メルセデス・ベンツ スマートの限定車2モデルを発表およびターボエンジン搭載モデルを追加

  1. 輸入車ニュース
  2. 40 view

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都港区)は、メルセデス生まれのシティ・コンパクト「smart fortwo cabrio turbo limited」「smart fortwo turbo matt limited」「smart forfour turbo」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ8月3日より注文受付を開始しました。なお、発売はsmart fortwo cabrio turbo limitedは8月3日より、smart fortwo turbo matt limitedは2016年10月頃、smart forfour turboは2016年9月頃を予定しています。(smart fortwo cabrio turbo limitedは全国限定合計200台、smart fortwo turbo matt limitedは全国限定合計80台)

メルセデス・ベンツ スマートの限定車2モデルを発表およびターボエンジン搭載モデルを追加

Archivnummer: SSPIP50758

今回3モデルに共通する新型ターボエンジンは、排気量0.9リッターの直列3気筒エンジンにターボチャージャーを搭載することで、最高出力66kW(90PS)、最大トルク135N・mを発生。現在ラインアップにある自然吸気エンジンに比べ、最高出力が14kW(19PS)、最大トルクが44N・m向上しており、スポーティさを高めるとともに、高速道路での走行もさらに快適になります。また、低排出ガス車認定(平成17年基準)の4つ星(75%低減レベル)を獲得し、燃費も23.1km/L*の低燃費を実現するなど、高い環境性能も併せ持つターボエンジンとなっています。
*: smart fortwo turbo matt limitedの場合

smart fortwo C453 MY2015 catalogue
先代でも高い人気を誇っていたカブリオモデル「smart fortwo cabrio turbo limited」を新たに追加しました。

シルバーのトリディオンセーフティセルとフロントグリルに人気の高い4色のボディカラー(ラリーレッド、イエロー、クリスタルホワイト、ディープブラック)を組み合わせた各色50台の限定車となります。ラリーレッドとイエローにはブラックのソフトトップを、クリスタルホワイトとディープブラックとにはレッドのソフトトップが装着されます。

fortwo_________________________________1919491

fortwo_______________________________________1919490

fortwo__________________________________________1919489

電動開閉式ソフトトップは走行速度に関係なく、いつでも開閉することが可能で、さまざまなシーンで簡単にオープンドライブを楽しめます。

Archivnummer: SSPIP55351

Archivnummer: SSPIP50956

本革シートによる高級感あふれるインテリアには、ターボモデルの特徴となるコックピットクロック&レブカウンター等の充実した機能・装備を備えています。

smart fortwo cabrio
「smart fortwo turbo matt limited」は、ムーンホワイトマットとチタニアグレーマットの特別感が際立つ2色のマットカラーに、ブラックのトリディオンセーフティセルとフロントグリルをコーディネートし、各色40台用意されています。

Archivnummer: SSPIP50933

ターボモデルに相応しく、16インチブラックペイントアルミホイールとクロームエグゾーストエンドを装備し、スポーティモデルであることを強調しています。

Archivnummer: SSPIP39650

______________________1919503

________________________________________________________________1919392

Archivnummer: SSPIP50931

また、パドルシフト、スポーツペダル、コックピットクロック&レブカウンターや本革シートとパノラミックルーフを備え、スポーティな中にも高級感あるインテリアに仕上げとなっています。

Archivnummer: SSPIP39476
「smart forfour turbo」は、16インチブラックペイントアルミホイールやクロームエグゾーストエンドを備えた、スポーティさが際立つモデルとなります。

Archivnummer: SSPIP39579

パドルシフトやスポーツペダル、コックピットクロック&レブカウンター等、ターボモデルのスポーティな走りをサポートする各種機能や、本革シートやパノラミックルーフ等の充実した装備が、スポーティで快適なドライビングを実現します。追加ラインアップモデルとなるsmart forfour turboは、全8パターンの外装色から選択できます。

燃費は、smart fortwo matt limitedが23.1km/L、smart fortwo cabrio turbo limitedおよびsmart forfour turboが22.0km/L(JC08モード)とクラストップレベルの低燃費を実現し、いずれのモデルも新エコカー減税の優遇を受けることができます。

<アクセサリー>
スマートベーシックキット、ポータブルナビ、LEDコンバージョンキットなどの幅広いラインアップに加え、今回、新たに「エアウィーヴ コンフォートシーター」を発売します。本商品は、エアウィーヴ社との共同開発による、smart forfour の後席専用のクッションです。独自素材(エアファイバー)を難燃仕様にした、エアウィーヴ初めての自動車用クッション商品となります。背中から腰、お尻までしっかり支えながら均等に体圧を分散するので、長時間のドライブを快適に過ごすことができます。

<サービスプログラム>
smartには、無償の付帯サービスとして「メルセデス・ケアsmart」が導入されております。一般保証(3年間)と運転中の万一のトラブルの際に現場に駆けつけお客様をサポートする24時間ツーリングサポート(3年間)を無償提供し、お客様の安全・安心なスマートライフをサポートするサービスです。また、有償サービスとして新車登録から3年目までのメンテナンスプログラム「smartメンテナンス」、メルセデス・ケアsmart終了後の保証延長プログラムとして一般保証および24時間ツーリングサポートを2年間延長する「保証プラス」、4、5年目のメンテナンスサービス* において、初回車検時および4年目の点検と定期交換部品の交換をパッケージでご提供する「smartメンテナンス プラス」をご用意しています。さらに3年目以降24時間ツーリングサポートを2年間延長する「ツーリングサポート・プラス」もご用意しています。

*メーカー指定点検整備(法定2年点検/1年点検にメルセデス・ベンツ日本が指定した点検項目を加えた点検整備)を指します。メンテナンスインジケーターが走行距離もしくは経過期間により時期をお知らせします。
また、メルセデス・ベンツ ファイナンスが提供するウェルカムプラン・オープンエンドリースを利用してsmartをご購入いただいた方全員に、バンパー、アルミホイール、ドアミラーの傷やキーの紛失を補償する「ボディプロテクト」をプレゼントするキャンペーンを2016年12月末まで実施します。
*:補償期間は登録から1年、但し、ファイナンスを継続利用していることが条件です。
*:補償金額は3万円、免責3,000円となります。

smartには、ウェルカムプラン(5年タイプ・残価設定型ローン)*とメルセデス・ベンツならではのサービスプログラムを組み合わせた月々定額のファイナンスプログラム「まるごとプラン」をご用意しています。手軽なローンに、初回車検を含むメンテナンス費用が組み込まれ、5 年間安心してスマートライフを楽しむことができます。更に今なら、ウェルカムプランとオープンエンドリースを対象に特別金利0.1%キャンペーンを実施中です。
*:メルセデス・ベンツ・ファイナンス(株)の利用が必要です。価格及びファイナンスプランは予告なく変更することがあります。

smart fortwo C453 MY2015 catalogue
smart fortwo cabrio turbo limited

smart fortwo cabrio
smart fortwo turbo matt limited

Archivnummer: SSPIP39522
smart forfour

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事