愛車が誕生したのは94年前!「1923年式フォード モデルT」オーナー、三橋 了太さんにインタビュー

  1. オーナーインタビュー
  2. 537 view

これまでさまざまなオーナーインタビューを行ってきましたが、今回のクルマがもっとも古い個体となります。そのクルマとは、1923年式のフォード モデルT。取材時(2017年)ですでに94年前に製造されたクルマが、いまだに現役として21世紀の日本の路上を走っていることに驚かされます。果たして、いま新車で売られているクルマが100年後の未来に残っているかどうか…。それを考えると奇跡の1台といえるかもしれません。

そんな、自動車史においても貴重な個体を所有する三橋 了太(みつはし・りょうた)さんに、オーナーだからこそ語れるエピソードを伺ってみました。

── オーナー紹介&どんな仕事をされているのですか?

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲1923年式フォード モデルTのオーナーである三橋 了太さんと息子さんの柊太くん

外資系企業に勤務する傍ら、休日は「高田馬場アトムズ・アイスホッケークラブ(1975年9月設立)」という、ジュニアアイスホッケークラブの監督をしています。

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲次男の柊太くん(6才)と、長男でチームキャプテンの琥太朗くん(8才)

私は札幌市の生まれなのですが、3才でアイスホッケーをはじめて、アンダー18で日本代表に選ばれるほどのめり込みました。現在は、私のあとを継いで2人の息子がアイスホッケーに夢中になっています。私はチームの監督という形でサポートをしています。

── 現在の愛車を手に入れるきっかけを教えてください

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

私の父は、18才から定年退職するまで42年間、ヤナセ一筋という人でした。セールスやメカニック、中古車販売も担当していて、それこそ、メルセデス・ベンツやアウディ、シボレーやポンティアックなど、さまざまなクルマに乗って家に帰ってきたんです。今日は何のクルマで乗って帰ってくるか、ワクワクしたことを憶えています。また、父の愛車だったフォルクスワーゲン ビートルは、私が1才の時に新車で購入し、23才になるまで所有していたんです。まさか自分が免許とってVWを運転できるとは夢にも思わなかったです。当時は嬉しくて友達を誘い出し、よくドライブに行っていました。

父は、休日になるとビートルのエンジン調整をしていましたから、程度抜群でしたね。

── 現在の愛車に乗ろうと思ったきっかけを教えてください

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

元々アメ車、そしてホットロッドが大好きで、シボレー カプリス ワゴンを15年間所有していました。元ヤナセマンだった父には「正規輸入車にしておけ」と大反対されましたが…。気に入っているクルマではあったのですが、しばらく所有しているうちに、もっと楽しめるクルマはないかなあと思うようになってきたんです。

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲三橋さんが15年所有していた、シボレー カプリス ワゴン

「一度きりの人生、楽しんだもん勝ち」という考えから、さらにアメ車を突き詰めたいという気持ちが芽生え、「元々好きだったホットロッドを楽しむのはいましかない!」と、思い切って決断しました。

乗ってみて「こんなに楽しいクルマはなかった!」と思いました。いまでもその思いは変わらないですね。

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

現在もお付き合いのあるアメ車屋さんの社長さんにとって想い入れのある個体だということで、試乗して購入を決めました。その後、出先で立ち往生したことがあり、この原因が判明するまで半年くらい掛かりました。

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲時代を感じさせるフォードモデルTの内外装

── トラブルの原因は何だったのですか?

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲エンジンは1955年オールズモビルの88ロケット 排気量はV8 5.3L

このクルマにはキルスイッチが装着されているのですが、どうやらそこが断線していたみたいなんです。その後も走行中にバッテリーが充電されず、出先で止まってしまうこともありました。その間、予備のバッテリーを持ち歩くなどしてトラブルに対応していましたが、いまはその問題も解決しました。

── トラブル続きで、正直「もういいかな」と思ったことはありませんか?

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

ありません。人によっては「それだけ苦労しているのによく持っていられるな」と思うかもしれませんが、私にとっては苦労ではないんです。苦労だと思った時点で手放してしまうでしょうね…。次にどこに手を加えようかと思案したり、飽きることがないんです。日本車にはない、アメ車特有の豪快さが好きです。

── フォード モデルTを手に入れたとき、奥様の反応は…?

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

度重なるトラブルに見舞われても助手席の妻はいつも冷静にいてくれますし、家族の一員として温かく迎えてくれていることに感謝しています。

「普段使いできるホットロッド」ですから、日常の買い物やコンビニ、ウィンドウショッピング、遠方の行楽地までのファミリーカーとして活躍してくれています!

家族用にVWゴルフ ヴァリアントを所有しているので、通勤やアイスホッケー関連の移動はこちらを使っています。

── 柊太くんにとって、このクルマはどうですか?

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲柊太くんもフォードモデル Tがお気に入りのようです。こんなパパがいるなんて羨ましい

形も格好いいし、乗っていて楽しい。将来、僕も乗りたいです。こういうクルマに乗るパパは面白い。

── 手に入れて良かった点、苦労している点を教えてください

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

●良かった点
・たくさんの友人ができたこと
・フォード モデルTを走らせているときの醍醐味
・充実したマイカーライフが送れていること
・眺めているだけで楽しいこと
・所有していても価値が下がらない

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

●苦労している点
先ほども申し上げましたが、苦労を苦労だとは思っていないんです。信頼できる主治医の存在もありますが、できるかぎり、自分でメンテナンスしています。

── 予算抜きで、欲しいクルマBEST3は? (上がりの1台も含む)

・2位.1947年式 シボレー フリートライン
・1位.1959年式 キャディラック デビル コンバーチブル(フルオリジナル)
・上がりの1台(ご自身にとって究極の1台とは?) フォード タイプA フルフェンダー ストリートロッド(フルノーマル)

── 三橋さんにとって、ホットロッドの魅力とは?

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

「クルマと一体になって走る」ということでしょうか。

街乗りで古いクルマを楽しみたいなら、ホットロッドがベストだと思います。また、人とは違ったクルマに乗りたいという方にもオススメですよ!

街中で絶対同じクルマとすれ違う事がないのも良さの一つです。クラシックカーを自分で操り、颯爽と走れるのは何事にも代え難いです。愛車のエンジン音を聞き、調子を伺いながら、クルマに運転手が合わせて対話しながら乗る面白さがたまらなく好きです。先日も富士スピードウェイを走りましたし、いつも絶好調な愛車に感謝しています。

そして、あえて綺麗に乗らず当時の風合いを楽しみながら乗るのも醍醐味です。巷ではこの手の古めかしいサビ塗装などされた風合いの車を「Rat Rod」といいますが、私の個体は「本物のサビ」です。いわゆる「Rasty(錆びついた) Rod」ですから、他とは「味」が違います。

── 三橋さんにとって、愛車はどんな存在ですか?

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

「切っても切れない、身体の一部のような存在」でしょうか。

私にとってアイスホッケーのシューズは、普段用の靴よりも馴染んでいますし、履いている時間も長いほどです。このフォード モデルTもそれに近い存在といえそうです。

── 補足:ホットロッドに魅せられた三橋 了太さんにお会いしてみて

待ち合わせ場所に現れた三橋さんの1923年式フォード モデルT。目立つ、目立ちます。そのインパクトはスーパーカー以上!道行く誰もが振り返るほどのインパクトでした。取材中、道行く人に声を掛けられて、楽しそうに談笑していた姿が印象的でした。

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲フォードモデルTのまわりには自然と人が集まってきます。皆さん楽しく談笑中

アイスホッケーのチーム監督として、また2人の息子さんの良きパパとして、頼れる存在であることを垣間見たように思います。

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

▲三橋さんがチーム監督をしている高田馬場アトムズ・アイスホッケークラブ(お子さんたちのプライバシー保護のため、画像を加工しています)

100年近い車齢を持つフォード モデルTを所有する名物監督として、注目を集める日も遠くなさそうです。そしていつか、兄弟でアイスホッケー日本代表選手に選ばれることを祈っています!

── オーナープロフィール:

ホットロッド フォード モデルT 高田馬場アトムズ アイスホッケー

お名前:三橋 了太さん
年齢:43才
職業:会社員/高田馬場アトムズ・アイスホッケークラブ チーム監督
高田馬場アトムズ・アイスホッケークラブURL:
https://sites.google.com/site/citizenatoms/
https://www.facebook.com/189524091141687/
愛車:フォード モデルT
年式:1923年式
ミッション:4速MT

[ライター・撮影/江上透 画像提供・三橋 了太]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事