レンジローバー「イヴォーク」ディーゼルモデルはスタイリッシュな上にパワフル

  1. ドイツ現地レポ
  2. 379 view

レンジローバーには特別な憧れがあります。シンプルで上品なデザイン、上質なレザーと上等なウッドパネルでしつらえられた“たたずまい”は、SUVやオフロードといったカテゴリーやクラスに関わらず、他のいかなるクルマでも代替のきかない孤高の存在、それがレンジローバーではないでしょうか。多くのドイツ車ではなく、ラテンのクルマでもない。しかし、ブリティッシュプレスティッジをそのまま採用するのは芸がない、とでもいうのでしょうか。ちょっとおしゃれな方が乗っている印象がありますね。ドイツから、そんなレンジローバーのもっともコンパクトな「イヴォーク」のレポートが届きました。

ディーゼルエンジンモデルのイヴォーク

レンジローバーの最もコンパクトな「イヴォーク」ディーゼルモデル

日本に正規輸入されるものはダウンサイジング、2000ccのターボエンジンを搭載されたものですが、ドイツなどヨーロッパでは例によってディーゼルエンジンモデルがあるのだそうです。ベージュのレザーにウッドパネル…そんな組み合わせに代表されるようなビクトリア調のよくいえばクラシックな、斜めに見れば旧弊な英国の世界観と強く結びつくレンジローバー。しかし、このクリーンディーゼル搭載車はスタイリッシュな上にパワフルで経済的。非常に「攻めのスタンス」を強く感じさせるのです。

SD4というこのディーゼルモデルのエンジンは2200ccのターボディーゼルエンジン。最高出力は190馬力。42.7kg-mの最大トルクをわずか1750回転で発生します。コンパクトとはいえ、絶対的には決して軽量ではないこのタイプのクルマには実にふさわしいパワープラントではないでしょうか。遠く開けたカントリーロードをゆったりと流す。そんなクルージングにもこのエンジンは実にマッチするのではないでしょうか。このディーゼルのモデルは日本には正規輸入されていません。とても残念です。

レンジローバーのアイデンティティ

レンジローバーの最もコンパクトな「イヴォーク」ディーゼルモデル

また、ボートやキャンピングトレーラーを引きましょうか…こうして写真を見ているだけで妄想が膨らみます。このクルマにはそういう「イメージを想起させる何か」があるのです。これがレンジローバーのレンジローバーたるアイデンティティだといえるのではないでしょうか。こんなクルマと一緒に暮らせる生活はさぞや幸せだろうな、いつもそんな風に思うのです。

レンジローバーの最もコンパクトな「イヴォーク」ディーゼルモデル

それよりもこの赤いボディがまぶしいですよね。保守的な印象のレンジローバーながら、鮮やかで躍動的な印象。実に若々しく何よりおしゃれ。親しみやすさすら感じさますね。こういう仕様のモデル、グレード、エンジンと内外装の組み合わせ、もっと幅広く日本でも選べるようになるといいのですが。ドイツで走る英国の名門を見て少し妬いてしまいました。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

※当記事は過去公開した記事の再編集版です

外車王公式チャンネル「外車王TV」

輸入車好きに向けて、人気車両の走行シーンからサウンド、車両レビューなど、さまざまな角度から輸入車をテーマにした動画をYouTubeで公開中!!【チャンネル登録お願いします】

外車王TV
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事