フォルクスワーゲン新型トゥアレグの試乗レポート!肩肘張らず善良なるクルマだ

  1. 試乗レポート
  2. 349 view

フォルクスワーゲン・トゥアレグといえば、現在日本における「一番大きなフォルクスワーゲン」という位置付けになろうかと思います。そんなクルマをこの度フォルクスワーゲン日本よりお借りしました。その試乗の感想をここに記したいと思います。

フォルクスワーゲン・トゥアレグはおおらかなドイツ車だ

8

ちょうどシルビアが車検で入庫。そんな時に、HUNT3拠点目を岐阜にオープンするというので(※HUNTはガリバーが展開する、おでかけをテーマにしたブランド施設)どうしたものかとご相談したところ、前週の茂木行きでThe Beetleをお借りしたフォルクスワーゲンさんに「せっかくなら」と入れ替えでトゥアレグを用意してくださったというわけです。

昨年は、前半から秋口にかけ、かなりいろいろなモデルを矢継ぎ早に投入。しかしその印象を霞ませるような出来事にメーカー全体が見舞われることになりました。しかし、思うのは「クルマの実態はどうなのか」「クルマとして全て否定される話なのか」という疑問は常に抱いておりました。規制値をクリアしたかしなかったか。如実に事実として現れます。

ただ、内燃機関、常にお全く同じ「比率」で排出ガスが出る話でもないし、盛っていた、実態がなかったという「欺く行為について」は大いに糾弾されてしかるべきでしょう。しかし、じゃあ、乗って思わずご機嫌になるような、クルマとしてしっかりと作られている部分、ステアリング、ブレーキ、アクセルのフィーリングなど、やはり他のクルマとは一線を画している部分が少なくないフォルクスワーゲン。

4
▲いいお天気だったので、リアゲートを開けてここで作業をすることに。広いのでそんなのも快適そのもの

今この時期に、そういった部分に関しても分かりやすく好評な現行ゴルフ7でもなく、多くの人がここ10年から20年の間慣れ親しんだフォルクスワーゲンの「例の、いつもの感じ」。そんなものに振り返るのにいいタイミング、だというのも今回立て続けに改めて試乗させていただいて感じたことでした。

VWのフラッグシップ、しかし高級車ではない

11

これは別にけなしているわけではなく、品川の事務所でキーを預かり、トゥアレグに乗って、山手線のガードをくぐる前にすでに感じていた印象でした。小難しい仕掛けがあるわけでもありません。珍妙なギミックで「演出に過ぎる」こともありません。

4.8mの全長に対して幅は1.9mを超えます。ただし「最近のクルマはでかい」で一蹴できないのは、あれだけ大きなタイヤを付けていると、このくらいの幅があることで、ターニングサークルはかなり現実的なもの。中央分離帯のある大通りでのUターンなど切り返し無用です。確かに、絶対的には幅広いので、高速道路などでも、少し手が動くとレーンキーピングのぶるぶるが作動したりします。

しかし、街中ではむしろ高いアイポイント、バックカメラが手伝って、鼻先が収まれば、案外どこへでも行ける、そんなクルマでした。そういった操作性も、高級デバイスをてんこ盛りにして対応、ではなく、そういうことができるボディ形状、デザインになっているのです。

9
▲黒いボディもあいまって、ぐっと大人びた印象

テールゲートも、最近では「君風情でも?」と揶揄したくなるくらい、そこそこのクラスのクルマでもパワーゲートが付いていたりしますが、このクルマは昔からハッチはそう開けたように手で閉めて大丈夫なのです。高級なのが欲しい人はカイエンや、アウディの面々なんかを選べばいいのです。

レザーシートも付いていますが「飲み物をこぼしても拭けば落ちますよね」と言う、スタンスの域を出ない風合いよりもタフネス、ユーテリティのためのレザーシート。ドイツ車はあれで良いのです。

13
▲夜の中央道もこのクルマなら余裕。アダプティブクルーズコントロールで流れをリードしつつ、快適なドライブで、ストレスも少ない

トゥアレグに試乗し、中央道で小牧経由で岐阜へ

小雨ぱらつく中、甲州街道沿いで用事があるのもあって、そのまま中央道で岐阜まで走りました。きつい登り下りが繰り返す高速ルート、カーブも多め。ああいうところではクルマの良し悪しが光ります。3600ccV6エンジンは息切れせずコントローラブル。車間距離も車で判断してくれるアダプティブ・クルーズコントロールはしかし楽!「二度見の感激」を覚えます。コンパクトカーさながらの軽快なステアリング。しかし、それは操作感覚の話。クルマとして路面との会話では、ビシッと重厚感があるのをカーブごとに味わっていると「そうそう、ワーゲンこの感じ。」

懲りずに、許可を得ずに引き続きこのフレーズを連呼しますが「ゴキゲン!ワーゲン」真骨頂と言わねばなりません。

2

リッターあたりという以上にアフォーダブルな航続距離

艶やかではないのですが、金属質のメカニカルノート、芯があって耳に心地よく、フィーリングも悪くないでしょう。何より、今や希少な「自然吸気V6エンジン」。しかも3600ccと大きめのキャパシティは、今後はなかなか乗ることができなくなっていくのではないか、そんな風に感じます。

14
▲内津峠パーキングでは妙にバラエティ豊富なカップラーメンの販売機があったり。遠くへ行くと、変わったものを見つけるから、これも楽しみの一つ

燃費に関してはカタログと近い1リットルあたり8〜9km/リットルと言ったところ。今時特筆すべきではないですが、大きさ、パフォーマンスを考えると妥当ではないでしょうか。そして大きめな燃料タンクが手伝って、航続距離は満タンで700kmを超えるのではないでしょうか。ロングドライブでも頻繁な給油を強いないのはこのクルマの車格、キャラクターに合っていると感じました。

12
▲ラゲッジスペースの横にはシガーソケットが。原稿を書いては移動、を繰り返すのもこのクルマなら走行中は充電しながら、というのも可能

5
▲黒いボディは汚れが目立ちますね。返却だから、という以外にもちょっと洗車をしたくなるクルマだった。

多少ウッドパネルや、レザーシートもあるし、とても快適ではあるのです。しかし、とにかくどこを見回しても、プレスティッジは感じません。

でもそれでいいのだと思います。肩肘張らず、ゆったりとしたふつうのクルマ、誰にでも運転しやすい間口の広さ。そして割と素直なステアリング。どこを取っても、善良なるクルマ、作りに関してニュートラルな心地よさは、フォルクスワーゲン以外の何物でもない。トゥアレグは、そういうクルマではないでしょうか。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事