香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

  1. ライフスタイル
  2. 465 view

今日は、香港のクルマ事情について紹介したいと思う。
香港は古くからアジアの貿易拠点として発展してきたが、そのぶんお金持ちも多い。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

人口に対するロールスロイスの比率が最も高い地域は香港だと言われるし(数年前の統計だ)、パガーニが5台のみ製造した限定モデル「ゾンダ・チンクエ」も香港のパガーニディーラーがオーダーしたもので、ランボルギーニが本国以外に期間限定とはいえど「ランボルギーニ・ミュージアム」を開設したのも香港だけだ。

さらに「グンペルト」を買収して「アポロ」として再生し、0-100km/h加速が2.7秒を誇るスーパーカー、”アポロ・インテンサ・エモツィオーネ”を発表したのも香港の実業家である。

香港ではどんなクルマが好まれるのか?

香港を走るクルマたちは多種多様だ。
ただし、香港ではクルマ購入にかかる税金や、維持するための費用が高く、従って相当な収入がある人しか自分のものとして手に入れ、乗ることはできない。
「ちょっと無理をして」買えるという金額でもなく、従って香港でクルマを購入するような人々は「富裕層」であり、そういった人々がクルマを買うので、必然的に路上を走るのは「高級車ばかり」となる。※一番多いのはタクシーだが

同様の理由で「足代わりに」コンパクトカーを購入するという例も少なく、従ってそれらの数も非常に少ないようだ。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

香港ではスーパーカーが多い

香港はスーパーカー密度が高い。
基本的にスポーツカーやスーパーカーに対する理解が深く、街中は多くのポルシェ、ランボルギーニ、フェラーリで溢れている。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲体感的な印象だと、フェラーリよりもランボルギーニのほうが多いようだ

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲最新モデルも多く見られるが、中には過去のモデルを大事に乗っているオーナーも多い。こちらは空冷世代のポルシェ911だ

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲ミドシップ12気筒エンジンフェラーリ。1996年以降、フェラーリは通常モデルとしてミドシップV12モデルを作っていない

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲ランボルギーニ・アヴェンタドールもかなり多く見るスーパーカーのひとつだ

香港ではカスタムカーも多い

香港ではカスタムカーも非常に多く見かける。
もっとも多いと感じるのはポルシェ、BMW、メルセデス・ベンツ、アウディ、フォルクスワーゲン、ミニあたりだ。
このあたりは日本でも人気が高く、あまり違和感はない。

一方でランボルギーニやフェラーリ、アストンマーティン、ジャガー、ベントレー、ロールスロイスなどはカスタムされずに乗られていることが多く、ブランド間によって「クルマの捉えられ方」は大きく異なるようだ。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲ポルシェにはレーシーなカスタムが施されることが多いようだ

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲BMWはカスタム派に人気が高い

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲このケイマンはワイドボディキットが装着されている

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲”お約束”のポルシェ911×マルティニカラーだ

こうやって香港を走るカスタムカーを見ていると、ボクは一つの事実に気づく。
いずれもそのクルマのキャラクターをしっかり理解してカスタムしている、ということだ。
スポーツカーに対して運動性能に支障をきたすような改造をすることはないし、歴史のあるクルマやブランドに対し、無関係な自分の趣味趣向を反映させてピンクにラッピングすることもない。

スポーツカーはスポーツカーらしく、そしてポルシェ×マルティニのように、そのブランドのヘリテージを理解したカスタムを行う場合が大半で、これらは「真にそのクルマやブランドを理解している」ためだと考えられる。

香港では日本のミニバンも人気だ

反面、ミニバンをカスタムするオーナーは、それぞれの個性をクルマに反映させている。
これは日本でも同じ傾向が見られるが、ミニバンは「歴史」が浅く、レースにも参加することはないので、そのクルマの歴史をカスタムに反映させることができないからかもしれない。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲おそらくはガンダムを意識したカラーだと思われるが、これは秀逸だ

加えて、ミニバンのオーナーは「歴史」にとらわれない性質の人が多いのかもしれないし、そのボディ形状やイメージから来る「日常性」を排したいのかもしれない。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲ホイールも同色というところを見ると、おそらくはボディもラッピングではなくペイントによるカスタムだと思われる

つまり、スポーツカーのカスタムが「スポーツカーらしさ」を強調させることが目的であるのに対し、ミニバンのカスタムは「脱ミニバン」が目的であるかもしれず、同じカスタムでも目的がまったく異なる、ということだ。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲ハイエースもカスタムベースとして人気が高い

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲こちらは日産GT-R。もちろんミニバンではないが、日本車つながりということで紹介したい

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲日産GT-Rもまた、特定のイメージを持たないクルマであり、オーナーは自由にカスタムを楽しんでいるようだ

どんなところに行けば高級車やスーパーカーを見ることができるのか?

香港は狭い街だが、その中でもスーパーカーやカスタムカー、高級車が出没する地域はおおよそ集約されるようだ。

一方、カスタムされた日本車(ミニバンやスポーツモデル)だと、若者で賑わう「油麻地」で見かけることが多かった。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲ショッピングセンターの駐車場内は、スーパーカーの宝庫のようなものだ

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲高級ホテルだと「ザ ペニンシュラ香港」がオススメだ

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲ペニンシュラホテル専用のグリーンに塗られたロールスロイス・ファントムやミニ・クラブマンを見ることができるかもしれない

ボクがよくそれらを見かけることになるのは「高級ホテル前」「高級ショッピングモールの駐車場」「ネイザンロード」「広東ロード」といったところだ。
とくに週末、そして夜間になるほど出没率が高いように思う。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
JUN MASUDAJUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。運営しているブログ「Life in the FAST LANE.」http://intensive911.com/

記事一覧

関連記事