プロ経営者と称される松本晃氏がカレント自動車の顧問に就任

  1. カレントポスト
  2. 231 view

カレントライフを運営するカレント自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、 代表取締役:江頭 大介)は元カルビー代表取締役会長兼CEO、元RIZAPグループCOO松本晃氏を顧問へ迎えるということが発表された。

経営のカリスマ、プロ経営者と称される松本晃氏とは

京都大学を卒業後、伊藤忠商事に入社、その後、子会社であるセンチュリーメディカル株式会社へ出向し、6年間で売上20倍の実績をあげている。現ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社では6年間で売上高5倍を達成。そして、カルビー株式会社の会長兼CEOとなり、8期連続で増収を達成。さらにその後RIZAPグループの構造改革を行い、2019年には起業家としてチャレンジしている。

そんな松本氏を招聘し、カレント自動車株式会社は、これから推進する「CarTech」分野の事業を加速するとなっている。

これからのカレント自動車の展開に目が離せない

カレント自動車は輸入車の分野に特化し複数の事業を展開をしているが、 今後その領域をさらに強化させるとともに、「CarTech企業」として次の飛躍をする取り組みをしていく方針。それらの展開において、 松本氏がグローバルで培ってきた高い見識と経営力を取り入れ、 今後の事業の成長と経営体制の強化を図っていくとしている。

カレント自動車の今後拡大するであろうCarTech事業と、さまざまな経営に携わり多くの経験を有する松本晃氏のタッグにより、自動車業界に新たな風を吹き込むことに期待してほしい。

[ライター/CL編集部]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事