サーキットの狼が流行っていた頃に夢中で遊んだ「プラモデル追いかけレース」な日々

  1. 車悦
  2. 129 view

世の中にサーキットの狼が流行っていた頃、筆者をはじめとするスーパーカーキッズたちは、クルマのブラモデルに夢中でした。1/24スケールのそれらはすべてモーターで走る、いわゆるモーターライズモデル。マブチのFA-130という一番コンパクトなもの(今もミニ四駆やミニッツレーサーに使われている“あれ”ですね)に、単三電池2本というのがスタンダードでした。ある日、そのジャンルに、プラモデル界の雄・タミヤが参入してきて、ポルシェ935を発売しました。これはRE-14(その後RE-140に改称)モーターを搭載していて、それまでのどのモデルよりも速かったのです。

プラモデル界の雄・タミヤが参入

サーキットの狼が流行っていた頃に夢中で遊んだ「プラモデル追いかけレース」な日々

以後、他のメーカーも大きなモーターを積み始め、RE-26(RE-260)モーターや280モーター搭載のものまで出てきました。電池の本数を3本にしたものも現れ、さらには単三電池4本というまるでお父さんのラジオのような大電力モデルの登場に、我々スーパーカーキッズの心は期待に打ち震えたのです。

しかし、これらのクルマ達は単にまっすぐ走るだけだったので、そのうち飽きてしまいました。いくらハイスピードでも、それを発揮できる長い廊下が誰の家にもなかったからです。

サーキットの狼が流行っていた頃に夢中で遊んだ「プラモデル追いかけレース」な日々

「プラモデル追いかけレース」な日々

同じ頃、戦車のプラモデルはたいていリモコンでした。ラジコンではありません、有線のリモコンです。単二電池の入ったスイッチボックスと、1メーターちょっとの長さの線でつながっているのです。このリモコンボックスを使ってクルマを走らせる、というムーブメントが誰からともなく始まりました。

サーキットの狼が流行っていた頃に夢中で遊んだ「プラモデル追いかけレース」な日々

スイッチはオンとオフ、いきなり全開でダッシュするか、同じ勢いでバックするか。クルマ本体に電池が乗ってないのでべらぼうに軽快です。ちょっとした砂利道も、まるでラリー車のように走れます。しかしステアリングの機構はありません。

クルマのテールから伸びた線を左右に引っ張って後輪をずらして曲がる、いや、曲げるというワイルドでプリミティブなコーナーワークをみんな会得し、それでレースをして楽しみました。家の庭や敷地内に山あり谷あり崩れそうな橋ありのコースを作って競争するのですが、クルマの後ろをみんなでぞろぞろと小走りに追いかけて「操縦」するというスタイルはきっと、側から見て“めっちゃ変やったやろなあと”思います。

サーキットの狼が流行っていた頃に夢中で遊んだ「プラモデル追いかけレース」な日々

しかし若かったあの頃、(人の視線も)なにもこわくなかったのです。いまも実はわりと変わってないんですけどね(そこは変わろうよ)。

[ライター・撮影/小嶋あきら]

小嶋あきら

兵庫県西宮市の海辺に在住。とある地方自治体に二十五年勤めた後、これからは文章と写真で食っていくんだ、という間違った選択をして現在に至る。小学校時代にピンクレディーとスーパーカーブームの洗礼を受けた世代。現在、クルマは無し、バイクはBMWのR100GSとベスパGTS250ie、P125X。

記事一覧

関連記事

平成30年度の自動車税を払うその前に我思う…

平成30年度の自動車税を払うその前に我思う…

年に一度のご挨拶。来ましたね。支払いが伴うものは、やはりどうしても気持ちが後ろ向きになってしまします。あまり進んで、一刻を争ってまで納付しなければ。残念ながら、そうは思え…

  • 27 view