4速でも7速でも関係ない?ごく個人的なマニュアルミッションへのラブレター

  1. 車悦
  2. 354 view

別に運転が上手いわけでもましてプロのドライバーでもありませんが、マニュアル車が好きです。でも、もしいま新車を買おうとした場合、マニュアル車の選択肢はとても少ないですね。国産車はもちろん、本国ではマニュアル車の方が多いはずの欧州車でも、正式に輸入されるのはAT車なんですよね。

「なんで?」幼児の素朴な疑問

ごく個人的なマニュアルミッションへのラブレター

筆者が未就学児童のみぎり、自動車はほとんどがマニュアルミッションでした。

幼児はクルマをぶーぶーと呼びますが、エンジンの音も大きく、まさに「ブーブー」でした。その頃、走っていく自動車の音が「ぶうぅーっ、ぶぶぶううぅぅーっ、ぶぶぶぶぶー…」と、連続でなくて切れ切れに低くなるのが子供心に不思議でした。スピードはどんどん速くなっていくのに、なんでエンジンの音はもっとぶわーって上がりっぱなしにならないんだろう、って。そう、中身は良くわからないままに「シフト」というものの存在を予感していたんですね。また、停車中のクルマのエンジンがぶるぶると回っているのも不思議でした。エンジンが回っているのに、なんで止まっていられるんだろう。そう、中身は良くわからないままに「クラッチ」というものの存在も予感していたのですね。我ながらなかなかの洞察力、自分で自分を褒めてあげたいです。

アクセルとクラッチと筆者の進歩と調和

4速でも7速でも関係ない?ごく個人的なマニュアルミッションへのラブレター

大人になって、教習所に入って「シフト」や「クラッチ」と向き合うことになります。当然その頃にはもうそれらの仕組みは知っていましたが、実際にやってみるとなかなか難しいものでした。

まだ「オートマチック限定免許」などなかった時代なので、マニュアルの操作を避けて通るなんて考えられなかったことで、かえって雑念が入らなくて良かったのかも知れません。「アクセルとクラッチの調和」なんて書かれた教則本を見ながら試行錯誤したのをおぼえています。

マニュアルデビュー

その後、永らく家族共用のクルマに乗ることになるのですが、それらはずっとオートマチック車でした。そして十数年後、マニュアル車の運転を忘れた頃に友達から5万円でミラ・ウォークスルーバンを買いました。三十歳にしてマニュアル車公道デビューです。普段から大型バイクに乗っていたので、クラッチの感覚にはわりとすんなり馴染めました。信号で止まる際にクラッチを切り忘れてエンスト、というのはたまにやりましたが。

マニュアルの愉しみ -やっぱり好きなんだから仕方ない-

4速でも7速でも関係ない?ごく個人的なマニュアルミッションへのラブレター

マニュアル派かオートマチック派か、好みいろいろとあると思います。最近のオートマチックは速さも燃費もマニュアルを超えてるといわれますし、「スポーツカーはマニュアルでないと」というのも一昔前の固定観念になってますしね。

ただ、筆者はマニュアルの「シフトするたびに別のエンジンが楽しめる感覚」というのが好きです。同じエンジンでも回転が違えば、音もパワーの出方も滑らかさも変わりますよね。そしてその回転が伝わる様、せめぎ合う様を足先で感じる愉しみ。単純に道具と割り切れない、趣味の世界なんでしょうかねえ。

[ライター・撮影/小嶋あきら]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
小嶋あきら

兵庫県西宮市の海辺に在住。とある地方自治体に二十五年勤めた後、これからは文章と写真で食っていくんだ、という間違った選択をして現在に至る。小学校時代にピンクレディーとスーパーカーブームの洗礼を受けた世代。現在、クルマは無し、バイクはBMWのR100GSとベスパGTS250ie、P125X。

記事一覧

関連記事