フランス車好きが目を輝かせる?トヨタ プロエースがなかなか面白い

  1. 車悦
  2. 203 view

少しずつ秋めいてきましたね。秋はクルマのイベントも多いもの。その中でも、今の立場になってクルマを使い始めたのはシトロエンBXからだったということもあり、フレンチブルーミーティングは私も印象の強い、と申しますか、思い入れのあるイベントの一つなわけです。

今はマセラティになってしまい、フランス車がないので、その都度試乗を兼ねて、などいろんなクルマで出かけています。しかし、できれば愛車でまた、フレンチブルーミーティングに行ってみたいな、そんな風に思うのです。

( ※編集部追記:当記事は過去にメルマガ配信した記事です。)

最近のトゥインゴや、プジョー・シトロエンのディーゼルモデル、シトロエンはカクタスも発表になりましたね。限定でガソリンモデルのようですが、車重とサイズとパワーが、私の乗っていたBX16TRSに近いのでとても気になっています。

何か面白いチョイスはないか?なんて暇があると(現実から逃げたいとき、というべきかもしれませんがw)すぐ妄想するわけです。そういう時に走りがちなのが「商用車」ですね。日本に入っていないフランス製の商用車、あこがれるのです。もちろんカングー、言うことないですね。でも面白いこと、と思ったら、すこしメジャーすぎるかもしれません。そこでカレントライフ頻出車種としては「メルセデスベンツシタン」当たりいい選択肢ではあるのでしょう。モブージュ生まれのメルセデス。ただ頻出なので避けます。

その手の話で、無視できないのが、プジョー・シトロエンのバンです。実は、ヨーロッパでは衝突安全の絡みでハイエースの販売を終了して以降、競争力のある商品開発に限界を感じた面もあってか、トヨタもOEM同じ車を販売してきたのです。セヴェル社という、もともとプジョー・シトロエンから委託されていたメーカーが作ったこのクルマ。今年、実は4代目のモデルがデビュー。モデルチェンジしたのです。トヨタではプロエースの名で販売されています。このニューモデルから、セヴェル社ではなく、プジョー・シトロエンとトヨタが共同開発することにもなり、そのあたりも気になるところですね。

秋の車山に出向き「日本人なら、やっぱりトヨタだろ!」とかかましたら面白いのではないか、なんていうことを考えたりしているので、原稿がなかなか進まなかったりもするのですが。いずれにせよ、ヨーロッパに限らず、異国の日常で活躍する商用車。どうしても興味が沸くものです。お金が500万円くらいあれば、プロエース。なかなか面白い選択肢なのではないでしょうか。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事