ルノー・クリオはベーシックなグレード。日本ではルーテシアの名前でしたね

  1. ドイツ現地レポ
  2. 434 view

なかなかフランス車、日本では「一般的」な存在になりませんね。これは非常に残念なことだと思っています。なぜかというと、乗ると極めて「膝を叩きたくなるほど」秀逸で納得するのです。これ以外の選択肢はありえないのではないか!そう思うほどです。

しかし、見た目が素っ気無さすぎるのです。それが趣き深い点ではあるのですが、「とても良さそうだ!」と思わせる強烈な何かは全く感じられないアピアランス。もう少し洗練されていて、上等さがにじみ出ていたら、この良さを試してみようという人ももっと出てくるにちがいありません。でも好きな方、知っている方はリピーターになるのです。だからこそ、秀逸な乗り味を実感したあとで、その美醜ではなく、薄味な外観を見ると「それにしても、実に残念だ」と思わずにはいられないのです。

(編集部追記:当記事は過去配信した記事の改定版です)

ルノー・クリオはそんなベーシックなグレード

ドイツ現地レポートのルノー・クリオは、そんなベーシックなグレード。日本では商標権の問題で「ルーテシア」の名前で販売されていました。最近ではヨーロッパのプレミアムコンパクトカーと呼ばれる車種は、比較的高級仕様か、スポーティーグレードくらいしか輸入されませんが、このころはこんなグレードもカタログにはあったので、ほぼこういった外観のモデル、非常に少数ですが日本にも正規で持ち込まれました。

見た目の派手さがないことに加え、日本人の常識を爽快に裏切ってくれるのが、グレードとその乗り心地。革シートなどを装備したものが一番乗り心地がいいと思う人が多いと思いますが、実は案外普通で、ベーシックグレードの布張りのシートや、いかにもハードなイメージのスポーティグレードのスポーツシートには二度見の魅力があるのです。

ルノー・クリオはそんなベーシックなグレード

どういいかというと、一言で言うと「腰を下ろすと根が生える」感じ。小さなボディにおおぶりで包み込むよう。ものすごく手間隙かけた高価な椅子という雰囲気はないのに、適度に支えとサポートが愛おしい。ひたすらにどこまでも走りたくさせるような掛け心地はそこはかとなく落ち着くのです!

エンジンも数字自体はせいぜい100馬力程度ですが、どんな小さなエンジンでも低回転からトルクフル。マニュアルトランスミッションを普段のアシにするのは日本では酷か、と思うと、むしろ必要なパワーを容易に引き出せる上、クラッチを繋がなければ動かないことで安全性も確保でき、「案外大丈夫」どころか「これがいい!」と思わせられるクルマなのです。

このクリオはそんなフレンチベーシックの最右翼。正直、これ以降あの手この手を盛り込んだシティラナバウトのどんなクルマより説得力のある、磐石の一台。…という実感もあってこのオーナーさんは乗り続けているのではないかしら。これからも大切に乗っていっていただきたいなと思う一台ですね。

[ライター/中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

外車王公式チャンネル「外車王TV」

輸入車好きに向けて、人気車両の走行シーンからサウンド、車両レビューなど、さまざまな角度から輸入車をテーマにした動画をYouTubeで公開中!!【チャンネル登録お願いします】

外車王TV
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事