突如、彼女や妻に「オレ、ランボルギーニ買う」と言ってみたら?

  1. ライフスタイル
  2. 2815 view

「オレ、ランボルギーニ買うことにした」。

突然、彼女や妻にそう言ってみたとしたらどうだろう。
おそらく彼女だったら「そんなお金あるの?私との結婚はどうするの?」と言うかもしれない。
妻であれば、「生活どうするの?」といった反応が妥当だと考えられる。

おそらく彼女らはランボルギーニの価格は知らないだろうが、「とんでもなく高い」ということを何となく理解しているはずだ。
だから、否定するよりもまず、不安を感じることになるだろう。

突如、彼女や妻に「オレ、ランボルギーニ買う」と言ってみたら?

現実的な選択肢を迫られることだってある

そして、場合によっては「ランボルギーニではなくミニバンにしろ」と言われるかもしれない。
金額だけではなく、子供のことを考えると現実的にはそう言われても仕方がない。

だが、ぼくはここで女性たちに対し、声を大にして言いたいことがある。
男性が何かを志したとき、それを否定するのではなく、認めてあげてほしい、と。

たとえば、「ランボルギーニを買う」と彼氏や夫が宣言したとする。
しかし今はそのお金はない。
それでも彼らの意思が強固であれば、なんとかしてお金を作るはずだ。

今の世の中、お金を作る方法はいくらでもある。
仕事の他に動画配信を始めてもいいし、ブログをはじめてアフィリエイト広告を貼るのもいい。
仮想通貨も選択としては悪くない。

突如、彼女や妻に「オレ、ランボルギーニ買う」と言ってみたら?

だから、今は無理でも、この先なんとか夢を実現しようとしている男性に対し、「無理」と否定したり、「ミニバンにしろ(※ミニバンは現実の比喩だ)」と言うことはやめてほしい、とボクは思う。

もし否定すると、そこでその男性は将来に渡り努力を放棄するかもしれない。
「どうせ好きなクルマも買えないんだったらお金を稼いでも無駄だ」と悟ってしまい、仕事も適当に、毎日スマホでゲームに課金したり、動画を見て過ごすだけの男になってしまうかもしれない。

だが、もし仮に、だ。
その男性の決断を尊重し、男性に頑張らせてみたらどうだろう。
今は年収450万円でも、ランボルギーニを買えるだけのお金を稼ぐようになる可能性だってあるわけだ。

人は無限の可能性を持っている

ボクは、人には無限の可能性があると信じている。
何かを成し遂げようと思えば、なんだってできると考えているのだ。
事実、ボクはそうやってランボルギーニを買った。

世の女性たちも、自分の彼氏や、夫がランボルギーニを購入できるだけの財力を身につけた人物になったほうがいいとは思わないだろうか。

突如、彼女や妻に「オレ、ランボルギーニ買う」と言ってみたら?

もし、「安価なクルマだけ買っておけばいい」と男性を押さえつけてしまうと、その人はそれに応じた稼ぎにとどまるかもしれない。
だが、「ランボルギーニを買う」と決めて行動すれば、その男性は無駄遣いもしなくなるだろうし、何かお金を稼ぐ方法を考えるはずだ。

そして、無謀にも「ランボルギーニを買う」と言いだす男性はきっと、ポテンシャルを秘めている(はずだ)。
なぜなら、普通の人では考えもしないことを自分ができると信じているからだ。
そういった人は、何かを成し遂げる可能性も高い(はずだ)。

だから、その男性を支えて欲しいとまでは言わない。
せめて否定せずに、好きにさせてやってはどうだろう。

「オレ、ランボルギーニを買うことにした」。

そう彼氏や夫が宣言したとき、「買えるだけのお金を稼げるなら買えば」程度の斜に構えた態度でも構わない。
無限の可能性を秘めている彼らをせめて、否定だけはしないでほしい、と切に願う。


[ライター・撮影/JUN MASUDA]

JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。運営しているブログ「Life in the FAST LANE.」http://intensive911.com/

記事一覧

関連記事