ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

  1. ライフスタイル
  2. 384 view

「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。
ラグジュアリーなことで知られ、権威ある専門誌からも「香港における最高のホテル」という評価が与えられている。

ザ・ペニンシュラ香港とは

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲これがザ・ペニンシュラ香港だ。成り行きでこんな高級ホテルに泊まることに

しかし、ボクらクルマ好きにとっては、そういった歴史よりも、「ザ・ペニンシュラ香港が保有している車両」のほうが有名かもしれない。
そう、ザ・ペニンシュラ特別仕様のロールスロイスである。

ザ・ペニンシュラ香港は長きにわたり、ロールスロイスをその宿泊客の送迎にと供してきた。
古くは1934年のロールスロイス・ファントムⅢ(なんと今も現役だ!)にはじまり、現在の布陣は14台のロールスロイス・ファントムEWB(エクステンデッド・ホイール・ベース)を中心とした二十数台のロールスロイスたちが担っている。
それらロールスロイスは、もちろんロールスロイス本社に特注し、専用に製造されたものだ。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲これがザ・ペニンシュラ香港仕様のロールスロイス・ファントムEWBだ

なお、宿泊客の買い物用にと2台のミニクーパーSクラブマン(一定グレード以上の部屋でないと貸してくれないそうだ)、トヨタのミニバン(おそらくアルファードだと思う)も数台保有しているが、ザ・ペニンシュラが持っているすべての車両は通称「ペニンシュラ・グリーン」に塗られている。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲こちらがそのクラブマン。季節やイベントによってラッピングが変化するが、これはクリスマス仕様となっている

正式名称は「ブリュースターグリーン」と呼ばれるということだが、このカラーはペニンシュラ専用に調合され、いずれの自動車メーカーにとっても、ほかの顧客向け車両に対して用いることは許されないそうだ。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲画像の右あたりにザ・ペニンシュラ香港仕様にカスタムされたトヨタのミニバンが見える。内装はタンレザーだ

参考までに、同じ「ザ・ペニンシュラ」であっても、ロールスロイスを必ず用意しているわけではない。
経験上だが、ザ・ペニンシュラ上海はメルセデス・ベンツSクラス、ザ・ペニンシュラ・マニラはBMW 7シリーズを使用しており、その意味でもやはりロールスロイスを採用している「ザ・ペニンシュラ香港」は別格だと言える。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲ホテル前には高級車が溢れている

そんな格式高いザ・ペニンシュラ香港であるが、なぜか今回ボクはここに宿泊することになった。
そして、「あの」ロールスロイスに乗ることになったので、その様子をレポートしてみたいと思う。

香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが

イキナリだが、ボクは香港国際空港に到着した。
飛行機を降りると、すぐに航空会社の係員が二名、(ボクの名が記載されたカードを持って)待機している。
ボクが自分の名前を告げると、係員は電動カートを回してくれた。
こういったカートで、これに乗って入国審査場まで移動するらしい。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲残念ながら、こちらのカートはロールスロイス製ではない

いつもであれば飛行機を降りてから自分の足で通路を歩き、動く歩道に運ばれ、エスカレーターを降りて、さらにトラムに乗るという長い道のりを行かねばならない。
しかし今回は違う。こうやってボクは電動カートで楽々移動しているのだ。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲係員の運転にて入国審査へと向かう

ただ、よくよく考えるとここは空港の中であり、まだ香港へと入国はしていない。
なのに、こうやって早くもザ・ペニンシュラ香港の送迎サービスによる恩恵を受けているということを考えると、ザ・ペニンシュラの持つ力は相当に大きい、ということなのだろう。
空港内の移動サービスは航空会社に委託しているということはなるが、なんといっても飛行機から一歩出た瞬間から特別扱いである。

この後、ボクは無事に香港への入国を済ませるが、そこにはザ・ペニンシュラ香港のスタッフが待っていた。

ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲ザ・ペニンシュラ香港のスタッフはビシっとスーツを着ていて、ボクの荷物を受け取ると「リムジンラウンジ」と記載された出口へと案内してくれた。ここは送迎専用に使用する通路のようだ

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲建物を出ると、目の前に車寄せがある。その車寄せを、ゆっくりと近づいてくる一台のロールスロイス・ファントム

ロールスロイス・ファントムEWBのボディサイズは全長6,090ミリ、全幅1,990ミリ、全高1,655ミリ。ホイールベースに至っては3,820ミリもある。
この「全高1,655ミリ」というのはなんとSUVであるレンジローバー・イヴォークよりも高い。
ボクの印象としては、「(メルセデス・ベンツやBMWなどの)セダンを、縦横高さそのままの比率を保って、120%くらいに拡大した」というものだ。すべてが大きい。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲目の前でピタリと停まるロールスロイス・ファントム

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲さあどうぞ、とドアを開けてくれる

ボクのスーツケースはポルシェとリモワとがコラボした特別製だ。
ポルシェ911やボクスター/ケイマンのフロントトランクにジャストフィットするように作られたもので、2005年にポルシェ911を購入したときからずっと使用している。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲運転席はこうだ

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲冷蔵庫もある

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲ドア内張りはこうなっている。いたるところに磨き抜かれたクロームの加飾が施されているが、シートレールに至るまで同様の処理がなされているのには驚かされる

ルーフ内張りは「スターライト」オプションが装着されているが、昼間なのでわからない(そもそも昼は点灯させるものではないのだが)。
これは光ファイバーを使用し、天井が「満点の星空のごとく」幻想的にきらめくものだ。
オプション価格は70万円ほどだ、と聞いたことがある。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲足元は異常に広い。これだと背の高い欧米人でも窮屈に感じることはないだろう

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲ウール製のカーペットは毛足が長く、柔らかだ。思わず靴を脱ぎたくなる

とにかくロールスロイス・ファントムEWBの後席は快適だ。
最新型が発表された際に「完全に外界とは切り離された世界を実現した」とロールスロイス社からの発表があったが、ひとつ前の世代においてもその表現がぴったりだ、とボクは思う。
「魔法のじゅうたん」といわれる表現に嘘偽りはない。

ロールスロイスは現在BMWグループに属するが、正直言うとBMW 7シリーズとはまったく乗り心地は異なる。
両者にパーツ含めて共通性はないと言われるものの、BMWにもロールスロイスの(乗り心地に関する)ノウハウを多少なりともフィードバックさせれば、BMWはすぐにでも高級サルーンセグメントでトップの座を勝ち取れるだろう、と感じたほどだ。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲なお、USB充電器はBMW製だった

数十分の乗車を経て、ザ・ペニンシュラ香港へ到着した。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲ほとんどの宿泊客は大量のスーツケースとともに到着する

同時に何台ものロールスロイスが宿泊客を乗せてホテル前に到着したが、「小さなスーツケースひとつで」やってきたのはボクひとりのようで、改めて「場違いな自分」を感じた瞬間でもある。

香港のクルマ事情を見てみよう

香港は比較的、クルマに対する愛が深い地域だ。
ランボルギーニが本国以外で初めてその博物館を(期間限定であったけれど)開いたのは香港だったし、パガーニ・ゾンダ“チンクエ”はもともと香港のパガーニ・ディーラーの発注によるものだ。
最近だと破綻した(元ドイツの)グンペルトを買収し、「アポロ」としてよみがえらせたのも香港の投資家である。

新しいモノが好まれるため、魅力的な新型車が登場するとすぐに路上で見かけることも多い半面、飽きっぽいのか「製品に本質が伴っていないと」すぐに見限られてしまうのも香港市場におけるひとつの特徴だ。

そんな香港のクルマ事情であるが、画像にてその一部を紹介してみたい。

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲比較的ランボルギーニは多い

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲鮮やかなボディカラーが好まれるようだ。ホワイトやブラックのボディカラーは香港のランボルギーニには少ない

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲もちろんフェラーリも多い。あらゆる世代、あらゆるモデルが存在するかのようだ

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲GT-R人気も高いようだ。そしてほとんどのGT-Rはカスタムされている

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲日本車の改造も非常に人気が高い。これはガンダムっぽいカラー

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲こちらはホンダ・オデッセイだ。ホイールもボディ同色にペイントされている

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲メルセデスAMG GT。香港では比較的スポーツカーが好まれるようだ

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲ベントレーの人気も高い。そしてピンクは香港ではポピュラーだ

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲テスラはモデルS/モデルXとも相当な数が走っている。EVに対する数々の優遇政策が奏功しているようだ(この政策は現在終了している)

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲ポルシェも多い。カイエン、パナメーラ、911、ボクスター/ケイマンの順に目にする機会が多いようだ。このケイマンはかなりハードにカスタムされている

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲ミニもポピュラーな車種のひとつ

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲トヨタ・ハイエースも多い

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲そしてハイエースのカスタムが強烈なのも特徴だ

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲マイバッハもよく見かける

ザ・ペニンシュラ香港 ロールスロイス・ファントムEWB

▲こういった雑多な街並みの中にマイバッハが駐車されているのは香港ならではの風景なのかもしれない

いかがであっただろうか。
香港は色々な意味で日本とは異なるクルマ文化を持っているが、クルマに対する理解や愛情は日本や欧米に劣らない、とボクは感じた。

週末の高級ホテル前、そしてブランドショップが並ぶ繁華街にはこういった高級車やスーパーカーが大挙して押し寄せる地域、それが香港だ。
自動車ディーラーも一定のエリアに集中しており、まとめて訪問することもできる。
日本からもほど近く、香港は自動車好きにとっては意外な「穴場」と言えるのかもしれない。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。運営しているブログ「Life in the FAST LANE.」http://intensive911.com/

記事一覧

関連記事