新型 プジョー 3008を発表。日本導入は2017年を予定

  1. 輸入車ニュース
  2. 25 view

待望の新型プジョー 3008を発表いたします。C SUVセグメントは、世界のあらゆる地域で広がりを見せるこのクラスのなかでも、ひときわ注目を集める存在です。豊富な経験を活かし、様々なカスタマーにこれまでにない新しい体験をお届けします。次世代の新しいプジョーi-Cockpit、洗練されたデザイン、高効率の設計、最先端の装備など、あらゆる点において新型プジョー 3008は、主力モデルにすることを目指しています。プジョーにとって、世界中に向けた新しいSUVカテゴリーとなるのです。新型プジョー 3008は、次回のパリ・モーターショーでワールドプレミアを迎え、プジョーブースの主役として出展いたします。

新型 プジョー 3008を発表。日本導入は2017年を予定

新型プジョー 3008がC SUVセグメントに参入
近年の自動車モデルを象徴する、風格と技術力、情熱や喜びを生み出すSUVは、ドライバーから高い支持を集めており、その価値を表現してきました。自分を表現するのみならず、成功を生み出そうという情熱をも実現し、その外観には個性的な価値が反映されています。日常から解放され、新たな体験を実現するこのモデルは、想像するだけで自然の中へ出かけるイメージをもたらしてくれるのです。いま、ドライバーは新しいエクスペリエンスを求めています。退屈に思われがちだった移動の時間が、体験と感動、それを分かち合う満ち足りた時間になるのです。

クルマが乗員の求めるものを理解し、それに応えることができれば、直感的、また感覚的に双方向の反応が生まれます。カスタマイズ可能な居心地のいいインテリアでゆったりとリラックスすることができます。これらを満たすモデル、“Sport Utility Vehicle”=SUVは、その名前に込められたコンセプトを、もはや超えていると言えるでしょう。

どの自動車メーカーもこれらを理解しており、世界中にはそういったモデルがあふれています。しかし、期待を超えるドライビングエクスペリエンスを得られるSUVは、そう多くはありません。そのためにプジョーが挑んだチャレンジは、最も重要なものです。このセグメントの性格を見事に調和させ、モダンで洗練されたパッケージに仕上げることでした。新型プジョー 3008では、ブランドが持つ最高のノウハウと、拡大するマーケットへの戦略を駆使して、CSUVセグメントでのポジションを確立することを目指しました。そして、プレミアムマーケットを目指し、NEW プジョーi-Cockpit®を装備いたします。

*新型プジョー 3008の日本導入は、2017年を予定しております。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

「メルセデスAMG GT S 130th Anniversary Edition」を期間限定発売

「メルセデスAMG GT S 130th Anniversa…

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都港区)は、AMGのレーシングスピリットと技術を余すことなく備えたスパルタンなスポーツカー「メルセデスAMG …

  • 220 view