鈴鹿峠の腹ごしらえ。国道1号沿い亀山の焼肉「びっくりや」に寄る

  1. よもやま話
  2. 1336 view

日本で陸路、クルマで関西へ向かうルートというと、古くは名神高速道路。岐阜など、内陸から琵琶湖畔をなめるように京都へ入るルートが長く大動脈を果たしてきました。そんなこともあって、新しい新名神高速道路などの沿線は、とかく新興ルートのように思えてしまいますが、実はほぼ旧東海道のルートだったりするのです。

古来の江戸と京都を結ぶ主要ルート

松坂から亀山より内陸に入り、甲賀を経由し草津、大津と抜けて京都に入るこのルートこそ、古来の江戸と京都を結ぶ主要ルートだったようです。その中で鈴鹿峠は箱根と並ぶ難所だったようです。今でも高速道路はもとより、並行して走る国道1号線は西と東を結ぶ陸上輸送の重要なルート。昼夜問わず行きかう車の多い道です。今回ちょっとご紹介するお店はそんな鈴鹿峠のふもとにあるお店です。

私も関西方面にクルマで出かけるときなど、この辺りはよく通る場所。

毎年春秋で公開している、堺市収蔵のクラシックBMWの一般公開。今年BMWが創立100周年を迎えるという記念すべき年。そんなこともあり、いつも以上に今年は一度見ておこうと、春の公開を見学に行ってきました。

IMG_20160423_131131

ここからの帰り、メッセージで情報が入りました。「帰りに亀山のびっくりやに寄ってみてください」というものでした。びっくりや?亀山はしばしば通る場所だったので、ぜひ開拓しておきたいし、わざわざ教えてくださったお店。これはおのずと期待が高まります。帰りに亀山あたりで晩御飯を食べると時間的にも頃合いだろう。というので寄ってみることにしました。とはいえ、なんだかんだ、堺市からちょうど100キロほどあります。この移動自体がちょっとしたドライブになりました。

IMG_20160423_172319

途中天理ダムなどを通過、心地よい緩やかなワインディングロードが続く場所では、絶対的には十分なトルクがあるものの、各ギヤ、かなりけじめをつけて変速してあげねばならない6速ミッションと組み合わされたこのクルマ、なかなか痛快なものでした。

松坂なども近く、わりと肉文化なのでしょうか、三重県も。確かに肉もオツだなあ、なんて思っていたもので、ちょうどいいですね。試しに向かってみることにしました。クルマの旅も人生と一緒。目的がないのも気ままですが、ショートゴールが見えると、それはそれで楽しいものです。道中一人、そんな気ままな旅でも、こうして友人知人からアイデア、指南が届く。面白いというか、今風であるというか。個人的にはそんなのも楽しむことにしています。

上の写真のように天理の山奥へ入ってしまったもので、さらにクルマを進めて、名阪国道に。名阪国道は自動車専用道路で、亀山までの区間、無料なこともあり、関西の南の方に行くときにはよく利用しています。名阪国道に乗ると、妙に落ち着くのでいやですね(笑)さあ、その「びっくりや」。どんなお店なのでしょうか。もうここまで来ればあと一息、楽しみですね。

「鈴鹿峠を越える前に」パワーをつけたくなる場所関宿。

まさに国道一号線沿い。亀山インターからもう少し山の方に行ったところに、江戸から西へ向かうと鈴鹿峠を超える前の最後の宿場町「関の宿場」がありました。今では当時の面影が整備され町が保存されたりもしていますが「びっくりや」はその近くの国道1号線沿いにあるのです。

IMG_20160423_181921

街道沿いの食堂という風情ですが、「大きなトラックもウェルカム!」と言いたげな駐車場(というか空き地のような砂利のスペース)がかなり広く取られています。かつて歩いて東海道を往来したころも、この辺でばてそうになり、精をつける食事でも食べたくなるような場所だったに違いないですが、大きな荷物はトラックで運ぶ今でも、精神的に「よっしゃ行くぞ!」と気合を入れたくなるような場所には違いありません。

晩御飯にはまだ少し早い時間でしたので、まだすいています。早速入ってみることにいたしましょう。

いざ鈴鹿峠の「びっくりや」へ

IMG_20160423_182058

なかなか目的をもってこなければ、入りやすいとはいいがたい入口。

IMG_20160423_182344

ようは焼肉屋さんです。どれから頼みましょうか。迷います。とりあえず、思うがままに注文しました。牛カルビ、豚ホルモン、豚バラ。まあ、それだけお肉をさばいていれば旨いに違いない豚汁、あとぜったいいいアンサンブルを奏でることが明らかなキムチは、カクテキのようなものだがこれをめし中でいただくことにしましょう。

IMG_20160423_182338

まず、たれが運ばれてきます。味噌ベースのたれにはニンニクが躊躇ありません。気持ちがはやるというものです。

IMG_20160423_182355

飲めないのが惜しいですね。大きなカエルにホッとします。

IMG_2251

これ、16:9の最初期のテレビではないでしょうか。奥行きも大きいブラウン管タイプ、というかトリニトロン管タイプのハイビジョンテレビ。#看過できない
チューナーを介してテレビを映しているようでした。下の販売機は故障中の様子。とにかく昭和をそのまま真空パックにしたような雰囲気に思わずくらっとしそうになるのでした。

IMG_20160423_182734(2)

別々のお皿でメニューごとに配される、などということはありません。他人だものを大きめのお皿に盛り、その上にこれでもかというほどのものすごい量のキャベツが載せられて運ばれてきます。キャベツの水分が、すでに熱せられた鉄板の熱で一気に湯気になって出てきます。鉄板と、キャベツからの蒸気で火が入り、下味のついた肉に火が入るとともに、大忙しで、肉汁が呼応据えるのです。たれと、肉汁キャベツの水分とが合わさり、肉に戻っていきます。そんなやり取りが忙しく来り返されているのだろうな。

もうもうと立ち上る湯気の中で、ふつふつ、じゅうじゅうと火が入っていくさまに見入っていると、「神様ありがとうございます。」なんとなくそんな気になってくるので不思議です。男の子が夢中になるものは、往々にして「感謝」なものですね。壮絶な重唱、もとい音が音だけにジュウ唱というべきかもしれません(笑)はやがてごちそうになっていくのでしょう。そういう意味では、「食べるグランドオペラ」のような一面も感じないのです!!

IMG_20160423_182856

オペラの魅力は重唱だ。誰が何と言おうとこればかりはどうしても譲れないところなのです。アリアでもない。もちろん前奏曲だけじゃ魅力なんてのは分かりっこない。もちろんそう感じさせるのに指揮者のタクトや、演出も重要なわけで。。。しかるにオペラであります!!(笑)

そして舞台の各を決めるのは名わき役の存在。白い飯とキムチのコントラスト、たまりません。

IMG_20160423_183425

具だくさんな豚汁。ここまで、肉なくてもほんとは一食を食べられそうなくらいの役者ぞろいなんですが。

IMG_20160423_183109

味噌、キャベツ、豚肉(牛もいるけども。)これは名トリオ。食べなくても明らかですね。おいしいことは間違いありません。あまいみそですから、焦げやすいのです。でも焦がしちゃいけません。かといって、キャベツの水分を多めにするのも実に残念な話。按配がものをいうのであります!!

IMG_20160423_183204

整いました!いただきます。

一口目を口に運ぶ。読者の皆様、恐れ入りますが、俺は天才かと思いました。この肉にコンビネーション。キャベツ、みそとのうまみの橋渡しで豚を多めにしておいてからの、やはり牛カルビ。間違ありません。その食べる前から99.9%明らかなことではありますが、残りの0.1%を確かめて牢固たる幸福感を勝ち得たのした!!甘いのです、圧倒的に。肉のうまみもさることながら、それを受ける、キャベツの甘味。まだこの時は春先でしたので、春キャベツ。あとは何もいりません。キムチをつまむ。豚汁をすする。めしと肉を交互に食べる。

オペラは長いからちょっと、という人は一度実際に見てほしい。微妙な公演に当たるとアレなこともありますが。まあ、あっという間です。・・・よろしく、たちまちなくなりました。目の前のごちそうたちは。まさに夢だったのではないか?そう思うほどです。

IMG_20160423_185714

めしの配分を誤り、仕方がないのでもう一杯ごはん(中)をいただく点は反省ですが、気が付くと目の前がこんな風に。満腹ではありますが、どこか終わってしまった寂寥感のような者すら感じたのです。

クルマでの旅はだからやめられない

IMG_20160423_190340

店を出ると名残を惜しむかのように雨が降っていました。

もう一度行きたいかどうか?質問自治が愚問に等しいといわねばなりません。なんせ、どんな口実を鈴鹿越えの出張の理由にしようか、考えているほどなのですから。鈴鹿サーキットや大阪の南の方、三重、和歌山方面の取材案件、何かありませんか?

皆様もぜひ、鈴鹿サーキット、伊勢神宮などこちら方面お出かけの際、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

亀山の街道沿いの焼肉「びっくりや」の情報はこちら(食べログ)

クルマでの旅は、だからやめられないのです。

IMG_20160423_172913

[ライター・画像/中込健太郎]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事