世にも珍しい中古車試乗!なぜかは知らぬが妙に頑丈なポルシェ911カレラS ティプトロニック

  1. 試乗レポート
  2. 3100 view

新車の場合はメディア向けに「広報車」という便利なものが用意されているが、中古車にそれはない。中古車というのは基本的にいつだって商品車つまり売り物であるため、「貸してください」と言って簡単に貸してくれるものでもないのだ。

だがこのたびカレントライフ編集部ならびにガレージカレントのご厚意により、月に2回ほど「中古車の試乗レポート」というまあまあレアなものを書かせていただく機会を得た。

低走行系前期カレラSのなかでは手頃なプライス

今回の題材は2007年式のポルシェ911カレラSティプトロニック。いわゆる997の前期ティプトロで、走行距離は2.9万kmと少なめ。そして人気の純正オプションである「スポーツエグゾースト」と、テラコッタのオールレザーインテリアが装着されていながら車両本体価格は517.9万円。

このプライスは「997前期のカレラSティプトロ全体」のなかでは比較的高めといえる価格だが、「走行3万km台までの997前期カレラSティプトロ」に限定して考えるなら「かなりお安い!」といえる数字だ。

まずは外観。キャララホワイトのボディに目立ったキズ等はなく、くすみのようなものも特になし。前オーナーがどんな状況で保管していたのかは不明だが、少なくとも現時点のボディは「悪くない感じ」といえる。

お次は内装だが、こちらの個体はテラコッタ(素焼きの焼物のような色)レザーがシートだけでなく、メーカーオプションの「オールレザーインテリア」として随所に張り巡らされている。

その焼物っぽい色味を好むかどうかは人それぞれだろうが、少なくとも言えるのは「レザーの状態は上々」ということだ。全体的にスレは少なく、表皮の劣化が現れやすい運転席シートにおいても、スレの程度はミニマムだ。

ただしレザー以外の樹脂部分には、約12年間の使用に伴って生じた浅い線キズのようなものがそれなりに目立つ。ここをどう評価するかは人それぞれの価値観次第だろうが、筆者としては「517.9万円ならアリかな?」と感じた。

これが600万円、700万円の個体であったとしたら「微妙……」と思うところだが、「500万円ちょい」という車両価格であるならば「ま、トレードオフだよな」というニュアンスで納得できるレベルだ。

さすがは3.8Lの極太トルク。ティプトロの状態もOK

では、さっそく走ってみよう。

エンジンは、さすがのカレラS(カレラの3.6Lに対してSは3.8L)だけあって、どの回転域でも非常にトルクフル。ティプトロニックではなく6MTのほうが「より楽しい!」というのは間違いないが、これだけトルクが極太だと「ま、ティプトロで十分かもしれないな」という感慨も湧いてくる。

なぜならば、本気のスポーツドライビングをするならさておき、ごく普通のニュアンスで日本の公道を走る限りにおいては、6MTであってもほとんど「4速に入れっぱなし」あるいは「6速に入れっぱなし」で事足りてしまうため、ひんぱんなシフトチェンジの必要性は実質的にはゼロだからだ。

930世代までのエンジンだと話はちょっと変わるのだが、3.8Lの997においては、MTによるシフトチェンジは「必要にかられてやる操作」ではなく「趣味として行う操作」だと言える。極論かもしれないが。

いずれにせよ、この個体の3.8L水平対向エンジンの調子はなかなか良好と見た。そしてそこに組み合わされるティプトロニックSにも、何ら不具合らしきものは生じていない。というか、そもそもポルシェのティプトロニックはなぜかは知らぬがやたらと頑丈で、964世代の10万kmオーバーの個体であっても「ティプトロが壊れました」という話は聞いたことがない。

これは筆者が勝手に「オレは聞いてない!」と言い張っているわけではなく、正規ポルシェセンターのテクニシャン各氏や、町場のベテランメカニック各氏から聞いている話でもある。なぜかは知らぬが、ポルシェのティプトロは妙に頑丈なのだ。それゆえ「たかが走行2.9万km程度のタイプ997」であれば、不具合など発生のしようがない……というのが実情なのだろう。

「GTカー的911」を求めるならば注目に値

以上のとおり「総じて良好である」と感じた2007年式のポルシェ911カレラSティプトロニック。レーンチェンジなどの際に若干跳ねるようなニュアンスの挙動をわずかに感じたが、これはおそらくフロントタイヤを交換すれば解決する問題のようにも思えた。このあたりの詳細は、もしも購入の意思があるならば、販売店の担当者氏に詳しく確認してほしい。

ティプトロ+テラコッタのオールレザーインテリアということで、「目を三角にしてぶっ飛ばす」タイプのポルシェ911ではないと感じられたが、その分だけ「GTカー的に使いたい」というタイプのユーザーには逆にハマりそうだ。

走行距離の割には手頃なプライスである点と併せ、「GTカーとしてのポルシェ911」を探しているユーザーにとっては注目に値する一台であろう。

取材協力:ガレージカレント
車両URL:https://www.garagecurrent.com/car/61501/

[ライター/伊達軍曹]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めたのち、フリーランスの編集者/執筆者として2006年に独立。途中2008年から2011年には編集デスクとして「IMPORTカーセンサー」(リクルート)の創刊準備および編集運用を業務委託として担当。現在は「手頃なプライスの輸入中古車ってサイコーだぜ!」というのんきなトーンの原稿を各誌やウェブサイトに多数寄稿している。

記事一覧

関連記事