輸入車を通じて読者の”エモい”を 引き出すメディアへ「カレントライフ」を再起動

  1. カレントポスト
  2. 412 view

「CLCARS」の名称変更と新しいコンセプトを発表いたしました。新名称は以前利用していた「カレントライフ」とし、コンセプトは“輸入車でエモーションを届けるWEBメディア”となります。

2014年9月からスタートしたカレントライフは、輸入車や旧車に精通したライターを採用し、クルマに関する知見や経験を活かしたオリジナリティ溢れる内容で、多くのクルマ好きユーザーから共感される記事を配信してまいりました。また、自動車文化の先進国であるドイツから最新情報を収集し発信しております。来たる2019年9月にはメディア運営が5年目を迎えるにあたり、ユーザーに輸入車によって湧き上がるエモーション(=感動)を届けたい、という想いから、新しいコンセプトを「輸入車でエモーションを届けるメディア」としました。輸入車を軸にした感動体験に触れられるコンテンツをたくさん届けられるよう、名称は「カレントライフ」としてカレント自動車グループの連携を活かせるようにし、より魅力的な楽しめるコンテンツを発信してまいります。

新編集長就任のご挨拶

はじめまして。CL CARS改め、カレントライフの編集長になりました、松村透と申します(江上透のペンネームで記事を書いていた時期もありましたが、こちらが本名です)。

カレントライフは、2014年秋にカレント自動車(株)が立ち上げた自動車メディアです。当初は「カレントライフ」という媒体名でスタートしましたが、CL CARSと名を変え、今回のリニューアルを機に、「カレントライフ」として新たなスタートを切ることとなりました。

私自身は2015年初頭より参画し、現在にいたります。当時はオウンドメディア全盛期で、雨後の筍のごとくさまざまな自動車メディアがリリースされていた時代。しかし、我々カレントライフはオウンドメディアではない。並み居る自動車メディアと同じ土俵で戦っているという気概だけは持ち続けて今日まで歩んできたつもりです。

カレントライフがスタートしてから4年半、平成から令和へと元号が変わり、自動車メディアの在り方も大きく変わったと感じています。また、常に変化していかなければいずれ淘汰されることも同時に痛感しています。

「読者の方に楽しんでいただける企画や記事を配信していくベストな方法とは?」

議論に議論を重ね、たどり着いた結論は「カレント自動車のオウンドメディアとして再起動する」というものでした。このタイミングで、媒体名もCL CARSから「カレントライフ」へと回帰を果たし、心機一転、読者の方の方に楽しんでいただける企画および記事を配信していく所存です。

具体的には
・輸入車を軸とした記事の配信
・クルマに関連するエモーショナル(感情が揺さぶられる)記事の配信
・カレント自動車のリソースを活かし、読者の方に楽しんでいただける企画・記事の配信

等を予定しております。

私自身、同じクルマ好きだからこそ発せられるメッセージ、言葉に込めた想いを強い筆圧をもって表現できると信じています。

いかに、読者の方が感情を揺さぶられ、共感していただき、次の休日に思わず自分の愛車に乗って出かけずにはいられないような…。はたまた憧れのクルマを手に入れる動機となるような。さりげなく読者の方の琴線に触れる企画・記事をお届けしてまいりたいと思います。

新生カレントライフにご期待ください!
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

カレントライフ編集長
松村透

編集部よりご挨拶

カレントライフ好きの皆様こんにちは、CL編集部です。皆さんは、クルマが好きですか?CL読者の皆様はクルマ好きな方がほとんどかもしれません。もしうっかりクルマにあまり興味がない人がこの記事を読んでいたら、なにかのご縁なので、クルマに興味を持ってくれると嬉しいです。

さて、クルマ好きの読者の皆様はいつからクルマに興味を持ちましたか?小さい頃にトミカで遊んだりクルマ辞典を必死にみていた人、クルマ好きの家族の影響、マンガやアニメで『あのクルマに乗りたい!』と思い興味を持った人、人それぞれ好きになるキッカケはあると思います。キッカケはいくつかあれども、好きな人はそれぞれ『あのクルマに乗りたいなあ』と夢を抱くのではないのではないでしょうか。

この度、CLCARSより以前のカレントライフに名称を戻しました。名称を戻した理由は、当メディアを『輸入車』に軸を置くということを再認識し、コンセプトを新たに再起動しようという目的のもとです。目的を定めるときに記事を読み返したとき、カレントライフに寄せられている記事はどれも、皆様にとっての『感動』を叶える記事であるという共通点に気づきました。夢にまでみたほしいクルマが手に入ったという感動、憧れのあのクルマがレースで走っている様子、日本では実現していない海外独自のサービスや取り組み…。そういった記事を発信し続けることで、読んだ人々に感動を引き起こし、夢を思い出したり、夢の実現をお手伝いしたり、最終的には新たな夢を抱くキッカケになるような、そんなメディアへなっていきたいと思いました。

そこで、このサイトのコンセプトは「輸入車でエモーションを届けるメディア」としました。昨今流行りの『エモい』という言葉。エモーションという言葉には『感情を揺さぶる』という意味も込められています。皆様の輸入車に対するかっこいいという『感情』、乗ってみたいという『感情』、海外のあんなサービスがほしいなという『感情』。私たちカレントライフは読者の皆さんの気持ちに触れることができるようなメディアとして再起動していく所存です。

それでは本日より、カレントライフ第三章のスタートです。
今後ともどうぞ、よろしくお願いします。

カレントライフ編集部

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事