過去10年のフェラーリ/ランボルギーニ/マクラーレンの新車登録台数まとめ

  1. ライフスタイル
  2. 308 view

週末になると、あちこちでツーリングやオフ会が開催されたり、ここ最近、スーパーカーを見掛ける機会が増えてきたように思います。

そこで、JAIA(日本自動車輸入組合)webサイト「http://www.jaia-jp.org/」で公開されているデータで、過去10年間(2004年度〜2014年度)のフェラーリ/ランボルギーニ/マクラーレンの新車登録台数をまとめてみました。

マクラーレンは途中からの統計(モデルがなかったので)となりますが、今後、確実に増えていくのではないかと予想されます。

2004年度:フェラーリ[465台]/ランボルギーニ[160台]/マクラーレン[0台]

2005年度:フェラーリ[407台]/ランボルギーニ[148台]/マクラーレン[0台]

2006年度:フェラーリ[392台]/ランボルギーニ[188台]/マクラーレン[0台]

2007年度:フェラーリ[368台]/ランボルギーニ[138台]/マクラーレン[0台]

2008年度:フェラーリ[479台]/ランボルギーニ[126台]/マクラーレン[0台]

2009年度:フェラーリ[521台]/ランボルギーニ[85台]/マクラーレン[0台]

2010年度:フェラーリ[513台]/ランボルギーニ[72台]/マクラーレン[0台]

2011年度:フェラーリ[383台]/ランボルギーニ[193台]/マクラーレン[0台]

2012年度:フェラーリ[558台]/ランボルギーニ[148台]/マクラーレン[62台]

2013年度:フェラーリ[607台]/ランボルギーニ[193台]/マクラーレン[94台]

2014年度:フェラーリ[520台]/ランボルギーニ[207台]/マクラーレン[80台]

こうして数値で振り返ってみると、近年のフェラーリは年間500台前後、ランボルギーニが200台前後、マクラーレンが100台前後、年間に新車として登録されていることが分かります。

海外に流出したり、その他の要因で現存していない個体もあるかと思いますが、ちょっとした限定車並みに売れていることが分かります。特に都市部では生息数が多いのか、見掛ける頻度が高いことにも合点がいきます。

スーパーカーブーム世代の方が夢を現実にしているケースもあるかと思います。ポルシェやメルセデス・ベンツなどのドイツ車編、マセラティやベントレーなどの高級車編も機会を見つけてまとめてみたいと思います。

[ライター/江上透]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事