若い頃の憧れを再び!「ダットサン ブルーバード 1600 SSS(P510型)」オーナー、小圷 邦明さんにインタビュー

  1. オーナーインタビュー
  2. 1396 view

これまで、過去に所有していたクルマや、タッチの差で買い逃したクルマと街中、あるいはインターネット上で偶然見つけたことはありませんか?大切に乗られているならまだしも、これが解体屋にひっそりと佇んでいる場面に遭遇したら…。それはそれで辛いものがあります。

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲小圷さんが溺愛する1968年式ダットサン ブルーバード 1600 SSS(P510型)

今回のオーナーさんは、若いときに手に入れたクルマをもう1度乗ろうと決意し、その想いを実現した方です。しかし、1度手放したクルマをふたたび手に入れるということは、そうたやすいことではないようです。

── オーナー紹介&どんな仕事をされているのですか?

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲オーナーの小圷 邦明さん

高校を卒業後、トヨタのディーラーにメカニックとして勤務していました。現在は、長距離トラックのドライバーとして、関東〜中京エリアおよび関西エリアまでお米を運んでいます。

── お仕事はどのような流れで行っているのですか?

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲ダットサンの純正ステアリングを残しつつ、シフトノブやスピーカーなど、小圷さん好みにモディファイされた内容

昼間は積み込みなどの仕事をしたあと、夕方くらいに関東を出発して、翌朝に現地に到着。そこで再び荷物を積み込んで、関東まで戻ってくるという流れです。

── オススメのSAがあるそうですね

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲この日はイベント参加を兼ねた取材ということで、クルマ好きが感じられるファッションで登場してくれた小圷さん

東名高速道路牧ノ原SA(上り)の焼肉や豚トロ定食が美味しくてお気に入りです。トラック用のフロアはご飯と豚汁がおかわり自由なんです。もちろん、一般の方も入れますよ。

── 現在の愛車を手に入れたきっかけを教えてください

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

21才のときに1台目のブルーバード(P510型)を手に入れたのですが、結婚を機に手放しました。でも、もう1度乗りたくなって、ずっと程度のよい個体を探していました。そんなある日、九州にある専門店で良さそうな個体を見つけ、すぐさまショップに連絡。しかし、そのときにはすでに売約済みとのことでした…。あとで分かったことなんですが、私が住んでいる隣の県の方が購入したそうなんです。近県のオーナーさんのところに嫁いだとはいえ、見掛けたことは1度もありませんでした。

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲リアの”Bluebird”と”1600SSS”のエンブレムが誇らしげです

その後も諦めきれずにブルーバード(P510型)探していたとき、同じ九州にある専門店に見覚えのあるこの個体が売りに出ていたんです。

もしやと思い、すぐさまショップに連絡してみました。すると、前回タッチの差で買い逃し、近県に嫁いでいった個体そのものだったんです。前オーナーさんが他のクルマに買い替えるということで出戻ってきたタイミングだったそうです。しかも、私が連絡したのは、ショップのストックリストにアップされた当日でした。何かの運命を感じた私は、実車を見ないまま、その場で購入を決めてしまいました。

── まさに運命的な出会いですね。このブルーバードに興味を持ったのはいつ頃ですか?

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲クーラーも装着されている小圷さんのブルバード

ブルーバード(P510型)の存在を知ったのは高校生のころです。アルバイト先の先輩にあたる大学生が、このクルマに乗っていたんです。この先輩とはいまも付き合いがあり、実はいまでも同じ個体を所有しています。ボディカラーこそ変わったようですが、20年以上も同じクルマを所有しているってすごいですよね。

── 小圷さんが手に入れてからモディファイした箇所はありますか?

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲小圷さんがお気に入りだという、ワタナベ製のアルミホイール。タイヤはGOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02。サイズは165/55 R14をチョイス

手に入れたときはほぼオリジナルでした。車高を落としたかったこともあり、ローダウンしました。前後のホイールはワタナベです。このディープリムがお気に入りです。エンジンは、先日壊れてしまったのを機に載せ換えました。L28用の86パイピストンを組み込み、ボアアップ。排気量は1711ccとなっています。キャブレターとタコ足も組み込みました。トランスミッションは、スカイラインジャパン用の71Bミッションを譲り受け、プロペラシャフトを加工して取り付けました。トランスミッションの加工は専門の方にお任せしましたが、以外の作業はすべて自分で行っています。

── ご自宅に工具が揃っているのですか?

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲元メカニックの小圷さん自ら組み上げたエンジン。L28用のピストンを組み込み、排気量は1711ccにアップされています

メカニック時代や、そのあとに買い足した工具もあります。あとは、エアコンプレッサーもありますよ。もともとクルマいじりが好きなんです。この個体のボディカラーは「サファリブラウンメタリック(純正色)」というのですが、塗装も自分で行います。

── 古いクルマだけに、部品の入手が大変ではないですか?

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲自然を惹きつけるオーラを放っている小圷さんのブルーバード。ギャラリーたちからの熱い視線を浴びていました

現代のクルマの部品が流用できることもありますし、ブルーバード(P510型)は海外から調達できるんです。あとは、旧車仲間から情報を仕入れることもありますね。やっぱり、仲間の存在は大きいです。小学生のころからの付き合いの友人もTE27型のカローラレビンに乗っています。

── こちらトヨタ カローラ レビン(TE27型)のオーナーさんとは長いお付き合いなんですね!

1973年式トヨタカローラレビン(TE27型)

▲小圷さんとは小学生のころからの付き合いだという南部 真徳さん。南部さんの愛車は1973年式トヨタ・カローラ レビン(TE27型)

南部くんといいます。彼とは小学校〜高校まで同じ学校だったんです。しかも、高校3年間は同じクラスでした。たいていはクラス替えで離ればなれになってしまうはずなんですけれど…こういうこともあるんですね。

私くらいの年代だと、子どものころはクルマやバイク好きの男子が多かったですよね。南部くんとは、クルマを通じて同じトヨタのディーラーで働いていた時期もありましたよ。

私も南部くんもクルマ好きでしたが、彼を旧車の世界に引きずり込んだ(?)のは私なんです。住んでいるところは離れていますが、イベントやツーリングなどで、少なくとも1ヶ月に1度は会いますね。

1973年式トヨタカローラレビン(TE27型)

1973年式トヨタカローラレビン(TE27型)

1973年式トヨタカローラレビン(TE27型)

1973年式トヨタカローラレビン(TE27型)

▲リベット留めのオーバーフェンダーと、艶めかしいカラシ色のメタリックのボディカラーが魅力的な南部さんのレビン。室内、エンジンルームともに美しく仕上げられており、こちらの個体も注目を集めていました

── 手に入れて良かった点、苦労している点を教えてください

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

・良かった点
運転しているときはもちろん、いじっているときでも、いまのクルマにない楽しさを味わえることでしょうか。

・苦労している点
ありません!壊れたとしても自分で直します。

── 予算抜きで、欲しいクルマBEST3は何ですか?

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

510型のブルバードが大好きなんですが、私はスーパーカーブーム直撃世代でして…。当時、晴海で開催されたスーパーカーショーにも行きましたよ。スーパーカー世代としては、カウンタックには憧れます。

・3位.ランボルギーニ カウンタック クワトロバルボーレ(スーパーカー世代なので)
・2位.ダットサン ブルーバード バン(P510型のバンが欲しいです)
・1位.ダットサン ブルーバード 1600SSS(1967年式がいいです!)
・上がりの1台:もちろん、現在の愛車です!

── あなたにとって、愛車はどんな存在ですか?

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

「身体の一部」です。このクルマだけは何があっても手放さないでしょうね。

── 補足:「ダットサン ブルーバード 1600 SSS(P510型)」オーナー、小圷 邦明さんにお会いしてみて

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

▲あえてさりげなく、それでいてクルマ好き、旧車好きが立ち止まってしまう魅力をもつ小圷さんのブルーバード。コンビニで話し掛けられることもよくあるそうで、「温めたものが冷めてしまうくらい」質問攻めにあうのだとか

運命の導きとしか思えない出会いから、まさに「一生モノ」のクルマを手に入れた小圷さん。できる限り小圷さん自らメンテナンスすることで、愛車のコンディションも把握するだけでなく、維持することもできるのです。幼馴染みといえる南部さんとともに、若いときに惚れ込んだブルーバードを手に入れ、旧車趣味を満喫している小圷さん。やはり人もクルマも縁が大切なのかもしれません。

── オーナープロフィール

ダットサンブルーバード1600SSS(P510型) 旧車

お名前:小圷 邦明さん
年齢:45才
職業:トラック運転手
愛車:ダットサン ブルーバード 1600 SSS(P510型)
年式:1968年式
ミッション:5速MT

[ライター・撮影/江上透]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事