修理代は日本の1/2?メルセデス・ベンツの修理代は高いのか、ドイツ本国で検証してみる

  1. メンテナンス
  2. 456 view

ヨーロッパ車の修理代は、日本において高いのでしょうか?安いのでしょうか?

さすがに日本車に比べたら高いようです。では、ドイツ車を自国で比べたらどうなるのか?

今回、メルセデス・ベンツの「バネオ」を、ドイツの一般修理工場(正規ディーラー系ではありません)に修理に出して、その修理費用を基に分析してみました。

◎車種:メルセデス・ベンツ バネオ(Vaneo) 1.7リッターディーゼルターボエンジン、5MT
修理代は日本の1/2?メルセデス・ベンツの修理代は高いのか、ドイツ本国で検証してみる
◎修理依頼内容:ブレーキを踏んだときに足回りからの異音

◎事前予約:TELにて

◎修理工場へ入庫:当日AM7:30

◎見積もり返答:当日AM10:00/その場でGOの依頼

◎完成予定:当日夕方

◎代車:なし

◎修理内容:
●作業内容
・ブレーキのテスト
・ホイール(前後)の着脱
・ブレーキキャリア(リア)の交換
・サイドブレーキのブレーキシューの交換
・ブレーキシューのためのブレーキアジャスターの交換
・アンカープレートの清掃
・ブレーキシューの接点給油
・ブレーキディスク(リア)の交換
・ブレーキパッド(リア)の交換
・損傷したホイールスタッド(リア左)の交換
・ホイールハブに付くブレーキボルトのスレッドの研磨
・ブレーキキャリアの清掃
・フロント右のブレーキホースのねじれ修理、再取り付け
・ブレーキシステムの掃気
・フロントのブレーキパッドの脱着
・フロントブレーキパッドのためのガイダンスの清掃
・リアブレーキライトの修理 (ランプ交換)
・工賃(2時間半)・・・190.00ユーロ

修理代は日本の1/2?メルセデス・ベンツの修理代は高いのか、ドイツ本国で検証してみる

修理代は日本の1/2?メルセデス・ベンツの修理代は高いのか、ドイツ本国で検証してみる

修理代は日本の1/2?メルセデス・ベンツの修理代は高いのか、ドイツ本国で検証してみる

●パーツ
・ブレーキキャリア:1個/98.90ユーロ
・ねじ:1個/2.98ユーロ
・ブレーキシューセット:1セット/66.78ユーロ
・ピン:2個/2.52ユーロ
・拡張ロック:2個/17.70ユーロ
・ねじ:4個/4.68ユーロ
・ねじ:4個 /5.40ユーロ
・ブレーキディスク:2個/85.60ユーロ
・ねじ:2個/3.14ユーロ
・ブレーキパッド:1セット/57.45ユーロ
・ブレーキペースト:1/1.20ユーロ
・クリーナー/6.00ユーロ
・電球(21W):2個/4.00ユーロ
・その他/2.00ユーロ

修理代は日本の1/2?メルセデス・ベンツの修理代は高いのか、ドイツ本国で検証してみる

修理代は日本の1/2?メルセデス・ベンツの修理代は高いのか、ドイツ本国で検証してみる

———————————————————
合計(税抜き):548.35ユーロ
消費税(19%):104.17ユーロ

==========================
合計(税込み):652.52ユーロ

==========================

※メインのパーツの日本定価(税抜き)
ブレーキディスク2個:15,880円
ブレーキシューセット:13,100円
ブレーキパッドセット:11,300円

●納車時:
写真をPCで見せて説明を受けます。どこが悪いか、どのパーツを交換したのか、写真を基に詳しく説明してくれました。
修理代は日本の1/2?メルセデス・ベンツの修理代は高いのか、ドイツ本国で検証してみる
●考察:
パーツも工賃も日本よりも安いと思われます。
日本の一般的な輸入車修理工場で同じ内容の整備を行うと、1.5倍〜2倍程度かかるのではないでしょうか。納期のスピードや受け入れ、納車時の説明に関しては、日本よりレベルが高いと思います。

また、工賃は2時間半となっていますが、実際はもう少し時間がかかるのではないでしょうか。

ドイツだからなのか、それとも、この工場がそうなのかは分かりませんが、工賃が個別の作業項目ごとに記載されておらず、まとめて書かれています。日本では、各作業ごとに工賃を入れる整備工場がほとんどだと思います。

かなりマニアックな内容でしたが、いかがでしたでしょうか。

今後も、さまざまなレポートに挑戦してみたいと思います。

[ライター/CL編集部 カメラ/ドイツ駐在員]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事