ランボルギーニ・ウラカンを4年間維持した結果、合計344万円の費用がかかっている

  1. ライフスタイル
  2. 1114 view

早いものでボクがランボルギーニ・ウラカンの納車されてから4年が経過した。
ボクが記録している範囲だと、その4年における費用は約344万円となっているが、つまりは「年間86万円」ということになる。

ただ、ここで注意を要するのは、この金額にはガソリン代、洗車用品やケミカル類の購入にかかった費用、コーティングに関わる費用が含まれていないということだ。

ランボルギーニ・ウラカン

スーパーカーの維持には年間100万円くらいは覚悟する必要がある

まず、1年目から4年目までの維持費だが、おおよそ下記のとおりだ(繰り返しになるが、ガソリン代や、洗車/コーティングつまり美化に関わる部分は含まれていない)。

・1年目:964,621円
・2年目:822,500円
・3年目:703,136円
・4年目:952,260円

ここでざっと、それぞれの内容を見てみたいと思う。

1年目の維持費詳細はこうなっている

まず、1年目の維持費の内訳を記してみた。

・12ヶ月点検・メンテナンス・・・121,050円
・自動車税・・・88,000円
・任意保険・・・244,320円
・カスタム費用・・・511,251円

これらを合計すると964,621円ということになるが、ここでかかった費用の大半は「カスタム費用」だということもわかる。
納車一年目については、予定していたカスタムも多く、それらを実行したためにこの部分が大きく膨らんでいる。
内容としては「オーディオインストール」が大半だ。

2年目の維持費詳細はこうなっている

そして2年目の内訳だ。
メンテナンス費用が若干高くなっているが、これはランボルギーニが定めるチェック項目が1年目に比べて増えているためだ。

ランボルギーニは期間ごとの点検内容を細かく定めているが、当然ながら年を経るごとにその点検項目は多くなり、交換が推奨されるパーツも多くなる。

・12ヶ月点検・メンテナンス:167,000円
・自動車税:88,000円
・任意保険:182,850円
・カスタム費用:385,000円

相変わらずカスタムにも費用を投じているが、これはランボルギーニが毎年「純正オプションパーツ」を拡充してくるためで、ついついそれらを購入してしまうためだ(もちろん、これもランボルギーニの周到な戦略のひとつだ)。

話は逸れるが、純正オプションパーツのほか、そのクルマの発売直後はサードパーティー製のカスタムパーツが少ない。しかし時間が経てば、各チューナーやショップから相次いでパーツが発売されて充実してくる。さらに、スーパーカーミーティングに参加すれば、格好良くカスタムされた他のクルマに刺激され、なにかと自分のクルマもカスタムしたくなる。

よって、こういった「予定外の」出費は覚悟する必要があり、かつスーパーカー向けのカスタムパーツは非常に高額であることも腹をくくっておかねばならない。

ランボルギーニ・ウラカン

3年目の維持費詳細はこうなっている

3年目は「恐怖の」車検があったため、ここで相当なコストがかかっている。
ここで交換したパーツ類については、(パーツにもよるが)1~3年ほどは交換せずに済むものがあり、「先行投資的」な意味合いも含んでいる。
一方でカスタムが一段落したため、この部分のコストは安くあがった。

・車検・メンテナンス:418,000円
・自動車税:88,000円
・任意保険:182,850円
・カスタム費用:14,000円

4年目の維持費詳細はこうなっている

そして4年目だが、合計金額としてはもっともコストが高い。
その内訳を見ると、12ヶ月点検とメンテナンスが615,000円という額となり、これは車検よりも高額だ。

・12ヶ月点検・メンテナンス:615,000円
・自動車税:88,000円
・任意保険:151,760円
・カスタム費用:97,500円

この理由としては、「前後タイヤを交換した」ことが主なものだが、スーパーカーは前後タイヤに掛かる負担が大きく、たとえ「すり減っていなくとも」、フロントタイヤのサイドウォールに負担がかかってクラックが入っていたり、リアタイヤだとエンジンに近い「内側」が熱の影響を受けて劣化する、という独特の現象が発生する。

ランボルギーニ・ウラカン

以上が、ランボルギーニ・ウラカンを新車で購入し、4年間維持してみたコストだ。
スーパーカーは通常のクルマに比較すると「想定外の」様々な負荷がかかることになり、通常のクルマよりもパーツの劣化速度が早く、かつパーツも高価だ。

しかし、「まだ大丈夫だろう」と思って交換を先延ばしにしていると、思わぬトラブルや事故を起こすことになり、パーツ交換費用の何倍、何十倍といった出費を強いられることがある。

そのため、スーパーカーの維持においては、信頼できるショップ(ボクは正規ディーラーを強くオススメする)での点検、そして早めのパーツ交換がなにより重要だ。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。運営しているブログ「Life in the FAST LANE.」http://intensive911.com/

記事一覧

関連記事