日本では販売されないトヨタ・アイゴは、何だか小憎たらしい

  1. ドイツ現地レポ
  2. 154 view

日本車のブランドの日本では販売されないモデル、最近では結構多いですね。そもそも、絶対的なセールスボリューム自体は小さいながら、技術力や企業勢力的に以前製造に関しては強い日本の自動車を取り巻く環境。それがこういう状況を作り上げているのかもしれません。ただ、へそ曲がりなのでしょうか?そういうクルマにどうしても興味が湧き、可能であれば日本に持ち込んで乗ってみたいなんてことをしばしば妄想しています。ドイツから、トヨタ・アイゴに関する便りが届きました。

11214353_825601314213697_2583121246046730787_nre

プジョーシトロエンとトヨタは現地で一緒にシティーコミューターカーと言いましょうか、一番のエントリークラスのクルマを共同で開発製造する合弁企業を作っているのですね。そこで、フランス政府からの要請もあって開発されたのがこのクルマです。フランス車というのは昔から、この一番ベーシックなクラスにかなりのこだわりを感じます。ルノーキャトルやシトロエン2CV、ああいった車の遠い子孫のようなクルマです。一番多くの人達が使うクラスですし、そこのクルマがしっかりしたものであるべき、国家としてフランスがそういう部分に「クルマのあるべき姿」を見出しているのでしょう。この事実にある種の見識を感じるほどです。

しかし随分アヴァンギャルドなデザインですね。×をデザインに盛り込みんだかのよう。アヴァンギャルドだ、と言ってのけるのは簡単ですが、こういうことをやってのけることができるのがトヨタなのだということを忘れてはならないと思うのです。エンジンは3気筒1000cc。先代のモデルにはディーゼルエンジンも設定があったようですが、途中でカタログモデルから落とされています。割り切りは大事ですね。

ヤリスの下のクラスと言いますから、日本ではヴィッツよりもさらにエントリークラスのクルマ、となると、先だってモデルチェンジされたパッソのクラスということになりますでしょうか。当たり前ですし、事実そうなのでしょうが「全く別のクルマ」ですね。

11406493_825601344213694_1318461285160320343_nre

無い物ねだり、ということではなしに、果たしてユーザーフレンドリーが自動車利用を促進するのかどうか、最近疑問に思うことがあるのです。このクルマなど、デザインの一点を取っても、奇抜でキャッチーではありますが、決してフレンドリーではない。寄り添うと心地よいことでしょう。しかし、何か違和感のようなものを少し感じられるようなものでないと愛着は湧かないのではないでしょうか。このクルマ、何だか小憎たらしい、でも何だか放っておけない。やがて愛着になっていきそう、そう思うのは私だけでしょうか?

完全に国内での生産はないモデルでしょうから、海外生産車を輸入する格好になるのでしょう。しかし、近くのトヨタのお店で、こんなクルマも買えるようになったりしたら、クルマを取り巻く環境も少し変わりそうな気がする。そういう私の考えは浅はかなのでしょうか。ちょっとアシにしてみたいトヨタ車です。

[ライター/中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事