片道38万キロ!超過走行の旅。月を1往復してきたメルセデス・ベンツEクラス@ドイツ現地レポ

  1. ドイツ現地レポ
  2. 359 view

もちろん、実際に月面に行ったわけではありません(笑)。

片道38万キロ!超過走行の旅。月を1往復してきた、メルセデス・ベンツEクラス。

ドイツより、オドメーターが70万kmを突破した、メルセデス・ベンツEクラス(W210)の画像が届きました。正確には“721,669km”。7万kmではありません。正真正銘「70万km」です。

地球の1周が約40,000kmといわれています。このメルセデスは、単純計算で地球を18周している計算になるのです。ちなみに、地球と月の距離は片道約380,000kmといわれています。つまり、ちょうど月と地球を1往復してきたことになります。つい、見落とされがちですが、街中で見かけるメルセデスはもちろん、たいていのクルマは相応の耐久性があること実証していますね。

日本では、ついこのあいだまで年間1万kmを超えると過走行といわれてきました。それがいまや、8千kmを超えると過走行とみなされるようです。年間8千kmペースで72万kmを目指すとなると、実に90年もの時間が掛かります。人の一生分か、それ以上の時間を要します。

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、1台のメルセデスを長く、またはたくさんの距離を走ったオーナーさんに敬意を表して、メルセデス・ベンツ日本がオーナー表彰制度を実施しています。

その条件とは、

●所有車の走行距離が
・10万km
・20万km
・30万km
・50万km
・100万km

…に到達したお客様、

または、

●所有車の保有期間が
・10年
・15年
・20年
・25年
・30年以上

…のオーナーさんを表彰するというものです。

縁あって、自分のところにやってきた愛車です。1kmでも1日でも長く所有していたいというのが正直なところ。しかし、点検整備のたびにかかる費用、担当セールス氏からのまたとない魅力的な乗り換え条件(まさに悪魔の誘惑)。これらの誘惑と困難?を乗り越えて、1台の愛車とじっくり向き合っていらっしゃるオーナーさんには、ただただ頭が下がります。

上記の条件を満たしつつ、この制度をご存知でなかったメルセデス車のオーナーさんへ、ぜひオーナー表彰制度に申請してみてください。いま以上に所有しているメルセデス車への愛着がグッと増すはずです。そして、ぜひ1日でも、1kmでも長く乗り続けてあげてください。

[ライター/CL編集部・江上透 カメラ/ドイツ駐在員]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事