ZFブースでは新型パナメーラの8速PDKの展示も!人とクルマのテクノロジー展2017に行く

  1. よもやま話
  2. 170 view

人とクルマのテクノロジー展2017に行ってきました。学生のころからうろうろしていて、社会人になってすぐの時も機械メーカーにいたので通ってました。畑が違っても通っているイベントと言えるかもしれません。毎年車種の最新モデルとかではなく、最先端の自動車技術や、自動車部品、加工技術。また関連の研究に関するツールなどの展示もあり、なかなか興味深かいのです。

正直一日では回り切れないほどです。そんな中ZFもブースを構えていました。言わずと知れたミッションメーカーながら、展示の中心は「see→think→act」というテーマで紹介されるカメラから解析して停止させるまでの一連の安全運転支援システムでした。危険予知から、検知・察知、解析、危険回避という一連の動きを包括的にシステム化。先進の自動車の安全を提案していました。

またまた「よもやま話」への登場、今年、ZFモータースポーツアンバサダーを務める元レースクイーンの渡辺順子さんも、実際にVRを用いて、ドライバー目線でその先進のシステムを体験するアトラクションを来場者にすゝめています。なべじゅんさんに「中込さんも是非見ていってください!」と言われては観ていかないわけにはいきません。静岡の言葉では「しょんないじゃんね」というやつです(笑)しかし実際見てみると、教習所のシミュレーターよりもテクニカルなところからの飛び出しなどもあって、そういうものにも対応できるシステムだということがわかりました。なんでも危険予知をクラウドで集約。それをもとにアラートを出す。クルマを制御するのだそうです。クルマの安全技術の進歩はすごし、あの十分の一くらいは私も進歩したいものだと思うほど高度な進化を遂げています。

その一方で、ZFと言えば従来から自動車用トランスミッションメーカーとして広く認知されてきています。このブースでも、この春既に日本にも紹介されている新型ポルシェパナメーラ用の8速PDKミッションが展示されていました。2世代前くらいの911GT3なら今回のパナメーラターボあたりではノルトシュライフェのタイムは、新型パナメーラの方が早いというのですから驚きです!というか技術の進歩目覚ましいそういってもいいでしょう。最近の自動車の進歩はトランスミッションによるところが大きい、そんな風に感じることも多いのですが、この新しいPDKユニットもまさにそんなトランスミッションのひとつなのではないでしょうか。

そのすぐとなりには、エレクトリックドライブのユニットなども展示されています。やはり従来型トランスミッションは風前の灯なのかでしょうか?そう思いきや「いやいや。確かに安全やEVという流れは力強く、そういったものへの転換期にZFも差し掛かっているのは事実でしょう。しかし、それのために従来型トランスミッションが追いやられて、どんどん縮小するという段階ではまだまだありません。コンパクトカーから、高級車、そして最近の流れとして大型トラック用のミッションなど、依然幅広く手掛けている状況です」とZFブース担当者の方は話してくださいました。自動車のトランスミッションのリーディングカンパニーとして、まだまだ強い存在感を放っていた、という印象は今回も変わりませんでした。

2017年ZFモータースポーツアンバサダーの「なべじゅん」こと渡辺順子さん。白い衣装にブルーのZFロゴをあしらったスカーフやイヤリングが爽やかですね。なべじゅん!!頑張ってください♪今回あまり考えずに毎年のことだからと出かけた「人とクルマのテクノロジー展」ですが、わりと「なべ推し」の小生、こうなれば写真も載せないわけにいかないですよね。ということで以下なべじゅんの写真を載せておきます。

ちなみに、この手に持っている黒い機械を頭につけてVRを見るわけですが、それを見終えたときに「VRやってる時の中込さんの写真撮っておけばよかったですね、ごめんなさい。」となべじゅんに謝られてしまいましたが、よく考えるとそんなものは要りませんね。なべじゅんが一緒に映ってるならまだしも、私のむさくるしい写真など、メモリーの無駄以外の何物でもないですからwよって、取り損ねてくれてよかったと思ってしまいました(笑)

参考リンク:
人とクルマのテクノロジー展
2017ZFモータースポーツアンバサダー渡辺順子オフィシャルブログ

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事