今年、成人した娘を持つクルマ好きの父親より、小さいお子さんがいるお父さんたちに伝えたいこと

  1. ライフスタイル
  2. 99 view

個人的なことで恐縮だが、今年、娘が成人式を迎えた。あっという間だった気がするし、正直いって長かったような気持ちもある。とりあえず、父親としての役目はある程度果たせたのかなと思う反面、一抹の寂しさがあることも否めない。成人式というひとつの区切りを迎えたことで、幼い娘と過ごした時間はもう2度と戻ってこないという現実に直面してしまったからだ。

ryoshr
そこで、記憶が鮮明なうちに、この場をお借りして「今年、成人した娘を持つクルマ好きの父親より、小さいお子さんがいるお父さんたちに伝えたいこと」をまとめてみることにした。娘を持つお父さん向けであることはもちろんだが、息子さんでももちろんいいし、これから父親になろうという人にもぜひ読んでいただきたいと思う。
*古い画像のため低解像度のものも含まれているが、そこはご容赦いただきたい

我が娘が小さいときにどこに出掛けたか振り返ってみた

ryoshr

娘が小さいとき、特に小学校に入る前は、毎週末のようにどこかへ連れて行っていたように思う。すぐ近くの公園だったこともあったし、ショッピングモールにも連れて行った。渋滞が苦手だったこともあり、実は観光地や遊園地などにはあまり連れて行っていかなかった。渋滞が苦手というのは、クーラーがなかったり、クラッチを踏む左足が疲れたり、水温や油温に気をつけなければならないクルマに乗っていたことが原因で、特に気が短かったというわけではない。

当時の筆者は20万kmオーバーのオデッセイ(RA1)や旧いポルシェ911や、空冷ワーゲンに乗っていたので、子供を乗せてもまったく不安がないとは決して言えない時期の方が長かった。メルセデス・ベンツEクラス(W124)になってからも、夏場は水温が高く、ヒヤヒヤしたものだ。

そんなクルマが集まるイベントには、娘が歩き出す前から連れて行っていた。今回、娘が成人となり、家を出たというタイミングでもあったので、自分(父親)とクルマの思い出を聴かせてくれと指令(?)を出したところ、しぶしぶ送られてきた文面の冒頭がこんな感じだった。

娘から送られた文面(抜粋)

ryoshr
「私は、上履きを自分で洗ったことがほとんどありません。父が、土日にかならず洗車をするので、その時いっしょに洗ってくれるからです。空が青くて、ぴかぴかの車とぬれた上履きが並んでいるのが、いつもの休日でした。そして、きまって車でラーメン屋さんや、ホームセンターかコストコへ行って、ツタヤに寄ります。そうやってなんとなく過ごしていると、いつも宿題やピアノの練習を全然やっていなくて、でも、そういうものだったし、それでどうにかなっていたし、それがなんとなくいつも楽しかった気がします。」

ryoshr

どんなクルマだったか、なんてことはまったく触れていない。それはつまり、彼女にしてみれば車種なんてどうでもよくて「洗車してクルマがキレイになり、どこかへ走りに行きたくなってしまった父親に連れ回された」という記憶が鮮明に(?)残っているらしい。どんなクルマでどこへ行ったか、というよりも、旧かったり故障しがちだったクルマが、洗車してキレイになって出かけることがなんとなく楽しいと思ってくれていたようだ。

幼少期にクルマに乗ったとき記憶していることとは?

ryoshr

その後に続く文書の引用は娘から許可が出なかった。そのため、筆者の感想だけになってしまうことをご容赦いただくとして、実際には遠く離れた親戚の家にも行ったし、有名な遊園地にも一通り行った。しかし、娘から送られてきた文面には、そんなことはひとつも触れていなかった。もしかすると、遊園地に行ったとき、筆者は移動中に運転しているときの方が機嫌がよかったのかもしれない。ひょっとしたら、アトラクションの行列で仏頂面をしていたのを見られてしまったのかもしれない。

ということから考えると、子どもたちは、どこへ行ったかとか、どんなクルマだったかというハードウエアよりも、『クルマに一緒に乗っている家族と笑ったりおしゃべりしたり、一緒に寝てしまったり』ということの方が記憶に残っているようだ。
ryoshr
だから、どんなにクルマの調子が悪かろうと、クーラーが効かずに暑かろうと、ちょっと異音が聴こえようとも、すぐそこの公園でもいい、家族で一台のクルマに乗って出かけるべきだ。それは子どもにとって、実はそこそこいい思い出となり、記憶に残るものになるようだ。長時間渋滞に並んだり、車内でDVDを観たりなんてことは、実はあまり記憶に残らず、人間同士の触れ合いが大事なのではないかとさえ感じてしまった。

また、彼女が詳しく書いてくれたのは、後部座席に寝転んだ時にサイドウインドウやリアウインドウを通して眺める風景と、運転席と助手席にいる両親の姿に囲まれている情景だった。彼女が小学校の後半から高校2年まで、ウチは2ドアクーペだったのだが、彼女は大きなドアを開け、フロントのシートを倒し、リアシートへ「もぐりこむ」感じだったこともあり、その風景をいつも眺めていたようだ。トンネル、夕焼け、電線、雲、空など、窓の向こうの色彩と追加でつけていたスピーカーの音と、両親の姿というのがクルマに関する思い出とのことだった。

今年、成人した娘を持つクルマ好きの父親より、小さいお子さんがいるお父さんたちに伝えたいこと

ryoshr

うちの娘が特別な子ではないので、小さいお子さんのいるドライバーの皆さんへアドバイスしたいことはたったひとつ。近場でも構わないので、できるだけ家族みんなでクルマに乗ってでかけた方がいいということをお伝えてしておきたい。

大事なことは行き先でも車種でもなくて、「家族一緒」だということ。そして、いつか一緒にお風呂に入ってくれなくなったとしても、家族でのドライブだけはできるだけ長く続けた方がいいということだ。
ryoshr
余談だが、先日の成人式も、雨の中、家族で出かけたことも思い出になったようだ。実はこのとき、代車の青いデミオだったのだが、そんなことは娘にとってどうでも良かったんだと思う。

[ライター・撮影/ryoshr]

ryoshr

若い頃から空冷VWを楽しむ自称「クルマ好きのおっさん」。IT企業に勤務している知識を活かして、1990年代にナローポルシェをインターネット経由で個人輸入してしまう。その後は軸足をクルマへ移行させ、ついには自動車輸入販売の会社を始めたが、うまくいかず早々にIT業界に戻る。クルマそのものだけではなく、同じ趣味の仲間とのコミュニケーションも大切にしている。ネットとクルマの狭間でもがき続けるが、現在は某IT企業のサラリーマン。現在の反省車は17年落ちの白いセルシオ。久しぶりに道路の突起物を気にして走るクルマを楽しんでいる。

記事一覧

関連記事