旧車オーナーなら誰もが経験済み?愛と笑いのあるある30

  1. ライフスタイル
  2. 882 view

運転席に乗り込み、ドアを閉めて、エンジンを掛ける。日常のなかで味わえるの非日常のひととき。これこそが旧車のオーナーになることの醍醐味であり、魅力のひとつなのかもしれない。

現代のクルマでは味わえない「非日常」が体験できるの旧車の魅力?

ユダ会長 旧車

「非日常」にもさまざまな種類がある。現に、旧車に乗っているとクルマが故障したり、忘れられないできごとと巡り会ったり…。本当にさまざまな経験ができると思う。

今回はこれまでの連載とは趣向を変えて、大半(ほほすべて?)の旧車オーナーがどれかひとつは必ず当てはまるであろう「あるあるネタ」をは集めてみた。正直いってまだまだあるがキリがない(笑)。

本人はもちろんのこと、身近な友人・知人で旧車オーナーがいれば「あ~!あるある!笑」と当てはまることばかりではないかと思う。ぜひ試していただきたい。

旧車オーナーなら誰もが経験済み?愛と笑いのあるある30

ユダ会長 旧車

□1.まったく売るつもりがないにも関わらず、自分の乗っているクルマの相場が上がると嬉しくなってしまう

□2.まったく売るつもりがないにも関わらず、自分の乗っているクルマの相場が下がると「あのとき売っておけば良かった!」などと思ってもいないことを口走ってしまう

□3.その昔、買いたいと思っていたクルマの相場が尋常でないほど値上がりしているのを見て「あのとき、買っておけば今頃大金持ちだったのに!」と(買えもしないのに)後悔する

□4.宝くじが当たったら買いたいクルマのリストを挙げてはみるものの、これまでほとんど宝くじを買ったことがない

□5.走行中、変な音がすると異様に反応してしまう

□6.走行中、何か「カラン」と落ちたような音がすると、自分のクルマのパーツが外れたのではないかと心配になる

□7.その後、クルマを停めて確認して何も落ちてなさそうだと分かると、とても安堵する

□8.走行中、工場地帯などを通っているときに異臭がしてくると、自分のクルマからではないかと異常にドキドキする

□9.しばらく走って臭いが消えるると、その場所の臭いだったのか!とやっぱり安堵する

□10.友達の旧車が前を走っているときガス臭さを感じると「きっと自分のクルマからの臭いではない」と妙な確証を持ってしまう

ユダ会長 旧車

□11.そのクルマが少し離れたときに臭いがしなくなると「やっぱりあいつのクルマだ!」と思いながらも、内心は自分のじゃないかと心配していたりする

□12.駐車場に停めたときに「ラジエター液が漏れている!」と思ったら、前のクルマが停めていたエアコンで垂れていた水だったことがある

□13.使うことはないと思いながらも、消火器は積んでおかないと安心できない

□14.壊れるたびに車載工具やパーツがトランクに増えていく(笑)

□15.いつかは使うだろうと思って譲り受けた工具で1度も使っていないものがある

ユダ会長 旧車

□16.いつかは直したいと思っているが、伴うものがなかったり、面倒で後回しにしているところが3箇所以上ある

□17.車内における唯一の電子部品はスマホかETCくらいである

□18.「燃費なんて気にしていたら旧車なんて乗れないよ!」といいつつ、毎回燃費は計っている

□19.ツーリング先で壊れてローダーで家に帰る際「自分はVIPだから運転なんてして帰らないのだよ」と負け惜しみをいってしまう

□20.イベント後などの帰りの高速で「故障車あり」の表示を見ると、イベントに出ていた旧車ではないかとすごく心配になる

ユダ会長 旧車

□21.首都高では、大回りしてでも湾岸線を走るのは壊れたときに路側帯がないからである(大回りしてでも路側帯のある道を選んでしまう)

□22.遊びに行ったときに雨が降ってくると憂鬱になる。それは雨で遊べないのが理由ではなく、クルマが濡れることに対しての憂鬱だったりする

□23.真夏に街の中を走っているときは、無理してでも涼しい顔をする

□24.ショーウインドウに映る自分の車を見て惚れ惚れしたことがある

□25.信号で停まっていると写メを撮られることがあるが、別に嫌ではない。むしろ内心ニヤついている

□26.走っていると外国人に、やたら手を振られる

□27.「昔は俺も乗っていたんだよ!」と、今は乗っていないのに、やたら上から目線で知らないオヤジに話しかけられる

□28.イベントに行くたびに、「次に買うならこのクルマはアリかも」と思うことがある

□29.…とはいえ、人が乗っているクルマを「羨ましい」とは、あまり思わない

□30.結局は、このクルマが自分には一番合っていると思っている(笑)

旧車オーナーなら誰もが経験済み?愛と笑いのあるある30 判定結果(あくまで参考値で!)

ユダ会長 旧車

■25個以上
旧車にドップリとハマっている、ある意味まっとうな旧車乗り。数々のトラブルをものともぜず乗り続ける姿勢は旧車乗りの鏡であり、家族の厄介者である。おそらくは一生を旧車と添い遂げる人生を送ることになるでしょう。アーメン

■18~25個
一般的な旧車乗り…なのか?沢山のトラブルを乗り越えて安定した旧車との付き合いができているのかもしれません。乗りはじめの方であれば、いずれ書いてあること一つ一つを経験していくことになるのかも?

■10~17個
もしあなたが旧車に乗っているのであれば、かなり幸せな旧車との付き合いができているのかも?トラブルも少なく、とても状態の良い車に乗っているのでは?

■10個以下
もしあなたが旧車に乗っているのであれば、殆ど乗っていないのか、全くトラブルに見舞われることのない旧車とは思えないほど良い車に乗っているのか…旧車のある意味避けることのできないトラブルと無縁の車であれば幸せなのかもしれないが旧車の醍醐味を味わっていないのかもしれません。

「あるあるネタ」は探せばきりがない

ユダ会長 旧車

旧車を所有している(所有していた)人であれば、当てはまる項目がまったくないということはないはずだ。全30項目のなかで、いくつ当てはまっただろうか?他にも「あるあるネタ」は探せばきりがないほど出てくると思うが、今回はぱっと思いついてまとめたものばかり。こんな項目がスラスラと出てくる時点で、まっとうな生き方はできないのだろうな?と思ってしまう著者である。

[ライター・撮影/ユダ会長]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
ユダ会長

1995年より活動するHCC95(ヒストリックカークラブ95)の会長。18歳の頃から、「ユダ」というバンドで活動しながら(当時からユダと呼ばれていた)クラブの会長になったのが「ユダ会長」の由来である。HCC95は、1950年代の旧車~1970年代のスーパーカー等を中心に集めたクラブであり、関東全域を中心に活動中。毎月第三日曜日の午前中に集まるミーティングも恒例行事となっている。「JCCAニューイヤーミーティング」は19年連続出展。「お台場旧車天国」では、毎年120台をクラブ展示するなど様々なイベントに参加。また「かわさき楽大師 昭和まつり」では、第一回から15年間、大師公園において50台もの国内外の名車の展示およびパレードを行うなど、様々なイベントを企画運営も行う。ユダ会長個人としても、OldTimer誌(八重洲出版)、デアゴスティーニなどで連載中。http://www.hcc95.com/

記事一覧

関連記事