欲しいクルマを手に入れるとき、パートナーは最大の理解者か?それとも難関か

  1. ライフスタイル
  2. 36 view

男女が根本から理解し合うのは難しい(もちろん男女間でなくても、だが)。
だから、ボクは特定のパートナーと人生をともにするということは、忍耐と妥協との連続だと考えている。

もちろん自分の考えを押し付け、相手の忍耐と妥協を強いるという人もいるだろうが、ボクはそうしたくはないし、そうなりたくもない。

そして、ボクらカーガイにとって、色々な意味で障壁となるのはパートナーの意見だろう。
つまり欲しいクルマがあるとき、どうやってパートナーを説得して購入するかということだ。

欲しいクルマを手に入れるとき、パートナーは最大の理解者か?それとも難関か。

まずはパートナーに理解を求める

人生においてパートナーは重要である。
だから、パートナーの意見は無視できないし、尊重しなければならない。

よって、欲しいクルマがあり、それを買いたいと思うときは、まずパートナーの説得を試みるべきだとボクは考えている(黙って買うべきではないということだ。黙って購入してもそればバレないほどの甲斐性があれば別の話であるが)。

この説得は状況によって異なる。
資金が足りている場合もあれば、足りていない場合もある。
無理なく支払える場合もあるかもしれないし、家計を多少圧迫する場合だってあるかもしれない。

だが、ここで重要なのは、自分が「欲しい」と思うその気持だ。
なにかが欲しいと思うのは、「正」のエネルギーだとボクは考えている。
そういった前に進むためのエネルギーを熱く語るしか方法はない。

筋道を立て、計算式を示し、「買える」と提示することも可能かもしれないが、それよりは(経験上だが)自分の思いの丈をぶつけたほうがいいだろう。

欲しいクルマを手に入れるとき、パートナーは最大の理解者か?それとも難関か。

そして、その覚悟を示すために何か生活に変化をつけてもいい。
吸っていたタバコをやめる、酒の量を減らす、飲み歩くのをやめる、決まった額を毎月貯金する、といったことだ。
単に家事を買って出るだけでも効果はあるだろう。
要は、自分がどれだけ本気であるかを示せば、パートナーも味方になってくれる可能性がある。

どれだけ言ってもやめなかったタバコをスパっとやめ、そのぶんを貯金に回して好きなクルマを買おうとする人に対し、それでも「買うな」というパートナーは(おそらく)いないだろう。
ボクは、なにかを手に入れようとすること、未知の領域に踏み出すことは人生において多大な進歩をもたらすと考えている。

太古より人類はそうやって発展してきた。
荒れ狂う大海に乗り出し、頂上すら見えぬ山に登り、宇宙にまで出ていったのが人類だ。
そういった「見果てぬ夢」を追いかけるのは人類に与えられた特権だ。

約束された安住の地にノホホンと暮らすのではなく、新たなる世界を求めるボクらは、いうなれば開拓者であり冒険者である。

そして人類を導いてきたのはいつの世だって開拓者であり冒険者たちだ。
安全や安定を好み、チャレンジを恐れた者たちではない。

だから自分は、人生をより良いものにするためにこのクルマを手に入れようとしているのだ、ということをパートナーに伝えるべきだ。

欲しいクルマを手に入れるとき、パートナーは最大の理解者か?それとも難関か。

それでも理解してもらえなかったらどうするのか?

それでも、人生とは往々にしてうまくゆかないものだ。
そうするときはどうしたらいいだろう?

はっきり言う。
そんなパートナーとは別れろ。今すぐ。

なんといっても、あなたは今、人生において新しいチャレンジを行おうとしているわけだ。
そのチャレンジを捨ててしまえというのは、この先成長しなくてもいいと言っているのと同じである。
前に進もうとする人間を、前に進ませないばかりか、むしろ後退させる可能性もある。

そういったパートナーは必ずあなたの将来に影を落とす。
今は良くても、必ずやなんらかの障壁となり、幾度となくあなたを閉じ込めようとするだろう。
何か挑戦しようとしても、挑戦すら許してくれないかもしれない。
そんな人生になにかの意味が見いだせるだろうか。

それよりは、
「まあ無理やろうけど、やるだけやってみ。あたって砕けたら骨くらい拾うたるわ」
というパートナーを探すべきだ(理想をいえば、一緒に努力してくれるパートナーが望ましいが)。

欲しいクルマを手に入れるとき、パートナーは最大の理解者か?それとも難関か。
話は変わるが、2018年、もっとも稼いだユーチューバーを覚えているだろうか?
7歳にして25億円を稼いだ少年である。

彼のアップロードする動画の内容は、手に入れた玩具を開封したり、それで遊ぶ様子を収めたものだ。
彼はいまや多くの同世代の子どもたちの共感を得る代弁者となったわけだが、これは「理解のある」親のもとで可能となったことだ。

もし、その少年が「おもちゃが欲しい」と言ったとき、両親がそれを買い与えなかったらどうだっただろう?
もちろん「25億円」はどこからも入ってこない。

しかし、むやみやたらとおもちゃを買い与えても25億円は入ってこないだろう。
もしかするとその両親は、その玩具を手に入れて喜ぶ姿を他の子どもたちに(もしくはその両親にも)見て共感してほしかったのかもしれないし、子どもに「ちゃんと遊んで、モノを大事にする」ことを教えるために記録として動画を撮影したのかもしれない(少なくとも、お金は”結果”であり、”目的”ではなかったと信じている)。

何かにチャレンジしたい人に対し、「ダメだ」と言うことは簡単だ。
逆に、そのチャレンジを結実させ、その人にとっても、自分にとっても、そして他人にとってもより良い人生となるように導くのは(親であっても、パートナーであっても)難しい。

だから、もしあなたが「何かを欲しい」と切に訴えたとき、聞く耳を持たないパートナーは、あなたの可能性、ひいては自分の可能性すら閉ざしていると言っていいだろう。

逆に、チャレンジしたいと言ったとき、あなたに助言を与えてくれるパートナーは”素晴らしい”パートナーである、とボクは考えている。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。運営しているブログ「Life in the FAST LANE.」http://intensive911.com/

記事一覧

関連記事