JAIA輸入車合同試乗会2015、所感をまとめておきたい

  1. よもやま話
  2. 30 view

毎年二月に、すっかり恒例となりました、JAIA(日本自動車輸入組合)の合同試乗会。今年も2月3日〜5日まで、神奈川県の大磯プリンスホテルで開催されています。今年は全日参加する予定です。初日はオートカーの撮影でした。そんな合間、以下の車種に試乗することができました。詳細インプレッションは後日オートカーデジタルで公開された際にそちらでご確認ください。

アウディRS4アヴァント
アバルト595コンペティツィオーネ
プジョー208シエロ
シトロエンC3セダクション
レンジローバースポーツHSE
メルセデスベンツC200アバンギャルド
シトロエンDS5フォーブールアディクト
BMWi3レンジエクステンダー付き
アウディSQ5
シトロエングランドC4ピカソ
シトロエンC4ピカソエクスクルーシブ
BMW420i xDrive グランクーペ

簡単にではありますが私も所感をまとめておきたいと思います。

このクルマでこういう言い方もなんですが、「足るを知る」クルマ。アウディRS4アヴァント

IMG_1459

以前に乗ったときよりも軽快な印象があり、なんだか軽いエンジンが積まれているのかと思ったら、V8の自然吸気4200ccエンジンを搭載しているというので少し驚きました。大きなタイヤはさすがにドシンバタンとややその大げさな印象も隠しきれないない印象もありながら、ひらりと曲がるところなどではむしろ安心して意図した方向にハンドルを操作することができるクルマです。大きなパワーを受け止めるためにはこのくらい大きなタイヤも必要なのかもしれません。やるべきことをやったいながら、あまり「飽くなきパワーへの追求」とかほしがりすぎるところがない印象があって、実は100キロ以下でののんびりながす場面で望外和やかな気持ちで運転できるクルマでした。まあ1300万円を超える価格を見るまでは、の話ですが。今となって、大きな自然吸気のエンジンのクルマはその存在自体が贅沢きわまりないような面もあります。実は、そんな大いなる和やかさとも「今生の別れ」にならないとも限らないのです。

そう考えると、悲しい長調のメロディが聴こえてくるようで、愛おしくなるものです。こういうクルマに乗れる人は幸せだと常々思ってきました。所有するとなれば維持費もかかるし、そのメンテナンスも、もともともっと軽量で非力なエンジンを想定して設計されたA4をベースとしているから、負荷も大きいでしょう。それを所有できることも一抹の羨望はどうしても隠すことはできないし、やたら大きなクルマにせず、こういうサイズのクルマを選ぶことのこだわりには共感を覚えます。しかしそういうほどやすやすと、とは行かないのでしょう。だからこそ、こういうクルマに乗れる人で、ちょっと乗ってみようかと思っている人は、絶対この機会を逸してはならない。そういうタイミングなのではないでしょうか。

草間彌生の水玉が魂の中で踊りだした・・・アバルト595コンペティツィオーネ

IMG_1460IMG_1463

楽しい!愉しい!たのしい!

いい歳をした大人をはしゃがせる力を持っているクルマ、そういってもいいのではないでしょうか。今となってはとてもコンパクトなボディにパワフルなエンジンとマニュアルトランスミッションの組み合わせでも乗りやすい。乗り心地でも、固くしっかり感はあるものの、決してガタピシせず、しっかりと面取りのされて入力される衝撃にはマイルドさがあるもの。3速でもアクセルを踏むところころと転がりだすように加速していく懐の深さは、往年のアルファロメオはじめ、ラテン系のクルマのまさにそれ。決してほめられないのは500からしてよくない「斜め後方視界」を相殺してあまりある日常をアクティブにするスパイスのようなクルマ。

この仕様のまま屋根をあけられるCとかは相当愉しいことだろうと思うのです。クルマの真ん中に串を刺して、その串を支点にくるくる回るように、曲がっていくその様はまさに「点」。そんなに新しいモデルではないけれど、JAIAで乗る機会も多いのですが、このクルマがあったら生活が彩りを増し、笑みがこぼれるにちがいない。いつもそう感じさせられるクルマなのです。

詳細は後日オートカーデジタルにて。
http://www.autocar.jp/

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事