レストモッドは「罪」なのか?では、オリジナルに忠実なことが正義なのだろうか?

  1. ライフスタイル
  2. 59 view

最近、「レストモッド」という言葉を耳にしたことがあるかもしれない。
これは「レストア」と「モディファイ」をかけあわせたもので、つまりは「レストアついでにモディファイしてしまう」というものだ。

ポルシェが自らレストモッドの手本を示した

ポルシェは今年、自動車メーカーとしての活動を開始してから70周年、という大きな節目を迎えた。

レストモッドは「罪」なのか?では、オリジナルに忠実なことが正義なのだろうか?

そこで今年は様々なイベントが開催され、数々のプロジェクトも進行中だが、空冷ポルシェファンが注目したのが「プロジェクト・ゴールド」だろう。

これは、ポルシェが993世代の空冷911ターボを「レストモッド」するというプロジェクトであり、ポルシェはこれに対して大々的なプロモーションを行っている。

ポルシェはこれまでも自社製品のレストアや、クラシックモデルの修理や販売を担当する「ポルシェ・クラシック」を通じ、多くの車体を蘇らせてきた。

だが、今回ポルシェは「今回のようなクルマは、過去に存在しなかった」という。
その真意は語られていないが、おそらくは、「過去のモデルを、現代の技術を用いてレストアした」事例がなかったという意味ではないか、と考えている。

つまり、ポルシェはこれまでのレストアについて、「当時の姿を再現すること」に注力しており、そこへ新しい何かを盛り込むことを行ってこなかったものの、今回はこれまでと違うということだ。

レストモッドの功罪を考える

そこで問題となるのがレストモッドの功罪だ。
なぜ「罪」を問われるのかということだが、これは「オリジナルに忠実ではないから」ということになるだろう。

ポルシェ911「プロジェクト・ゴールド」は、993世代のポルシェが発売されていた当時(1994-1997)には存在しなかった技術が盛り込まれている。

主には塗装ということになるが、高輝顔料を含む塗料やレーザーによる加工がそれに当たる。
世には「オリジナルこそが正義」だと考える人々が存在し、しかしボクはその考え方を否定しない。

レストモッドは「罪」なのか?では、オリジナルに忠実なことが正義なのだろうか?

だが、同時にボクはレストモッドを支持している。
なぜか?
ボクたちは未来に生きねばならず、過去と現在、そして未来は同じ延長線上にある。

過去ばかり見ていては先に進むことはできないし、未来を生きることはできても過去に生きることはできないからだ。

そして自動車とは「乗ってナンボ」だ。
過去の自動車が製造された時点では、「採用したかったが、採用できなかった技術」があるかもしれない。

つまりそのクルマの思想や設計に「当時の技術や法が追いつかなかった」パターンだが、現代であれば「当時やろうとしてできなかったこと」も実現可能だ。

レストモッドは「罪」なのか?では、オリジナルに忠実なことが正義なのだろうか?

そういった意味では、現代だと「過去の設計者がやろうとしたが、できなかったこと」を、彼らに代わって実現できる環境にあり、それを取り入れて過去のクルマを蘇らせることは「過去の否定」ではなく、過去を未来につなげるという、「現代に生きている」ボクらの役割ではないかとも考えている。

だからボクは必ずしも「過去のまま」レストアを行う必要はないと考えているし、設計者の意図を汲み、その延長線上で「当時彼らがやりたかったこと」を代わって実現することには賛成だ。
そうやって快適に乗れるように、現代の環境に適した状態へとレストアし、飾っておくのではなく、できるだけそのクルマに「乗る」ことが彼らに対する敬意の表し方ではないか、とも思う。

クルマは芸術品ではなく、復元して置いておくよりも、「実際に乗ってやる」ほうが過去の設計者たちも喜ぶに違いないとボクは考えている。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。運営しているブログ「Life in the FAST LANE.」http://intensive911.com/

記事一覧

関連記事