日本では販売されない日本車「日産キャシュカイ」@ドイツ現地レポ

  1. ドイツ現地レポ
  2. 465 view

昔は外車、日本車と区別していましたが、最近ではさほど違いも感じなくなりましたし、実際もっと身近な存在になったといえるかもしれません。むしろ、日本車も外車化しているということができません。それはどういうことかというと、海外でしか売っていないクルマが実はとても多いのです。そういうクルマなどはなまじ海外ブランドのクルマなどよりもよほど縁遠いと言えるのではないでしょうか。このクルマは実は兄弟車を販売していましたので、それほどではないかもしれませんが、ドイツレポートで送られてきた写真のクルマ日産キャシュカイもそんな日本では販売されない日本車と言えるでしょう。

日本では販売されない日本車「日産キャシュカイ」
このキャシュカイ、日産の英国工場で生産されています。写真のモデルは初代で、日本で販売されていた「デュアリス」の兄弟車にあたります。実は日本で販売されていたデュアリスも初期モデルは、このキャシュカイ同様英国の工場で製造され輸入されていた模様です。そのモデルでは足回りもザックス製のものになり、日産のマークはついていても、中身も含め、ヨーロッパ車の様相が色濃い一台と言えるかもしれません。デュアリスとキャシュカイの最大の違いは、デュアリスには二列シートのモデルしかなかったですが、キャシュカイには3列シートが設定されていたということ。ユーティリティも高くなかなか人気の高いモデルでした。こういうモデルを日本でどうして販売しないのだろう、と時々思うのですが、同じ車種でも、ヨーロッパでの自動車の価格は日本よりも高く、また日本では低価格でも台数も昔のようには販売できない実情があります。そんな状況では、コスト削減はさけられないのが実情でしょう。やはりその差は走りや、質感の差に現れてくるのは致し方のないこと。

日本では販売されない日本車「日産キャシュカイ」

日本では販売されない日本車「日産キャシュカイ」
日本のメーカーにも見放された日本、これは由々しき状況だと思います。ユーザーもメーカーも元気な「自動車の国日本」はなんとしても取り戻したいものですね。実はこのクルマは二台目にモデルチェンジしており、日本でもモデルチェンジしたエクストレイルの兄弟車としてスタイリッシュなヨーロピアンテイストのアクティブムーバートして引き続き欧州日産の重要な車種となっているのです。これのディーゼルエンジン仕様など日本に導入したらよいと思うのですが、いかがでしょうか。英国工場製と言えばこれまでにも、「プリメーラUK」というプリメーラのハッチバックモデルや、マーチのヨーロッパ仕様「マイクラ」をベースにカルマンで仕上げたクーペカブリオレ「マイクラC+C」というモデルは日本にも導入された経緯があるので、キャシュカイの日本導入は期待したいものです。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

外車王公式チャンネル「外車王TV」

輸入車好きに向けて、人気車両の走行シーンからサウンド、車両レビューなど、さまざまな角度から輸入車をテーマにした動画をYouTubeで公開中!!【チャンネル登録お願いします】

外車王TV
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事