1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

  1. ライフスタイル
  2. 131 view

イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた。

正確に言うと、マラネッロのフェラーリ本社近くにある「ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ」、そしてフェラーリ創業者、エンツォ・フェラーリの生家を改装した「ムゼオ・フェラーリ・モデナ」の2つだ。

チケットの入手、交通手段について

この2つとも、フェラーリのオフィシャルによる運営となっており、チケットはオンラインにて、まとめて購入できる。

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

両施設ともに、クルマを使用すると30−40分程の距離がある。しかし、電車などは通っておらず、バスかタクシー、チャーター、レンタカーあたりがその主な交通手段だ。

今回の訪問において「レンタカー」の使用も考えたのだが、イタリアの標識は基本的にイタリア語だ。そしてボクはほとんどイタリア語ができない。
よって、「標識が読めずに、意図せずして違反してしまう」ことを避けるためにチャーターを選んだ。

バスやタクシーとしなかったのは、他にも行きたい場所があり、最短の時間でそれらの場所をまとめてまわりたかったからだ。

まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて

ボローニャに確保した宿までチャーターしたクルマに迎えに来てもらい、そこからムゼオ・フェラーリ・マラネッロへ。
おおよそクルマで40分程の行程だ。

フェラーリの本拠地へと近づくにつれ、フェラーリ関連のグッズを販売するショップやフェラーリをテーマにした飲食店、フェラーリのレンタカーを扱うショップが増えてくる。
標識に「MODENA」の表示が現れたとき、「いよいよここまで来たか」とボクは思った。

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲ここがムゼオ・フェラーリ・マラネッロだ。あいにくの雨である

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲スタッフは美男美女揃いだ。シミュレーターも置いてあるが、これはすぐに予約で埋まってしまうので、入館したらまっ先に予約しておこう

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲1Fにはフェラーリの希少な限定モデルが展示されている

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲フェラーリの歴代スペチアーレモデル(288GTO、F40、F50、エンツォ・フェラーリ、ラ・フェラーリ)が並ぶ

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲F12tdfやSAアペルタ、フェラーリ・クラブ・オブ・アメリカが発注した記念モデルもあった

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲2FにはF1マシンやエンジン、ステアリングホイールの展示がある

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲エンツォの執務室も再現されていた

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲新旧レーシングカーも勢揃い

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲このホールは圧巻だ。歴代のF1マシン、そしてトロフィーが展示され、各F1マシンのサウンドを聴くことができるブースも設置されている

簡単ではあるが、「ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ」はこんな感じだ。
フェラーリ・ストアやカフェも併設されており、一日いても飽きない「フェラーリの聖地」だと言える。
滞在時間はどんなに短くとも1時間は確保しておきたい。

スタッフは「あっちにもF1を置いてあるぞ!絶対に見て帰れよ!」といった感じで気さくに声をかけてくれたことも印象に残った。

フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ

ムゼオ・フェラーリ・マラネッロを見た後はフェラーリ本社前を通ってムゼオ・エンツォ・フェラーリへと向かう。
途中に「世界で二番目に大きい」と言われるフェラーリ・ストア(一番大きいものはフェラーリ・ワールド・アブダビ内にあるものだそうだ)へ寄り、本社や隣接するフェラーリ社の設備を簡単に見ることにした。
フェラーリ本社は残念ながらオーナーでなくては入ることが許されていない。

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲これがよくネット上の写真で見る、あのフェラーリ本社だ

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲こちらがその「世界で二番目に大きな」フェラーリストアだ

ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて

こちらがエンツォ・フェラーリの生家を博物館へと改装した、ムゼオ・エンツォ・フェラーリだ。
昔ながらの煉瓦造りの別館、そして近代的な本館という構成となっている。

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲入館するにはあらかじめインターネット経由で購入したチケットのナンバーを伝えればオーケーだ

ボクが訪問したときは、ハリウッド映画に登場したフェラーリをテーマにした展示がなされていた。
「マイアミ・バイス」「フェリスはある朝突然に」「カーズ」などが取り上げられ、フェラーリの登場シーンを集めたコンピレーション動画も上映される。

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲カーズ風のラッピングが施されたフェラーリF430

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲もちろん映画に登場したモデル以外のフェラーリも多数展示されている

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲フェラーリブランドではなくとも、エンツォに縁の深いクルマの展示も。これはトマシーマ3だ

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲フェラーリのエンジンを積んだパワーボートも置いてあった

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲こちらはレーシングカーとそのエンジンを中心とした展示。改装中であったが、快く中を見せてくれた

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲簡単だが、カフェもある

フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる

今回の「ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ」と「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」両方の訪問で感じたのは、フェラーリ・ファンの熱い情熱だ。
そこで働く人々はもちろんだが、訪問するファンの熱意も驚くべきものがある。

熱心にメモを取る人や、ひたすら車体をカメラに収める人、そして館内にてフェラーリよるムービーの上映が始まると直立不動の姿勢でそれを凝視する人など。
来場者の多くがフェラーリ・グッズを身につけていたことも興味深いところだ。

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

ボクはポルシェとランボルギーニに人生を捧げる覚悟を持つ身であり、つまりフェラーリファンではない。
それでもこれら博物館を訪れることで、自分の中にある種の変化が生じたことは間違いない、と考えている。

現在フェラーリは調査会社による「ブランド価値」でも自動車メーカー中トップであるが、その理由を垣間見た思いだ。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。運営しているブログ「Life in the FAST LANE.」http://intensive911.com/

記事一覧

関連記事