100周年なんで、堺市ヒストリックカーコレクションへBMWを見に行ってみた

  1. よもやま話
  2. 108 view

IMG_1823

先週末は大阪の堺市へ。市が管理していて、「カメラのドイ」の創設者土居君雄氏が集めた、大変貴重なBMWのコレクションを見に行ってきました。今回で3回目。だいたい春と秋に公開しています。クルマも見学する人にも優しい時季ということですね。

今年100周年を迎えるBMW。日本では地域によっては国産車以上にポピュラーな存在、という場所も少なくありませんね。そういうメーカーの記念すべき年、残念ながらいまひとつ盛り上がってきません。本当はこういう節目とかは大切にした方がいいと思うのです。自動車において歴史とは、単なる今までの製造車種のリストを振り返るということではなく、その間にいろんな紆余曲折があった中でも、なんとか世に送り出してきたクルマを受け入れて選んだ人がいて、そういうことの積み重ねが今この瞬間なのです。だからこそ、100周年いろんなことがあったけどこれからもよろしくね、とユーザーの方にもっと歩み寄った方がいいと思うのです。それによってユーザーの心もぐっとメーカーに寄るのですから。もう少しメーカーには頑張って欲しいと思います。

IMG_1804

でも、そんな中で、堺市が管理しているこのコレクションは非常に貴重です。今のBMWになっていくその前の時代の足跡をたどることができるコレクションなのです。多分、ドイツのミュージアムにでも行かないと見られないクルマも多いのではないでしょうか。そして多分土居さんのこだわりでもあるのでしょうが、BMWのV8モデルやオートバイのエンジンを利用したクルマたち、そして、吸収した「ハンス・グラース」のモデルなども充実。今のような、主力車種3シリーズのような、コンパクトプレミアムカーのブランドになっていく上で、ブランドの重要な要素になっているはず。そのコレクションも充実です。

しかも過渡期のモデルは、グラースのモデルとBMWのモデル両方あったりして。なかなか見所十分です。そして、グラースのモデルも多数手がけたピエトロ・フルアのデザインした繋がりということでしょうか。一台、初代マセラティクアトロポルテもいたりします。

何かコレクションの意図が明確に感じられるのです。堺市は何とか持ちこたえている状況なのだとか。もともとは清掃局のトラックを収蔵するスペースに今は古いBMWが保管されている。是非皆さんも一度はお出かけになった方がいいでしょう。

▼堺市ヒストリックカーのサイト
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/bunka/histriccar/

IMG_1651

ちなみにここに行く時に泊まったのは三重県亀山市の「カンデオホテルズ亀山」、関西方面行く時は滋賀、京都、大阪北部やさらに西の方へ行く時などは新名神もありますし、今回のように関西の南の方へ行く場合は名阪国道もあります。鈴鹿サーキット、伊勢神宮など、しばしば利用させてもらっています。一時、宿泊が必要な旅行、取材、出張先が連続してカンデオホテルズのあるエリアだったことがあり、その時に泊まってからよく利用しています。

そしてたら今回から何だかウェルカムドリンクが充実することになったようで、チェックインの時にハートランドビールを頂いてしまいました。あれ美味しいですよね。大好きです。ああいうの、結構テンション上がりますね。

IMG_2247

こんなこともあろうかと購入しておいたファミチキで乾杯。

▼カンデオホテルズのサイト
https://www.candeohotels.com/

BMWのコレクションを見た後は、富士スピードウェイで開催された「モーターファンフェスタ」の取材に行くために移動です。途中、久しぶりに寄りました。「長島温泉」相変わらずちょっと入ってもいい湯だな。

IMG_2256

IMG_2259

IMG_2260

自動車の書籍を多数出している「三栄書房」さんの雑誌が色々節目の今年、イベントを開催したというものです。だいぶたくさんの方が来場され2万人?かなり賑わっていました。今回かかるのは駐車料金のみという大盤振る舞い。クルマ好きではなくても1日楽しく過ごせるイベントでした。

IMG_2180

東海大学のソーラーカー。てか霧濃すぎだろ!!

IMG_2224

多分現役時代のコスチュームを着ていないのは大人の事情かと。でも白赤の似合う美波千夏さんが久しぶりに登場。久しぶりにお目にかかれましたので、取材があったとはいえ、これで当初の目的の23%(笑)は達成されました。

IMG_2114

今日から私が拝借しているこの個体は、当日体験試乗に供されていましたね。

そんなこんなでデミオ大活躍。1358キロで1000キロ点検を受けましたが、翌日には1000キロ上乗せしているという。もうすぐ2600キロです。

IMG_2263

1382キロで点検を受け、大阪に行って見学したのち、富士スピードウェイに深夜到着した時の距離は。

IMG_2262

今日からマセラティ・ギブリのディーゼルを拝借しています。明後日まで。今回あまり乗る時間がないのですが、できるだけ乗ってまたカレントライフでも紹介できるでしょう。お楽しみに。

IMG_2483

赤い、ディーゼルの、マセラティ。なんだか僕個人のクルマの統合後継車のようなマセラティジャパンの広報車。どこにも外側に「ディーゼル」を示すものはない。

844146CB-6D31-4239-A5AD-08F8AD0A060D

そのクルマでキャデラックCT6という新しいフラッグシップモデルの発表会に行ってきました。ぱっと見大きなキャデラックですがアルミの軽量外板の中は、13の高圧鋳造で作られたパーツを組み回せてできた、軽量で丈夫な骨格を持ち、サイズが大きい「ゆとり」という恩恵を噛み締めながら もっとはるかに軽い、コンパクトなクルマを運転する感覚になれるのだとか34個のスピーカーを持つBOSEのプレミアムサウンドシステムなど、装備も充実。価格は998万円。9月頃から発売だといいますので。またレポートしたいですね。

▼キャデラックCT6のサイト
http://www.cadillacjapan.com/ct6/model-overview.html

13064595_1018857128205492_5802418109028221289_o

亀山の鈴鹿峠の麓。関の宿場の近くにあることらの食堂。美味しかった。ここは改めてご紹介する予定です。お楽しみに。

IMG_2329

珍しい、二代目のオペルザフィーラ。珍しい。看過できないですね。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事