オッサンが欧州製スポーツカーに乗るのは“アリ”で、国産スポーツカーだと“若作りしている”と言われる謎

  1. ライフスタイル
  2. 2228 view

ボクがいつも思うことがある。
それは、いい年をしたオッサンが、欧州のスポーツカーに乗ると「いい趣味をしている」と言われたりするのに、日本のスポーツカーに乗っていると「若作りしている」となることだ。

想像してみて欲しい。
たとえば、中年男性がアルピーヌA110やポルシェ・ボクスターに乗っている姿を見るとどうだろう。
なんとなく優雅な生活を送っているように思えないだろうか。

逆に、中年男性がホンダS660や、シビック・タイプRに乗っていたらどうだろう。

「結婚せずにクルマにお金を突っ込んでいる」
「ほかにやることがないのかしらね」
「いい年して若い人が乗るようなクルマに乗って」

などと陰口を叩かれるに違いない。

オッサンが欧州製スポーツカーに乗るのは“アリ”で、国産スポーツカーだと“若作りしている”と言われる謎

クルマからは説明できない、何らかのオーラが出ているに違いない

これはいったいなぜなのか?

アルピーヌA110やポルシェ・ボクスターはシビック・タイプRに比較すると「地味」だからだろうか?

いや違う、とボクは思う。
実際に、シビック・タイプRよりも派手なフェラーリ488GTBや、ランボルギーニ・ウラカンにオッサンが乗っていると、「いい年して」と言われるどころか、「どこかの社長さんかしらね」と言われるのではないだろうか。

オッサンが欧州製スポーツカーに乗るのは“アリ”で、国産スポーツカーだと“若作りしている”と言われる謎

仮に、オッサンがコルベットやマスタングに乗っていたらどうだろう。
「すげえなあのオッサン」「オレも年を取ったらあんな風になりたいものだ」と思われるかもしれない。

となると、「派手なクルマだから」それにオッサンが乗っていて叩かれるわけではなさそうだ。

では「サイズ」だろうか。

これも違う、とボクは考えている。
たとえば、オッサンがフィアット500や、アバルト595に乗っているとしよう。
それを見てネガティブな印象を持つ人は少ないはずだ。

「今日は趣味のクルマの日なんだな」
「普段はメルセデス・ベンツにでも乗っているんだろう」
「昔はさぞかしヤンチャだったんだろうが、今は落ち着いたんだな」

と思われるかもしれない。
つまり、サイズが小さいクルマにオッサンが乗ると否定的に捉えられるわけではないし、派手な車だからといって「クルマバカ」だと思われるわけではない、ということだ。

オッサンが欧州製スポーツカーに乗るのは“アリ”で、国産スポーツカーだと“若作りしている”と言われる謎

しかし、日本のスポーツカーで、小さかったり、派手だったりするクルマに乗ると、世間はそのオッサンに対してあまりいいイメージを持たない。

こういった印象は、そのクルマのメーカーや、生産地や、価格を知らない人でも「同じように」抱くようだ。
つまり、人はそのクルマがどこの国のもので、いくらくらいで、何というメーカーが作っているのか知らない場合でも、「雰囲気で」判断するということになる。

そう考えると、欧州車はたとえ価格が安くとも「味」を出しているのかもしれないし、たとえ派手でも「落ち着いて」見えるのだろう。

そしてそれは、一種の「オーラ」と言い換えてもいいかもしれない。

オッサンが欧州製スポーツカーに乗るのは“アリ”で、国産スポーツカーだと“若作りしている”と言われる謎

オッサンは世間体を気にすると買いたいクルマも買えない

だから、一定の歳になってしまうと、「このクルマに乗るとちょっとミスマッチだな」と思うことがある。
そう、ちょうど若者が「こんなセダンに乗るとオッサン臭いかな」と思ってセダンを敬遠するのと似ている。

ボクはシビック・タイプRや、ホンダS660や、トヨタ86に乗りたい、と考えている。
心の底からそう思う。

だがしかし、そういったクルマに乗ったときの世間の目に耐える自信はない。

日本の自動車メーカーのデザイナーたちが、こういった意見に気づいてくれれば、もうちょっと日本のスポーツカー市場も(オッサンの購買によって)活性化するかもしれないな、と考える今日この頃である。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。運営しているブログ「Life in the FAST LANE.」http://intensive911.com/

記事一覧

関連記事