モーターショウのクルマの横にキレイな女性は必要か?

  1. ライフスタイル
  2. 321 view

自動車やバイクのイベントになると、どうしても傍らに美しい女性がいないと「画にならない」と考えられているのか、必ず薄着のお姉さんがいらっしゃるのがイマイチ釈然としていない。

ストレートにクルマと女性の話だと、雑念(?)が邪魔をして冷静に読めなくなる読者もいるかもしれないと想像して、今回は童話仕立てにした(笑)。「みんな大好きなもののシンボル」としてのカレーと、「トッピング」としてとして欠かせないラッキョウを例えしている。もちろん、女性軽視の話でないことはおわかりいただいている…という前提で読み進めていただきたい。

昔は・・・

モーターショウのクルマの横にキレイな女性は必要か?

昔むかし、世界中のカレーライスを集める「東京カレーショウ」があったとさ。昔は純粋にカレーの見た目と材料の素晴らしさと調理方法を見せて、世界のカレーファンたちを楽しませていた。ファン達は実際に食べることがかなわないような世界のカレーを目の前にしてその姿を目に焼き付け、自分のカメラに納めたりしていた。

ラッキョウ台頭のはじまり

モーターショウのクルマの横にキレイな女性は必要か?

ある頃からカレーと同じお皿にラッキョウがのるようになったとさ。茶色いカレーの横に白いラッキョウがあるのはいいアクセントと感じる人もいたし、実際にカレー好きたちは他の食べ物が好きな人に比べてラッキョウが好きの割合が高いということはよく知られていたし、実際にカレーとラッキョウのマリアージュに反論する人は少なかったように思う。

しかし、ある頃からラッキョウのウエイトが高くなってきた。徐々にではあったが、長い目で見れば少しずつラッキョウに注目が集まるようになった。これは、出展者側が特別ラッキョウを推してきたわけではなく、周囲の取り上げ方の問題と考えている。特にインターネットネットの速報記事では、新しいカレーと同じかそれよりも大きなウエイトでラッキョウのランキングを掲載されたりするようになった。これに影響され、特にカレー好きではないが、カメラとラッキョウを愛する人たちがカレーショウに集まるようになってきた。つまりは「カレーよりもラッキョウそのものが目当てであり、目的」という人たちだ。そして、ラッキョウ業界でも、どのカレーの皿に載ったか、ということで大きくステイタスを上げたラッキョウもいたようだ。

東京カレーサロンでは寛容?

モーターショウのクルマの横にキレイな女性は必要か?

大手メーカーのカレーをそのまま食べる「東京カレーショウ」ではなく、独自のトッピングや隠し味を加えることを競う「東京カレーサロン」の場合、もう少し以前からラッキョウの存在は比較的前面に出てきていたようだ。そこは、もともと比較的ジャンクな(失礼!)な食べ物ということもあり、ラッキョウの存在感は容認されてきたようだった。

モーターショウのクルマの横にキレイな女性は必要か?

東京カレーサロンのラッキョウたちは、東京カレーショウのラッキョウに比べ、妖艶でさらに薄い皮をまとっており、その存在の主張具合はカメラ好きな少年たちにはたまらないものとなってきたようだった。最近ではさらにラッキョウ度が高くなり、すでにラッキョウサロンの添え物にカレーが並んでるのではないかと思うほどの状況と聞いたこともある。純粋に独自トッピングや隠し味を持ったカレーを純粋に楽しみにしていた人々の足が遠のいたことは否めない。

価値観の多様化の容認

モーターショウのクルマの横にキレイな女性は必要か?

話をカレーショウに戻す。純粋にカレーを愛し、古くからの愛好者の中にはラッキョウの台頭を好ましく思っていない人がいることもカレーメーカーには理解して欲しい。例えば、ラッキョウなしのコーナーを作って、そこにもカレーを展示するなど、価値観の多様化に答える展示をお願いしたい。ラッキョウをまったく無くなどという主張に説得力があるとも思えず、また、ラッキョウも一緒に楽しみたいという人もいることは許容している。ラッキョウきっかけでカレー好きに転じる人がゼロでないなら、ラッキョウも悪くない。

モーターショウのクルマの横にキレイな女性は必要か?

歯切れが悪い主張になってしまったが、最後にキレのあることを書いておくと、筆者はラッキョウも大好きだ(笑)。それは多くの読者も同じではないだろうか?

[ライター/ryoshr 撮影/江上透]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
ryoshr

若い頃から空冷VWを楽しむ自称「クルマ好きのおっさん」。IT企業に勤務している知識を活かして、1990年代にナローポルシェをインターネット経由で個人輸入してしまう。その後は軸足をクルマへ移行させ、ついには自動車輸入販売の会社を始めたが、うまくいかず早々にIT業界に戻る。クルマそのものだけではなく、同じ趣味の仲間とのコミュニケーションも大切にしている。ネットとクルマの狭間でもがき続けるが、現在は某IT企業のサラリーマン。現在の反省車は17年落ちの白いセルシオ。久しぶりに道路の突起物を気にして走るクルマを楽しんでいる。

記事一覧

関連記事