クルマのイベントの理想型は「クルマがメインではない」こと

  1. 車悦
  2. 15 view

今年もラ・フェスタ・ミッレミリアが幕を閉じました。イタリアの伝統ある自動車レースで今はクラシックカーレースとして有名なミッレミリア。これの意思を同じくして日本の公道で行われるクラシックカーレースです。実は今年は20回目の記念すべき年。

ラ・フェスタ・ミッレミリア

( ※編集部追記:当記事は過去にメルマガ配信した記事です。)

実は第一回、高校生の時分から見に行っていました。第一回はスターリングモスのドライブしたミッレミリアで一番強いマシンといってもいいカーナンバー722のメルセデス・ベンツ300SLRもメルセデス博物館から空輸されて来日、日本の公道を走ったのです。今でもあのものすごい音、その優美な姿とともに忘れることができません。

今回初めてコースの途中で観戦したのですが、スタート地点やゴール地点で体よく開かれるパーティのようなイベントでは味わえないエキサイティングで贅沢な瞬間を過ごすことができるのは思いがけない気づきでした。まあ、クラシックカーレースですから、そういう雰囲気も悪いとは言いません。でも、あれだけでミッレミリアを形容することはできないのです。

ラ・フェスタ・ミッレミリア

そんなことで、今回は理想のクルマのイベントについてお話ししたいと思います。集まるイベント、並ぶイベントはよくあるので、参加するならぜひ「ドライブ」がメインのイベントがいいですね。ドライブの口実に行った先でおいしいものを食べる。いい音楽を聴く。いい温泉に入る。それで、「クルマがあるって素敵だなあ」を噛みしめるイベントなんて素敵だとは思いませんか?今の時期ならそれこそ北信州の小布施なんかに栗おこわを食べに行く、なんてどうでしょうか。

行きの道中は「楽しみ♪」なわけです。帰りの道中は、その撮っておきの一日の「余韻を楽しむ」わけです。そんなの一人でいいじゃないか、と言われるかもしれません。確かにそうですが、もし「いいですね。」と共感できる人がいたら、楽しいし素敵なことだとは思いませんか?

ラ・フェスタ・ミッレミリア

平たく言うと、クルマで行くランチであり、クルマで行く音楽祭のようなイベントですからいわゆるクルマのイベント的なプログラムがメインではないクルマイベント、私の理想のクルマのイベントは、そういうものではないでしょうか。またへそ曲がりが過ぎますかな。さあ、みなさん、このメルマガを読んだら、こうしてはいられませんよ。久々に愛車に火を入れ、ちょっと散歩にでも出てみませんか?風が気持ちいいですよ。

[ライター&写真/中込健太郎]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事