私が手に入れた最初のクルマのことを思い出してみた

  1. 車悦
  2. 96 view

私は浪人して大学に入りましたし、実家住まいでした。そんなわけで、実は自分でクルマを買ったのも、二つ目の会社、クルマ買取り大手の企業に勤務していたときのことでした。

免許を取ってから、しばらくは家にあったマツダMPV(初代)に乗っていました。荷物も積めるし、そこそこスポーティだし。旅行に行ったり、仲間の送迎や荷物運びなど、いろいろと大活躍でした。

しかしながら、私にはなんとなく憧れがあったのです。「最初のクルマはぜひともW124」。いわゆるメルセデス・ベンツのミディアムクラスですね。私が一番カーグラフィック誌を読みふけっていた時、長期テスト車の中に、ウィローグリーンのメルセデス・ベンツ260Eがいました。毎月コンスタントに3300kmほどの距離を重ね、あっという間に20万キロを突破。一見そっけないデザインに感じられるそのスタイルも品がよく飽きのこないもの。メルセデスのスタイル、そしてクラススタンスのベースのようなものをあのレポートから学んでいたような気がします。

私が手に入れた最初のクルマのことを思い出してみた

当時、私が勤めていた会社に入庫するW124の情報はかなりくまなくチェックしていました。当時すでに相当年式の古い輸入車の部類でして、中には会社の規定で、距離などの理由から販売できないクルマもありました。それだけに販売可能なW124は、そのままでもかなりきれいなクルマが多く、好きな人間からすると、そのデータを見ているだけでも飽きませんでした。

ある時、和歌山の店舗で、大変綺麗なセダンを買い取ったという情報が入ってきました。そのクルマは距離が77000km、ミッドナイトブルーの外装にヤナセが用意していた、まるでクラウンにでもかける様なハーフのシートカバーがついていました。左ハンドルのそのクルマは、セダンとしては珍しい4マチック、4輪駆動だったのです。

「いいなあ、いいなあ」と指をくわえてみていても、そんなクルマはすぐには売れません。3日ほど経つと、店舗の仲間が「買っちゃったら?」と言い始めます。結局もう一晩考えて、ぽちっと発注してしまいました。この時、私は一度も現車を見ることなくシステム上の発注ボタンを押していたのです。今では考えられません、が、故なき自信がありました。

数日後、陸送屋さんが積載車で運んできて、ほこりまみれの1台のW124を店舗の敷地におろしました。「おいおい、そんな汚いクルマを下ろさないでよ、営業妨害か?」とか内心思ったのですが、よく考えたら、一週間ほど前に自ら発注ボタンを押したそのクルマだったのです。その時のイメージは発注した時とはだいぶ違っていて愕然としましたが、水洗いするとそのほこりまみれな様子が嘘のように綺麗なクルマでした。

エンジンをかけて一回りすると、ずいぶんもっさりと感じる加速ながら恐ろしく速くて、意図したところでピタッと止まる。メルセデスの旨味たっぷりな一台。すぐに気に入ってしまいました。近くに専門ショップがあったので、そこで50万円ほど整備とリフレッシュを施してもらってから納車してもらいました。

期限ぎりぎりで野田のオークション会場まで往復したり、出張商談で150kmほど離れたお客様のご自宅に大急ぎで向かったり、友人が京都でコンサートをすると聞き、残業で家に戻ったのが終電という状況で朝出たら遅れると思い、帰宅するや否やこのクルマで深夜の東名を京都まで走らせたりもしました。

私が手に入れた最初のクルマのことを思い出してみた

適度な大きさ、見切りの良いデザイン。しっかりとしたキャビンのデザイン。山の奥の方に雪が積もった時などは、チェーンを巻いて遊びに行ったりもしました。偉大で、愛おしい一台。今でもチャンスがあったらまた買いたい。そう思わせる名車なのです。

走りそのものが艶やかだったり、エキサイティングだったりはしません。しかしそのきわめて隙のない完成された走りがあるからこそ、クルマでの旅が全く億劫になることはありませんでした。

このクルマで痛感しました。「よく上がりのクルマ、などというが。こういうクルマこそ早め早めに乗っておくべきだ」と。

どんな速度域でもゆとりをもたらしてくれて、やすらぎさえ感じさせることに流石メルセデスと感じたものでした。メルセデスが好きな源泉はこの時に養われたのではないでしょうか。また乗りたい、そんなW124がわたしの最初の愛車だったのでした。

[画像・ライター/中込健太郎]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事

クルマがあるからこそ行ける場所とは?

クルマがあるからこそ行ける場所とは?

私が自動車ライターとなってから、そろそろ5年ほどになるでしょうか。ありがたい限りですね。自分ではクルマが好きな方だと思ってきましたから、関連するイベントや、カーライフに関…

  • 40 view