空冷最後のポルシェ911ターボ(タイプ993)と邂逅。20年を経て輝きは増すばかり!

  1. ドイツ現地レポ
  2. 501 view

1月も半ばを過ぎて、ドイツのベルリンはどんよりとした冬空に覆われる日がとても多くなりました。日が差すことはほとんどなく、かわりに時々パラパラと雪が降るような天気が続いています。

夏の間にたくさん見かけたオープンカーも、今では幌を締め切ってひっそりと街を流している…そんなスポーツカー受難のこの季節に、独特の低く唸るような、それでいて乾いた排気音を響かせて、1台のポルシェが目の前にあらわれました。最後の空冷エンジンモデル、ポルシェ911ターボ(タイプ993)です。

コンパクトな車体が新鮮に映る

同じ911でも、それ以降の水冷モデル(996、997、991)に比べてはっきり「小さい」と実感するサイズ。
現行911である991と比較すると、991ターボが全長4,507mm×全幅1,880mm×全高1,297mmに対し、993ターボが全長4245mm×全幅1,795mm×全高1,285mmですから、全長は約260mm、全幅は約90mmも大きくなっているんですね。993ターボの発表当時、993カレラの65mm増しで非常にグラマラスに見えたリアフェンダーも、数字だけで見ると1,800mmを切っていたんだな、とあらためて気付かされました。

993のターボモデルは、911ターボでは初めてツインターボチャージャーを搭載し、水平対向6気筒エンジンの各シリンダーバンクにそれぞれ小型のターボチャージャーを組み込んで、ターボラグの低減を図りました。3.6リッター・ツインターボエンジンの最高出力は408psで、最大トルク54.0kgmという強大なトルクにより、0-100km/h加速は4.5秒、最高速度290km/hという性能を誇りました。

959が描いた911の未来像

1995年に発売された911ターボは、1996年の911ターボSで最高出力を430psに引き上げ、最終年の1998年、911GT2でついに450psに到達します。450psと言えば、1986年に発表されたスーパーポルシェ、959と並ぶ数値です。

思えば、959と993ターボには4輪駆動という共通点もあります。993ターボはパッシブタイプのビスカスカップリング式、959は電子制御による可変トルクスプリット式、という形式の違いはありましたが、ツインターボ搭載という点を含め、959で描いた未来像に一歩近付いたモデル、ということができるでしょう。ちなみに、電子制御の多板クラッチ式4WDはのちの997ターボで実現することになります。

993の価格上昇はドイツ現地でも同様

写真の個体はポーラシルバーメタリックと呼ばれる、わずかにブルーが入った美しいカラーで、とても20年を経たとは思えないコンディションを維持しています。ポルシェのことが大好きな現地の人々も、振り返ってこの個体を眺めていました。写真に収めることはできませんでしたが、ブラックのレザーによる内装もとてもきれいな状態で、オーナーの並々ならぬ愛情を感じます。

ターボモデルの特徴であるホワイトのフロントウィンカーやレッドのリアウィンカー、流れるようなデザインの18インチホイールや赤いブレーキキャリパーなど、オリジナルの状態をきちんと残しています。これだけよい状態の個体だと、一体いくらの値段がつくのでしょうか…

今や日本では、空冷最後の911として、993シリーズの中古車相場は上昇し続けていますが、それはドイツ現地でも変わりません。ましてターボやRS、GT2といったスペシャルモデルについては値段が付かず「お問い合わせください」の表記ばかり。
より入手しにくい価格になってしまうことはとても残念ですが、手頃なサイズと964に比べて穏やかになったハンドリング、完成された空冷エンジンなど多くの美点を併せもつ993の魅力は、これからも多くの人々を虜にしていくことでしょう。

[ライター・カメラ/守屋健]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911ターボ(930型)に衝撃を受け、「将来必ずこのクルマに乗る」と決意するも、今日まで実現には至らず。1993年シーズンのDTMや1995年のル・マンでヨーロッパへの思いを募らせ、念願叶って現在はベルリンに居を構えるフリーランスのライター。自他共に認めるドイツ好きだが、何の因果か現在までの愛車はカングーやルーテシアといったフランス車ばかり。

記事一覧

関連記事