチで座ったまま開閉が出来るのです。平素シルビアヴァリエッタに乗っていて、油圧シリンダーの伴わない開閉式ハードトップはそれでも気軽で気に入っていますが、そんなのは遠く足下にも及ばないほど簡単で軽く、コンパクトなのです。その開閉がよういなだけではなく、ひとたび閉めると、最近の分不相応で見栄え重視のタイヤ選定の中ではロードノイズの小さくないクルマは多く、コスト削減の影響で風きり音も目立つクルマ、少なくありません。でも量産車で250万円からの「2シーターごとき!」とあえて申し上げますが、こういったところの遮音性がかなり優秀だったのが印象的でした。これなら狐の嫁入りに見舞われたらすぐ閉めて、あがったら、遅滞なく開ける。そんなこともわけないことでしょう。

女性の皆さん!ロードスターにお乗りください!

IMG_5576

この内容なら、クルマ好きの人にもいいチョイスだと思います。このクルマに乗ればこんな小さなクルマでも遠出したくなるかもしれません。男性ユーザーはもちろんですが、ぜひ女性の皆さんに乗っていただきたいのです。小粋なロードスターは女性にこそ乗ってほしい。野郎はなんでもいいのです。(クルマ好き男子に至っては軽トラでも朝まで楽しめますので、ホントなんでもいいのです。)女性の人が、普段乗るのにクルマが必要、デミオとか良さそう・・・とかいってマツダのお店に行きます。そうしたらショールームにこれがおいてあるわけです。「開け閉め軽いですよ」なんて言って、営業の方が一度屋根の開閉をすると、たぶんびっくりすることでしょう。一瞬「これでもいいかも」なんて思ってしまうわけです。支払いがそんなに変わらないことなどに気がついて、結局買ってみちゃっていただきたいのです。「オートマもあるし」とか低沸点の理由であればあるほどいいと思います。ある日クルマ好きのお友達や、昔は峠を攻めていたお父さんとかが気安く乗ってみたりしたときに「これ楽しいじゃない!」「あれいいクルマだなあ」などという感想を聞いて初めて『自分が購入したクルマの良さ、事の重大さ』を思い知る。そんなカーライフ、素敵じゃありませんか。やせ我慢は要らない、でもロードスターなんです。カブリオレではありません。ドロップヘッドクーペでもありません。ここが実は一番すごいところなのではないか、そんな風に感じました。

IMG_5581

また、シートが、シンプルながらしっかりサポート。かなりこれがいい仕事をしていることは間違いないところ。

「わ、重っ」ヴァリエッタに関する悲報

IMG_5572

1日さんざんこのND型に乗って帰ってきて、じぶんのシルビアヴァリエッタに乗りかえて最初の感覚に少なからずショックを受けました。とても思いクルマのように感じたのです。シルビアヴァリエッタ、ルーフがあるから絶対的には軽くはありません。しかし、全体的なS15の良さは結構楽しんできました。それでもあのとき「重い」と思ってしまったのは、あらがうことの出来ない事実なのでしょう。絶対値で軽くしてある上に極めて軽やかに仕上がっている。それであげくに扱いやすく、どこかジェントル。

じつはかねてから感じているのが、『今私に足りないもの。それはMAZDA』だということ。その最新の一番ガチなやつを試してみて、その感覚はさらに強いものなっていきました。

今よく「クルマ離れ」を憂います。ある部分ではそれを理由にすれば話が簡単だという、ある種の「必要悪」のような考え方ではないかと思うのですが、その上で、もしそれをなんとかしなければならず、クルマ文化を盛り上げないと、というなら(私も盛り上げたいです。)「クルマ文化を作る」のではなく、クルマとの関係性において「クルマ文化を醸成」していくものなのではないか。そんな風に思うのです。クルマを圧したところで、好きでもないもの圧したら引くだけだし、クルマ以外の選択肢に誘導するのは論点のすり替えです。この絶対的に「楽しいクルマを作ろう」という旗印のもとで、きっとこのクルマ自体が業務主体であり、業務対象であるばかりか、「コミュニケーションツール」になっているのではないか。マツダ社内での、そしてマツダと世界との。そんな風な印象を強く受けたのでした。

IMG_5612

よっこらしょ、と降りるときにこうして手がかけられるのはロードスターの流儀と言えるのでは。

最後に『MAZDA御中』

お願いです。もう少し色を増やしてください。
上で妄想した(笑)女性に訴求していく上でも、気に入ってしまった私が、今買わない「体のいい口実」という意味でも、色が少ないことは指摘しておきたいと思います。ぜひ素敵な色の追加をお願いいたします。

IMG_5618

マツダロードスターの公式サイト
http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/

外車王公式チャンネル「外車王TV」

輸入車好きに向けて、人気車両の走行シーンからサウンド、車両レビューなど、さまざまな角度から輸入車をテーマにした動画をYouTubeで公開中!!【チャンネル登録お願いします】

外車王TV
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事