ヘビー・デューティーな血筋を受け継ぐ「ランドローバー・ディフェンダー」オーナーの堀俊也さんにインタビュー

  1. オーナーインタビュー
  2. 355 view

ランドローバーというと1948年、大戦中のジープ型のクルマをお手本に作られた軍用車。英国の特殊部隊SASが使用した「ピンクパンサー」が有名ですね。そんなヘビー・デューティーな血筋を受け継いだ筋金入りのオフローダー、ランドローバー・ディフェンダーのオーナー堀俊也さんにお話を聞いてきました。

兵庫県尼崎市武庫之荘にスタジオを構えるカメラマンの堀さん。仕事を始めて最初に買われたのはダブルキャブのハイラックスでした。その後はランドクルーザーに乗り換えて、お子さんの誕生を機にヴォクシーに。でもあまり好みに合わなかったそうで…

「買って二ヶ月目にはもう売ることを考えてました。結局二年乗りましたけど。それで次がいまのディフェンダーです。2006年からです」

──ディフェンダーって趣味性の高い車種ですが、選ばれた理由は何ですか?

「小さい頃から知っていて、憧れてたんです。それで「今だったら買える、よし」って、これに決めました。新車の並行輸入物でした」

正規ディーラーを選ばなかったのは、1ナンバーではなく3ナンバーが欲しかったから。一年車検や維持費の問題もありますが、それ以上に排ガス規制にかからず長く乗りたかったから、どうしても3ナンバーでないと、という思いがあったそうです。

「あと、このリヤシート。横向けに対面に座るシートが好きなんです。なんか狙撃チームがこれから仕事に行く、みたいな雰囲気?(笑)」

──手を入れたところ、手を入れたいところはありますか?

「ほとんどありません。ノーマルそのままで気に入っていて、どこもいじってませんね。カーステレオのラジオの受信が良くないので、いま入れ替えようとしていますが、それくらいですね。ありがとう浜村淳です(毎日放送の人気番組)が綺麗に聞きたいので、ワイドFMの入るやつに」

外観もインテリアも、すべて気に入っているのでとくに何もカスタマイズはしない、という堀さん。オリジナルにこだわるというよりも、まだまだ長く乗りたいのでバランスを崩したくないのだそうです。ただ、1つだけ大きなリニューアルを考えていらっしゃいます。

「ゆくゆくは、なんですが。エンジンをそっくりそのままモーターに積み替えてEV化を検討しています。いや、このエンジンも気に入っていて、こだわりが無いといえば嘘になるんですが……。いま20万キロ、そのうちエンジンの寿命が来たり、ディーゼルなので排ガス規制がかかって乗れなくなってしぶしぶ手放すくらいやったら、それよりましかなぁ、と思って。ただ、見積もりしてもらったら現時点では800万円くらいかかるらしいんです。ちょっと現実的じゃ無いでしょ。いずれそれが300万くらいになったら、やってもいいかなぁ、と」

ディフェンダー、とことん気に入られているようです。幸せなクルマですね。

──このクルマにして良かった点はなんですか?

「仕事柄、機材が増えることが多いのですが、これものすごく積めるんですよ。ヒッチキャリアを付ければさらに積めますしね。もちろんオフローダーなのでどこへでも入っていけますし。こういう車種で長く乗り続けられるのが欲しかったので、すべて満足です」

──乗っていて注目されるんじゃないですか?

「ああ、止めてるとよく写真を撮られたりしてますよ。戻ってくると「あ、ごめんなさい」みたいな。「いいよいいよ、どんどん撮って」って言いますけど。これはどこの国のクルマですか、とかよく聞かれますね」

実は堀さん、筆者と微妙に生活圏が重なるのですが、道で会うとすぐに「あ、堀さん」とわかります。実際のところ、よく目立つクルマです。

──最初、乗ってみた感じはどうでした?

「思った以上に走らなかったです(笑)。ランドクルーザーに比べてパワーがないなぁ、と思いました。ターボ付きですけど2.5リッターですからね、この車体で。あと、直前がヴォクシーやったので、最初来たときはデカいなぁと思いました。すぐ慣れましたけどね。排気量が小さめなのは、軍用車として必要なパワーと航続距離の兼ね合いなんですね。燃費が悪くて戻って来れなかったら命に関わる、そういう車種ですから」

──予算抜きで欲しいクルマベスト3を教えてください。

「うーん、乗り換える気は無いしなぁ。あ、増車するとしたら? ロータス・エリーゼ。小さくてフロントに大きな穴のあるやつ。あと、このあいだ見たアルファロメオのロータスっぽいやつ、あ、4Cっていうのかな、どうかな。こういうのに乗ってるからもう一台というとやっぱり小さなスポーツカーが気になりますね。そうか、ハマーのH1。メガクルーザーは乗せてもらったことあるんですけどね。ハマー乗って夜のミナミを流してみる、みたいなんもおもしろいかな(笑)」

──堀さんには愚問だと思いますが、上がりの1台はなんですか?

「そうですね。乗り換える気は無いので、これをどう乗り続けるか、ですね。そのうち新車買った方が安いとかそういう時期も来るんでしょうけど」

──最後に1つ。あなたにとって愛車とは?

「えぇと、そう、仕事帰り。仕事終わって帰るときにでも乗って帰りたいクルマ。仕事終わってしんどいとき、今日はもう電車で帰りたいなぁ、運転したくないなぁとか、前のクルマはたまにありましたけど。ランドローバー・ディフェンダーは『疲れてても乗りたいクルマ』です」

[ライター・画像/小嶋 あきら]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
小嶋あきら

兵庫県西宮市の海辺に在住。とある地方自治体に二十五年勤めた後、これからは文章と写真で食っていくんだ、という間違った選択をして現在に至る。小学校時代にピンクレディーとスーパーカーブームの洗礼を受けた世代。現在、クルマは無し、バイクはBMWのR100GSとベスパGTS250ie、P125X。

記事一覧

関連記事