ナローポルシェ「タルガ」のナンバープレートにご注目!

  1. ドイツ現地レポ
  2. 296 view

最近ポルシェ911の相場がかなり上がっているという話(911高騰の考察記事はこちら)を、あちこちで耳にします。中古車関係のみならず、メディアに携わる人、エンスージアストの皆さんも含め口々に話題にし、また危惧すら飛び交うのはこの911に関する話題であることがとても多い。

クルマ好きとしてはなんだか複雑な気持ちになりますね。それだけ高価になっても手に入れたいという人がいるということでしょうし、ただ、その理由が一部でクルマに見出した価値を離れ、このクルマのそうやって急騰した取引相場が呼び水になっていると示唆する人もいて、そういう方からすると、本当に憂慮しているようです。確かに、本当に乗りたい人が乗れなくなり、投機の具になるのは釈然としないものがあります。

911の古いモデル、ナローポルシェ「タルガ」のナンバーはなんと!?

911の古いモデル、ナローポルシェ「タルガ」のナンバーはなんと!?

ただ、あくまでも話題の中心にいるクルマ、それがポルシェ911なのだな。そんな風に思ったりもするのです。ポルシェのふるさとドイツから、そんな911の古いモデルのレポートが届きました。色合いでしょうか?送られてきた写真のナローのタルガは、そんな、ファンに取ってはどんどんハードルがあがってしまっていて、投機の具にするひとがいる、などということはおかまいなし。そんな雰囲気すら醸し出す牧歌的な雰囲気です。

こういう和やかなパステルカラーといいますか、ポルシェもそうですが、スポーツカーにはある種オーソドックスな色が似合いますよね。オープンモデルの需要が多いアメリカで、しかし、同時に主に安全性や利便性も考え、大変に人気を博したトップのみが脱着できるオープンボディ。これをタルガトップというようになったのは、ポルシェがタルガフローリオで5連勝した記念で命名したのが始まりだそうです。性能を最大限に発揮させようとしたら、また、このクルマの性能だけをただただ味わいたいというのであれば、最善の選択肢ではないのではないか。そんなタルガトップのどこかのどかな雰囲気とは裏腹に、そのエピソードはクルマ好きには見過ごすことの出来ないものですね。

911の古いモデル、ナローポルシェ「タルガ」のナンバーはなんと!?

911の古いモデル、ナローポルシェ「タルガ」のナンバーはなんと!?

このドイツから送られてきた写真のクルマ、ナンバープレートにもご注目です!カレントライフではかなり読者の方の関心を頂いている「Hナンバー」ですが、単にヒストリックナンバーになっているだけではなく、番号がちなんでおりますね。日本のように希望ナンバーというのはあるのでしょうか?決して色気があるとは言えない室内の雰囲気ですが、隅々まで和やかな雰囲気の内外装、そしてそんなこの一台を思うオーナーの方の優しさ、情熱、そんないろいろな思いを感じさせる、そんな写真ですね。いつまでも元気には知り続けてほしいものですね。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事