フォルクスワーゲン キャディ(Caddy)を発見!VWの商用車は大変シンプル

  1. ドイツ現地レポ
  2. 377 view

ドイツからのレポートで、日本では見かけないフォルクスワーゲンの写真が送られてきました。これはフォルクスワーゲン キャディ/Caddyという商用車です。

フォルクスワーゲン「キャディ/Caddy」を発見!

ヨーロッパ製の商用車は大変シンプルながら使い勝手がいいクルマが多いものです。写真のモデルはその中でもライフ/Lifeという、後席のシートなども増設された乗用車仕様になっているモデルだそうです。日本には正規輸入されておりませんが、好きで個人的に輸入されて乗られている人はごくまれにいらっしゃるようです。

どうしても日本の商用車は、単にコストを抑えて、というような発想になりますが、ヨーロッパの商用車は必ずしもそうとばかりも言えず、そのためそれほど価格も安くないということや、登録区分が日本と異なったり、登録自体にも費用が掛かるという事情もあって、日本ではルノーカングーなどは人気がありますが、あれも元々は商用車として造られたクルマの乗用車仕様です。

フォルクスワーゲン「キャディ/Caddy」を発見!

このキャディ、デザインはもっとシンプルですが、大きさは近いかもしれません。ヨーロッパでは商用車で普段は仕事のアシで活躍していても、バカンスのシーズンにはそのクルマで家族が長い旅に出るということなども少なくないようです。そのため、一見そっけないようなシートも、適度に固さがあり比較的大振りで、長時間乗っても疲労が少ない、乗り降りもしやすい形状である、など、あまり華やかさこそないものの、造りは秀逸な実用車だと言えるのです。積荷にやさしいクルマは人にも優しいクルマだということかもしれません。

ドイツでの普通の日常の風景にいるクルマという意味ではもっとも異国の香りが最も強いカテゴリーのクルマと言えるでしょう。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事