家族の思い出はクルマと共に走り続ける。外車王に寄せられた想いとは

  1. カレントポスト
  2. 367 view

こんにちは。カレントライフ編集部です。

愛する自分のクルマ。普段から愛してやまないはずのクルマを手放すとき、どんな思いで手放すのでしょうか。

今よりもっと魅力的なクルマに出会ってしまった。やむを得ない理由で泣く泣く手放すことになってしまった…。クルマの数だけ、エピソードはあります。中古車なら自分の乗っているクルマは誰かとの別れを経験して自分の元にたどり着いた。そんな思いを馳せるとより自分の愛車への愛着がひとしお深くなるのではないでしょうか。

今回は愛車と「家族」のエピソードについて、外車王に寄せられたお客様の声からご紹介させていただきたいと思います。

シトロエン2CV チャールストンの思い出


-ご相談背景-
ご子息さまからのお問い合わせ。お父様の車だが、免許を返納するので車の売却先を探している。

-買取査定当日の状況-
初めてお父様との顔合わせ。ずっと乗って来られたお車は年季が入っておりまさに思い出のかたまりでした。聞けばこのシトロエンで伊豆半島をまわり、本を執筆されたとのこと。だいぶ色アセなどはあるお車でしたが、ワンオーナーというのは変わらぬ事実。また、メンテナンスはしっかりとされていたため調子は上々。その点しっかりと評価させていただき、最後のお車をお任せ頂きました。後日伊豆半島をまわった際に書かれた本も頂き、よりお客様の思い出に寄り添えた気がしました。

アウディTTクーペの思い出


-当日の査定車輌-
車の売却というと男性からのほうが圧倒的に多いのですが、今回は女性からの売却のご依頼です。赤のTTクーペはどんなお車でしょうか。

-当日の状況-
ローダウンしアウディ純正の19インチアルミを履いたバッチリ決まったTTでした!しかも前二脚はレカロのハーフレザーセミバケット!品良くまとまった非常にカッコいいお車で、聞けばご主人からのプレゼントとのことです!やはり思い出のあるお車とのことで、この金額なら売却してもいい、という確固たる思いがあるとのことでした。なかなかこういった良い雰囲気のお車は出てこないので、外車王も最初に電話でお伝えしていた通りのお値段でしっかりお買取!単なる買取ではなく、お客様の想いも受け継がせて頂くということを改めて実感させて頂きました。

愛車は家族の歴史と共にあり

今回は2つの例をご紹介させていただきました。家族と出かけたあの日、クルマについて語らったあの日、クルマを買うか買わないか喧嘩したあの日も、すべての思い出がクルマと共にあります。中古車は人の思いを受け継ぎ、皆さまの元へと届きます。自分の愛車が次のオーナーへ引き継がれていくときは、自分と家族の思い出もまた、引き継がれてゆくのかもしれません。

外車王はお売りいただく皆さまの家族の想いを乗せて、今日も皆さまのもとに向かいます。

さて、今日はどんなクルマと人との出会いがあるのでしょうか?

[presented by外車王]
外車王:https://www.gaisha-oh.com/

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事