クルマと腕時計好きはオーバーラップする?自動車メーカーと提携している腕時計メーカーとは

  1. ライフスタイル
  2. 1098 view

今回はちょっと趣向を変え、腕時計の話をしてみたい。
ボクの知る限りでは、クルマ好きは「腕時計好き」である可能性は高い方という印象を抱いている。

両者はまったく異なる製品ではあるが、精密に動作する機械であることや、ガラスと金属、樹脂の集合体であったりという共通項も多い(必ずしもそれらの素材を使用しているとは限らないが)。

スーパーカーメーカーと腕時計メーカーとのコラボレーションにはこういったものがある

そういった傾向があるためか、自動車メーカーも腕時計メーカーとパートナーシップ契約を結ぶことが多く、限定モデルもしくは定番モデルとして、「コラボレーション腕時計」を発売していることも多いようだ。

ここでそれらの例をいくつか取り上げてみたいと思うが、やはり有名なのは「ウブロとフェラーリ」だろう。
それまでフェラーリは「パネライ」と提携していた時期もあったが、2011年よりウブロとパートナーシップ契約を締結した(画像は”オーシャノグラフィック”。フェラーリとのコラボモデルではないが)。

クルマと腕時計好きはオーバーラップする?自動車メーカーと提携している腕時計メーカーとは

以降、ウブロは様々な「フェラーリとのコラボモデル」を精力的に発表しており、ウブロの定番モデルである「ビッグバン」のフェラーリバージョンにはじまり、ラ・フェラーリをイメージした「MP-05」、2018年にフェラーリが70周年を迎えた際にも限定モデルの腕時計をリリースするなど、今や切っても切れない関係を構築している。

そのデザインもフェラーリそのもの、もしくはパーツを模したものが多く、かなりな特別感を持つようだ。
事実、フェラーリオーナーの「ウブロ装着率」はかなり高い。

そしてフェラーリと同じく、スーパーカーメーカーのランボルギーニは「ロジェ・デュブイ」と提携関係にある。
ランボルギーニは2017年に、それまでのパートナーであったブランパンとの提携を解消し、新しくロジェ・デュブイとの協力関係を発表した。

クルマと腕時計好きはオーバーラップする?自動車メーカーと提携している腕時計メーカーとは

現在では主力モデル「エクスカリバー」をベースに、アヴェンタドールS、ウラカン、ウラカン・ペルフォルマンテといった、ランボルギーニ各モデルの名を冠した腕時計を発表している(そのうち、”ウルス”モデルも発売されることだろう)。

ランボルギーニはエクストリームなデザインで知られるが、同様の外観を持つ「エクスカリバー」はコラボレーションアイテムとして「ぴったりだ」とボクは考えている。

そしてマクラーレンのパートナーは「リシャール・ミル」である。
リシャール・ミルは「腕時計界のF1」とも表現され、それはハイグレードな素材や妥協のない製法に由来するが、それはマクラーレンの哲学にも合致しており、これほどマッチしたパートナーシップもほかに無いだろう(こちらの画像も、マクラーレンとのコラボモデルではなく、リシャール・ミルのシングル。

クルマと腕時計好きはオーバーラップする?自動車メーカーと提携している腕時計メーカーとは

このあたりが「スーパーカーメーカーと腕時計メーカーとのコラボ」であるが、「スーパーカーを買えなくても、腕時計くらいなら・・・」と考えるかもしれない。

だが、現実はそう甘くはない。
フェラーリとウブロとのコラボレーションによるMP-05は6000万円くらいだし、70周年記念モデルも2000万円以上のプライスタグを提げている。
ぐっと買いやすい、チタン製のクラシック・フュージョンですら230万円という値付けだ。

そして、ロジェ・デュブイとアヴェンタドールSとのコラボモデルは2400万円を超えるし、ウラカンとのコラボ腕時計でも800万円以上である。

マクラーレンとリシャール・ミルとのパートナーシップによって開発された腕時計は1億3000万円、安いものでも2300万円の出費は覚悟せねばならない。

このあたりはなかなかに辛い現実となってボクらの前に立ちはだかる。

そのほかにも自動車メーカーと腕時計メーカーとのパートナーシップは多い

そのほかのコラボレーションを挙げておくと、「ベントレーとブライトリング」「ブガッティとパルミジャーニ・フルリエ」「マセラティとブルガリ」「日産(GT-R)とセイコー」「アルピーヌとTISSOT」「レンジローバーとゼニス」「メルセデスAMGとIWC」「アストンマーティンとタグホイヤー」「ルノー・スポールとベル&ロス」「ポルシェとショパール」という例もあるようだ。

クルマと腕時計好きはオーバーラップする?自動車メーカーと提携している腕時計メーカーとは

いずれも安価ではないが、自分が好きな自動車メーカーの名を冠した腕時計を、頑張って手に入れてみるのもいいかもしれない。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。運営しているブログ「Life in the FAST LANE.」http://intensive911.com/

記事一覧

関連記事