メルセデス・ベンツ 最新のデザインとSクラス譲りのインテリアを持つ新型Eクラスを発表

  1. 輸入車ニュース
  2. 41 view

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都港区)は、新型「Eクラス」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ7月27日より注文受付を開始しました。なお、発売は「E 200 アバンギャルド」および「E 200 アバンギャルド スポーツ」が7月27日より、「E 200 4MATIC アバンギャルド」、「E 220 d アバンギャルド」、「E 220 d アバンギャルド スポーツ」、「E 250 アバンギャルド スポーツ」、「E 400 4MATIC エクスクルーシブ」は10月以降を予定しています。

P37____________

 1 W213 2015 New Model [807] (MB-ECE) MS/PCI <ph

新型Eクラスは、快適性や安全性を大幅に高める数多くの世界初の革新技術が導入され、メルセデス・ベンツの最新デザインを取り入れたエクステリアとSクラス譲りの上質なインテリアを備え、スタイリッシュな魅力に溢れた10代目となるプレミアムセダンとして生まれ変わりました。さらに、新開発のディーゼルエンジンに、軽量設計とセグメントトップレベルの空力特性を組み合わせることで、セグメント最高レベルの燃費効率を実現すると同時に、AIR BODY CONTROL*により、卓越した乗り心地と運動性能を提供します。
*:E400 4MATICエクスクルーシブに標準装備

___________________________________________________

メルセデス・ベンツ 最新のデザインとSクラス譲りのインテリアを持つ新型Eクラスを発表

新型Eクラスの安全運転支援システム「レーダーセーフティ」は、安全性、快適性、安全運転支援が新しい領域に進化しました。

___________________________-2

9G_TRONIC

メルセデス・ベンツの自動運転開発の次のステップとなる、新型Eクラスに初めて搭載される新技術「ドライブパイロット」は、特に混雑時や高速道路での渋滞の際に自動運転によりドライバーにかかる負担を大きく軽減するシステムです。先行車との車間距離のみならず周囲の交通状況(車両、ガードレール等車線と平行に位置する物体)を常に監視することで、従来よりもステアリングアシストが作動する状況が大幅に拡大しました。しかも、車線が不明瞭または表示されていない場合にも自動で先行車に追従します。また、システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労を大幅に低減します。

___________________________

________________________

ドライブパイロットのその他の革新技術として、「アクティブレーンチェンジングアシスト」を初めて導入しました。ドライバーがウインカーを2秒以上点滅させると、行き先の車線に車両がいないことを確認後、自動で車線変更します。また、走行中にドライバーが気を失うなど万が一の場合に自動的に車線を維持しながら緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」を世界で初めて搭載しました。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事