遺書では託せない愛車の行く末。生前整理ではなく「生前橋渡し」のしかた

  1. カレントポスト
  2. 338 view

「生前整理」という言葉を目にしたとき、どんな印象を持ちますか?終活、それとも断捨離でしょうか。テレビやインターネットをはじめとするメディアでも特集される機会が増えています。しかし、自分自身の境遇に置き換えたときにどこから、そしてどのように手をつけたらよいか途方に暮れてしまう…。そんな方が意外に多いかもしれません。

一気にすべてを片付けるのではなく、段階的かつ計画的に


大切な愛車を筆頭に、自宅や倉庫、ガレージ等に膨大なコレクションを保管している方にとって、いざ「生前整理」といわれても、急を要するわけではないし、できれば触れずにそのままにしておきたい…。それが偽らざる本音かもそれません。

しかし、もし万が一、あなたの身に何かが起こってしまった場合…。(考えたくないかもしれませんが)自分で片付けることができないのはもちろんのこと、ご家族や親族の誰かが愛車を含めた大切なコレクションをどうにかして処分しなければならない事態が起こります。

カレントライフの執筆陣のなかでも超がつくほどのコレクターである北沢氏も以下のような記事を書いています。

定期的なコレクション整理は気分転換に最適。 お宝発掘はお金のかからないエコな趣味活動だ!

クルマを含めた趣味の多くは、本人やマニア・コレクターにとっては垂涎のアイテムであっても、それ以外の人にとっては、悲しいかなゴミ同然と映ることもしばしば。残された家族の誰かがあなたの意思を継いで引き継いでくれるとしたら…それはかなり幸運なケースだと、この際ハッキリと認識すべきでしょう。

例えば、大切に乗られてきた愛車を例に挙げてみましょう。

クルマの相続は手続きがややこしい場合があります。用意するものとしては、遺産分割協議書、これには相続人全員の署名、捺印が必要です。さらに印鑑証明・車検証上の所有者の除籍謄本と分割協議書に記載のある相続人が全員であることを証明できる戸籍謄本も必要です。

さらに、あなたが大切に所有してきた愛車を査定したところ資産価値があると判断された場合、残されたご親族にとっては財産分与のトラブルに発展しかねないことも想像できます。

外車王が意識する、大切な愛車の「生前橋渡し」とは?


悲しいかな、大切な愛車との別れはいつか必ず訪れます。これは避けられません。しかし、あなたが現世で愛車として接してきたクルマは、この先も存在していきます。手塩に掛けて維持してきた、育ててきた愛車が、自分と別れた後も大切にされ、元気に日本の路上を走り続けて欲しい…。これはクルマ好きの人であれば誰もが思うはず。

私たち「外車王」は、そんなオーナー様との出会いを重ね、愛車への想いに寄り添い続けてきました。その結果、自然に「生前橋渡し」の大切さを認識するようになったのです。

自分のクルマを大切に引きついでくれるかどうか。それは実際に査定員と対話してみて決めることをおすすめします。「この人なら確実に自分のクルマを任せても大丈夫そうだ」そう確信できた相手に大切な愛車を託してください。いま愛してらっしゃるクルマを選んだのは自身なのですから、だからこそ自身が信頼できる相手に任せるのなら間違いありません。

外車王は単なる買取り業者ではありません。

外車王はクルマを次世代につなぐことをお約束しています。査定時には、あなたとクルマとの思い出をたくさんお聞かせください。その思い出ごと、次にうけつがせていただきます。皆さまに信頼してもらい「外車王に任せてよかった」そう言ってもらえるようなサービスを今後も提供できるよう邁進してまいります。この記事をよんで、生前橋渡しをしてみようかなと思ったあなた、ぜひ一度外車王にご相談ください。全力であなたのお気持ちに寄り添い、査定いたします。

外車王:https://www.gaisha-oh.com/

[Presented by外車王・画像/写真AC]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事