20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは

  1. オーナーインタビュー
  2. 313 view

お父さん世代が若い頃は自然とクルマに触れる機会があり、仲間同士で夢中になり、ときには無茶もして、いつの間にか大人の階段を上っていたのではないかと思います。

では、いま20代のクルマに夢中な若者は、どのようなきっかけでこの世界にのめり込んで、どのように楽しんでいるのでしょうか?また、周囲のクルマ好きではない同世代の人との温度差は?今回はそのリアルな実態に迫ってみたいと思います。

プロフィール

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
・お名前:小山 大介さん
・年齢:23才
・職業:自動車関連業(中古車買取り部門に在籍)
・愛車:トヨタ ヴィッツRS G’s(家族と兼用)

1.現在のお仕事を教えてください

現在は自動車業界で働いています。具体的には、自動車販売などを手掛ける企業で中古車買取り部門に在籍しています。

2.なぜ、この仕事に就こうと思ったのですか?

10代の頃からクルマが大好きで、特にフェラーリやランボルギーニに憧れていました。都内を走るスーパーカーをウオッチしたり、ディーラー巡りをしていました。その後、オープンして間もないある高級輸入車販売店の店長さんとお会いしてから、何度か遊びに行かせてもらうようになったんです。

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
▲20代前半でスーパーカーのディーラー巡りをしていたという小山さん

あるとき、その店長さんが転勤になったと伺い、赴任先のお店へ遊びに行きました。そこで「幹線道路沿いでクルマが汚れるので、アルバイトの洗車をしない?」と誘ってもらったんです。当時は学生でしたが、好きなクルマに触れられるので本当に楽しい仕事でした。やがて就活の時期を迎え、進路に悩んでいたときに店長さんやスタッフさんから「そんなにクルマが好きならいっそのこと仕事にしちゃえば?」とアドバイスしてもらい、就活して正社員として入社することになったんです。そして最初の配属先が、現在の中古車買取り部門になる…というわけなんです。

3.現在の愛車を手に入れたきっかけを教えてください

現在乗っているトヨタ ヴィッツRS G’s(以下、ヴィッツ)は家族と兼用なんです。両親ともにクルマが好きで、自宅には父親が乗っているレクサスGS350Fスポーツと、祖父が乗っていたトヨタ マークXと主に私が乗っているヴィッツがあります。このクルマは母親が選んだもので、ボディカラーだけは私の嘆願でこの色にしてもらいました。マフラーは交換していますが、基本的にノーマルです。

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
▲小山さんの愛車であるトヨタ ヴィッツRS G’s。愛車にはニュルブルクリンクのステッカーを貼っているのだとか

4.普段、愛車に乗ってよく出掛けるスポットはどこですか?

現在は栃木県在住ですが、地元は埼玉です。社会人になるまでは、平日の夜は首都高のドライブを、休日の朝は横浜の大黒PAに行っていました。21才で運転免許を取得して、この2年間で数万キロを走破しました。どこへ行くにもクルマです。運転が楽しくて仕方ないですね。

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
▲GT-R好きの小山さんにとって、日産ヘリテージコレクションはまさに聖地巡礼かも

5.友だちはどんなクルマに乗っているのですか?

RX-8や先代アテンザ、MPVなど、なぜかマツダ車に乗っている友人が多いです。みんな改造していますね。輸入車乗りもいて、現行シボレーコルベット(C7)や、メルセデス・ベンツC63 AMGを所有する強者もいます。

クルマが好きすぎて自動車関連業に飛び込んだ、小山 大介さん(23才)にインタビュー
▲クルマ好きの仲間たちとはインターネットを通じて知り合ったのだとか

6.メンバー間で若者のクルマ離れについて論じることはありますか?

正直、あまりないです。仲間同士で集まると、お互いのクルマのパーツ情報の交換やパーキングエリアに停まっているクルマのチェックなど。端から見たら相当ディープな会話をしていると思います。

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
▲実は写真にもこだわりがある小山さん。今回の画像も快く提供していただきました

7.自分は相当なクルマ好きだと思いますか?

はい。それは間違いないです(笑)。でも最近はお酒を飲む楽しさも分かってきましたし、音楽や服にも傾倒しています。また、腕時計にも興味があります。どちらにしても、お金の掛かる趣味ばかりですよね…。

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
▲圧巻のミニカーコレクション!相当なクルマ好きであることは間違いありません

8.クルマ好きでない周囲の友人の反応やクルマに対する温度差はありますか?

かなりあると思います。子どもの頃から付き合いのある友人たちの多くは、クルマなんて必要ないという意見が大多数です。自分のクルマを持つなんて理解できない、とさえいわれたことさえあります。出掛けるときも、家のクルマかレンタカーで充分だそうです。一応、運転免許を持っているけれど、ペーパードライバーも少なくありません。

そういえば、職場の同期たち(男性)もAT車限定という人が多かったです。私の仕事ではMT車の運転は必須条件なので、慌てて限定解除していました。

9.クルマ好きでない友人たちはどんなことをして楽しんでいますか?

FacebookなどのSNSを見ていると、飲食の様子をアップしている友人が多いですね。あとはバンド活動をしていたり、ファッションに傾倒している友人もいますが、いずれものめり込むというほどではない印象です。

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
▲クルマ好き同士で集まり、BBQを楽しむこともあるそうです

クルマ好きの仲間たちとは高校生のときにmixiを通じて知り合いました。そこから少しずつ輪が広がっていき、いまは10人くらいのコミュニティになりました。私を含め、彼女がいる友人も多いので、カップル同士で出掛けることもあります。

10.クルマ好きの著名人で憧れの存在はいますか?

元トップギアの司会者であるジェレミー・クラークソンです。日本人の感性にはない、ウイットに富んだトークが大好きです。日本人では、黒沢元治さんや土屋圭市さん。長年、ベストモータリング(現在は休刊)のファンです。

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
▲小山さんお気に入りのショット。もはやプロ顔負けの腕前!?

11.30才になったら乗っていたいクルマはありますか?

日産スカイラインGT-R(R34)VスペックII、ボディカラーはベイサイドブルー、フルノーマル車です。

実はR34GT-Rを手に入れるために、コツコツと頭金を貯めてあるんです。しかし…、ご存知のようにGT-Rの著しい値上がりに困り果てています。もう少し私が早く生まれていたら、どんなに無理をしてでも新車のGT-Rを手に入れていたと思います。この点はものすごく悔しいです。

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは
▲小山さんにとって、R34GT-Rはいつか手に入れたい存在とのこと

でも、まだまだ諦めていませんよ!いつか必ず手に入れます。彼女からokももらっています。彼女の父親がハコスカGT-Rを所有していたほどのクルマ好きで、本人も日産NOTE NISMO(MT車)が欲しいといっているくらいなので、理解はあるんです。その点はありがたいですね。

12.小山さんにとってクルマとは?

一言で言い表すのは難しいのですが…「生きがいであり、仕事のエネルギー源であり、クルマ好きの仲間とのコミュニケーションツールです」。

20代のクルマに夢中な若者は、なぜのめり込んでいったのか?そのリアルな実態とは

13.最後にアガリのクルマを1台挙げるとしたら?


Photo by Will ainsworth [CC-BY-SA 3.0] (Wikimedia Commonsより)
▲アガリの1台という問いに、悩んだ末に小山さんが挙げてくれたのがこのフェラーリF40

(ものすごく迷って)やはり「フェラーリF40」でしょうか。あのクルマは本当に最高です!母親にもいわれたのですが、嗜好がバブル世代みたいですね(笑)。

[ライター/江上透 画像提供/小山大介]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事