これはイビザ?真新しいセアトは日本の路上でも出逢いたい

  1. ドイツ現地レポ
  2. 75 view

日本には実に様々なメーカーの自動車が走っています。いろんな国のクルマ、どこから持ってきたの?と聞きたくなるような車も少なくありません。しかし、その一方でこれはやはり自動車立国の風景なのだな、と思うことも少なくありません。それは、今は撤退してしまった現代など韓国のクルマをほとんど見かけない事、そして、シュコダやセアトといった、フォルクスワーゲングループの、どちらかというと「さらなる普及版」のクルマがいない事です。ドイツからのレポートの中に真新しいセアトの写真がありました。

10523860_825574260883069_4399489269287498690_n

これはイビザでしょうか。最新の小型車、フォルクスワーゲンで言えばPoloに相当するクラスでしょうか。それのワゴンですね。セアトにもこれより小さいクルマで、Miiという「up!のセアト版」もありますが、比較的普及版モデルだと言ってよいでしょう。海外の街を訪れると、特に自動車はすべて輸入する、そんな地域は実際には少なくありません。そういうエリアでは、もちろんフォルクスワーゲンも販売されていますが、その他にスペインのセアトやチェコのシュコダといった、同じフォルクスワーゲンブランドのブランドも併売されていることが多いようです。

今でこそすっかり市民権を得たPolo自体、もともとはなかなかシェアを獲得できなかった地中海沿岸、ヨーロッパでも比較的低所得な南部でのフォルクスワーゲンブランドの定着を図って誕生したモデルでした。当時はセアトもフォルクスワーゲンの傘下にはありませんでしたが、その意味では今の体制のセアトになる前から名実ともにセアトだったクルマということができるのかもしれません。初代のイビザはジウジアーロのデザインや、ポルシェ、カルマンなどの協力のもと誕生し、並行輸入の形で日本にも数百台が持ち込まれています。

11147206_825574284216400_2378407511042654521_n

フォルクスワーゲンというともはやブランドですね。それに比べ、よりヨーロッパの日常、素の魅力があるように感じるセアトのようなクルマに日本でも乗れたら楽しいのかも、そんなことを時々思ったりしているものです。

11425180_825574297549732_4109332216497205981_n

ただ、それにつけても気になることがあります。セアトとシュコダの棲み分けってなんなのでしょうか?実はその土地の風土、暮らしに根付いたユーザーの受け止められ方、感覚的なイメージなどはその土地で暮らしてみないとなかなかわからないものではないでしょうか。実はこの疑問は、私の中では、自動車が持つ根深さの表れなのではないかと思っています。フォルクスワーゲンよりは若々しい、かもしれませんが「シュコダよりセアトだろ!」その決め手は、とても興味があるのです。

中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事