「働くクルマ」の特に旧車は、乗用車以上に希少では?ポルシェの古いトラクターを見て

  1. ドイツ現地レポ
  2. 338 view

自動車先進国ドイツの「今」を現地から伝える「ドイツ現地レポ」ですが、本日の写真はこの「ポルシェの耕運機」です。

ポルシェの耕運機

いや、耕運機なのにカッコイイですよね。

実は、ドイツのとあるポルシェのディーラーに展示してありました。機会があればぜひ乗ってみたいものです。(ちなみにポルシェのトラクターも全世界で12万台以上流通しており、大人気だとか。)

耕運機とはいわゆるトラクターなのですが、かつてそういった農機を造っていた自動車メーカーは案外多いもの。有名なところではランボルギーニ。こちらは比較的大型なモノに限られるものの、現在もトラクタは日本でも購入が可能です。農機と乗用車。真逆のイメージなようですが、クルマ造りの根底は案外相通じるものがあるのかもしれませんね。


ランボルギーニトラクター新型モデルの「ニトロ」のプロモーション動画。Deutz社製の水冷ディーゼルエンジン”Tier 4i”を搭載している

ただ、実際問題、こうした農機や商用車など、「働くクルマ」の特に旧車は、乗用車以上に希少なのです。まず、現役時代休む間もなく、乗用車の比ではないほど、相当に酷使されています。そして、寿命がくるとあっさり更新。仕事で使うものですので、故障して休業というのは困るのです。ですので、古いものが残りにくい環境がそろっているのです。

しかしどうでしょうか。私達の生活を支え、近代化の過程をまさに今に伝えるかのような産業遺産としての価値は、ある種骨董品のようなヴィンテージカーに勝るとも劣らない、異質の価値を持っている、といえるのではないでしょうか。

ですので、郊外をクルマで走っていて、畑の片隅に佇む古い農機、商用車などを見つけると、見過ごすことができないものです。それにしてもきれいな古いトラクター。こういう出会いにこそ、旅の価値を感じるものです。

[ライター/中込健太郎・CL編集部 カメラ/ドイツ駐在員]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事