いすゞ・ヒルマンミンクス?マンション下の物件が私を呼んでいる

  1. よもやま話
  2. 159 view

IMG_6855

今月はなんだか忙殺されておりまして、CL編集部からもせかされる始末。皆様にもご無沙汰してしまっております。なので少し手当たり次第アップしてみることにいたしましょうか。

実はテーマとしては別のところにもあげたことが有るような気がしていますが、特に都内の住宅街を歩いていると、軒先や、逐年数のそんなに新しくないマンションの一階の駐車スペースにしばしば散見される、埃をかぶった、しかし「ちょいちょい貴重な」クルマたち。まったく看過することができないですね。

先日も都内某所を歩いてふと目を移すとこんなクルマが。車種はヒルマンミンクスでしょうか。いすゞがかつてノックダウン生産していた、日本車の黎明期の名車ですね。こういったクルマが有るからこそ、今の日本の自動車が有るのです。しかも分類番号が一桁ですよ。かなり古い。新車か、少なくともかなり昔からここの主にかわいがってもらったのでしょうね。

このナンバー1つ取ってみても、かなりの歳月、太陽を見ずに過ごしてきたことが伺えます。こういうクルマが散逸したり、理解のない関係者によって廃車解体されることなく、しっかりと好事家の人に紹介されるような仕組みというのはできないものでしょうか?何か考えたいものです。

こういうのを見て歩くだけでも十分時間はつぶれますね。この時季もしそういうとない散策をされる方は、せっかくですので、美味しい喫茶店や甘味どころなどをルートに加えて、熱中症にならないばかりか、この上なく「いろんな意味でスウィートな」散策にされますことを切におススメいたします(笑)

 

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事

NAVICARSエンスー新聞よろしくね!

輸入車の面白さ、エンスーグルマのなんたるか、とはいえ国産車も侮るなかれ。時計やライフスタイルの教科書でもあった「NAVI」へのトリビュートも超えられている点は個人的に、N…

  • 93 view